さよなら、ゴキブリ

 

まったく、ゴキブリほど人間から忌み嫌われている昆虫はいないかもしれません。
なまじ私たちと同じ居住空間に居るために、不運にも出会ってしまう事があり、
それだけに、無視される事無く嫌われてしまう度合いが高くなります。

素早い動作や、軽く叩いたくらいでは退治できないような構造を持った
光沢のある茶色くてひらべったい体などに、
生理的な嫌悪感を感じる人も多いようです。

全世界に約 4,000 種も住んでいて、
日本に居るのは南日本を中心に 50 種余りと言われます。
全世界のゴキブリ総数は1兆4853億匹、
そのうちの1.58%にあたる236億匹が日本に住んでいるそうです。
そして、生きている化石と言われるゴキブリは、
約3億年前の古生代石炭紀からこの地球上に生息しているのだそうです。

ブラックキャップ 12個入り

新品価格
¥495から
(2015/3/4 13:17時点)

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)

新品価格
¥768から
(2015/3/4 13:18時点)

ホウ酸 ダンゴ

新品価格
¥273から
(2015/3/4 13:18時点)

1.生態

ゴキブリはカマキリの仲間で、3億8000万年前から今の形を保って生き続けている昆虫なんです。
3億8000万年前なんて、まるで生きた化石のようですね・・
本来は熱帯雨林に多く生息する昆虫で、食べ物があり、暖かく、湿気の多いところや水場の近くを好んで生息しています。

近年では人間の住処である住居やオフィスなどのビルなどにも行動範囲を広げています。

日本で目にするゴキブリの多くは、クロゴキブリやチャバネゴキブリといった種類のゴキブリなのですが、これらはアフリカ原産のゴキブリで、外来種なんだとか。
これらのゴキブリは、寒さに弱く、日本では北海道や高標地には生息していません。
しかし、北海道の市街地などで、暖房設備によって一年中暖かくしているビルなどには住み着いている場合があります。

ゴキブリは雑食性で、動植物の遺骸はもちろんのこと、人間の垢や髪の毛までも食べると言われています。
さらに、体内に栄養を蓄える力がありますので、水さえあれば2週間以上生き延びることが可能です
一般的に、オスよりメスの方が生命力が強いと言われています。

ゴキブリの天敵は、クモやカエル、ネズミなどですが、そのほかにも体に寄生するダニや、ハチなども天敵になります。
ネコも食べるみたいです。

2.ゴキブリ対策

進入対策、駆除対策、巣作り防止対策などの方法があります。

・進入対策
玄関やゴキブリが入り込みそうな隙間などに、
ゴキブリを寄せつけないミントやハッカなどの臭いを撒きます。
そして通風孔の換気扇にフィルターを貼って進入を防ぎます。

レック お風呂・トイレの換気扇フィルター(5枚入り) S-310

新品価格
¥230から
(2015/3/4 14:05時点)

パッと貼るだけ ホコリとりフィルター 換気扇用 15?タイプ 8枚入

新品価格
¥306から
(2015/3/4 14:06時点)

60cmに切れてるレンジフードフィルター 徳用10枚

新品価格
¥478から
(2015/3/4 14:06時点)

・駆除対策
食べ物や生ゴミなどを始末し、
みつけたゴキブリは、殺虫剤で殺してしまうのが一番効果的です。
ゴキジェットなどの市販品を常備しておくのがおすすめです。
ただ、ペットを飼っているお宅では十分に注意が必要ですね。
犬や猫などの哺乳類には害がないとされていますが、カメや金魚などを飼っているお宅は要注意です。

家に潜んでいるゴキブリを退治する場合は有名なのはホウ酸団子ですね。
家庭でも簡単に作ることができ、人体に無害なホウ酸団子は、使っている家庭が多いのではないでしょうか。
ゴキブリが好む餌となる食品などをホウ酸と混ぜて作る団子のことで、ゴキブリが食べるとホウ酸が消化器系に作用して、脱水症状を起こし死んでしまうとされています。

バルサンなどの燻製剤を使用するのも一つの方法です。
ですが、この方法は長い間家をあけるときなどがおすすめです。
たとえば、旅行に出かけるなどの場合。
穴を塞いで煙が逃げないようにし、バルサンを焚きます。
取扱説明には、1~2時間で退治できると書いてありますが、昼間の1~2時間では家の中で寝ているゴキブリしか退治できないので、一晩そのまま放置するのが効果的だと思われます。

アース ゴキジェットプロ 450mL

新品価格
¥614から
(2015/3/4 14:13時点)

コンバット ハンター 12個入 (防除用医薬部外品)

新品価格
¥628から
(2015/3/4 14:14時点)

ゴキブリキャップ D 30個入

新品価格
¥1,580から
(2015/3/4 14:15時点)

・巣作り防止対策
ゴキブリは、暖かく、暗く、湿っていて、
餌場が豊富な場所に集まって住むだけで形のある巣は作りません。
ですから、意外な場所が巣になりますから、
暗く温かい場所は密封して毒餌を置きましょう。

・卵の駆除対策
成虫だけを駆除しても、卵が孵化しては意味がありません。
ゴキブリは1回の産卵で1個しか卵を産みませんが、1個の卵の中には15~40匹の幼虫がいます。
暖かさと暗さと湿度という条件がそろい、さらに餌が豊富なところに卵を産みます。
家具や家電の裏などに産み落とす場合が多いですね。

それらをこまめに掃除すれば、卵をそのままにしておくことがなくなります。
家具の裏までとなるとなかなか面倒ではありますが、きちんと掃除することでゴキブリの発生が防げるのです。

また、寒さに弱いのは卵も同じなので、部屋を5℃以下に保っておくと20日ほどで死滅します。
しかし、部屋を5℃以下に20日間保つのは難しいので、日中はエアコンを切ったり、こまめに換気するなどで、卵の孵化を防ぐことはできそうですね。



いかがでしたか?
おそらく一番有名な害虫であるゴキブリ。
対策方法は家庭によってさまざまだと思います。
しかし意外にも、家の中を歩き回っているゴキブリの細菌度は人間と同じで、ハエやネズミの方が脅威なんだとか。
もちろん、そのどれも家の中では見たくないものなんですが・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。