ゲーテ・インスティテュート!

 

ゲーテについて学ぶの?超訳本とかでてるけど、難しそう…

そんな風に思う人も居るかも知れませんが、これはドイツの半民・半官の国際交流のための期間で、語学習得などをサポートしています。

ドイツ語って難しいですよね。

どこで習えば良いのか分からないという人、ちょっと興味があるという人、ドイツ文学やグリム童話、ドイツ語の歌劇に翻訳なしに触れたい人、ちょっとのぞいてみませんか?




1.ゲーテ・インスティテュートについて

外国人にドイツ語教育を推進する非営利団体であり、本部はミュンヘンにあります。

名前はもちろん詩人で作家で科学者でもあるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテからとって居ます。ドイツ語コースは年間で234000名が受講して、ドイツ語の習得に努めています。

世界に92カ国・158か所あり、日本では東京・大阪・京都の3都市に拠点があります。

ゲーテ・インスティテュートドイツ文化センター日本本部の公式HPです。

http://www.goethe.de/ins/jp/ja/lp.html?wt_sc=japan_

語学だけでなく、ドイツの最新文化などを発信しています。

マイナス面もプラス面もしっかりと話題にしていて凄いなと関心しました。

日本語、ドイツ語の両方で表示されるので、基礎がある人は2つを比較するだけでも、良い教本になるのではなると思います。

また、日本で学んだあとでドイツに行っても、ゲーテ・インスティテュートはドイツ国内にもありサポートしてくれます。

連続性のある教育でムダのないレベルアップがはかれますね。

Deutschkurse-und-Prfungen1

2.授業内容は

Willkommen am Goethe-Institut Tokyo「ドイツ文化センターへようこそ」


東京を例にとって紹介します。 
http://www.goethe.de/ins/jp/ja/tok.html 東京支部公式HP

いくつかのコースがあります。すべて教科書代など込みです。

1時限 = 45 分
※入門コース4週間 週4時限 16時限 8-18名クラス 19,000円

ドイツ語の知識ゼロの初心者が対象となります。このコースは初級レベルで使用されるテキスト Menschen を予習するには最適なコースです。授業は最初からドイツ語のみで行なわれます。

挨拶や自己紹介で使われる単語やフレーズ、ボキャブラリー (数・国名・食料品の名前)、発音練習などがあり、その後のクラスに時期を開けずに移動できるように期間が設定されています。

4、5月コースを受講すると、6,7月の初級コースにそのまま継続できます。

以下は筆記テストと面談でのレベルチェックがあります。各コースでレベル別のクラスが組まれます。

※スーパーインテンシヴ 16日間(約3週間) 4時限/1日 64時限 8-18名クラス
※スタンダードコース  74,000円
16週間 週4時限 64時限 8-18名クラス
8週間 週8時限 64時限 8-18名クラス

※トレーニングコース 19,000円~74,000円
目的に合わせた各種コースがあります。発音、聞く、会話、読む、文法などのコースです。
4-16週間 週2-4時限 16-64時限 8-18名

※試験準備コース 4-8週間 週3-4時限16-32時限 8-18名クラス 32時限で37,000円

※個人レッスン 本部問い合わせ

東京では入門コースは以外は4月開始のものの受付が終了していて、今年は6月-7月コ=ス(2015年6月4日 – 7月29日または9月30日)、8月-9月コース(2015年8月1日 – 9月30日または11月25日)等が予定されています。

他には、大阪、京都で授業が行なわれています。京都は大阪本部の主催なので、大阪のHPから申し込みをします。

ゲーテ・インスティトゥート大阪のHP
http://www.goethe.de/ins/jp/ja/osa.html

school

3.習得度はどうやってわかる?

ゲーテ・インスティトゥートの検定試験は、語学コースを受けていなくても受験できます。ただし、受験に際しては試験準備コースの受講をお勧めします。
受験料はAクラスは内部生9,000円、外部生12,000円、Bクラスは内部生12,000円、外部生16,000円です。
次の試験日は6月1日で、申し込みは4月6日から5月8日までです。

GER:外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠によってクラスは6つあります。ドイツの大学に入学するにはB2クラスの習熟度が必要で、テスト・ダフ(TestDaF)という試験に合格することが求められます。

※基礎段階

A1日常生活の場面で短く簡単なドイツ語表現が理解でき、自分でも言えるようになります。例えば自己紹介ができ、相手に簡単な質問をしたり、それに答えたりできます。食事や買い物や旅行の場面で、相手がゆっくり明瞭に話してくれるなら、コミュニケーションがはかれます。

A2毎日の生活で頻繁に使われる言葉や表現に慣れ、仕事や家族や故郷など、自分に関する事や日常的で具体的な生活に関する事なら、ドイツ語でコミュニケーションが図れます。また日常的に必要な事柄が、簡単な文章の形で表現できるようになります。

※自立した言語使用

B1明瞭な通常のドイツ語であれば、仕事や趣味や生活など日常的な事柄についてのドイツ語の発言や文章が理解できます。例えば、旅行中に出会うさまざまな出来事に対して、必要な対応ができ、また、自分の経験や夢・希望・目標などについて話すことができます。さらに、自分に身近なテーマあれば、意見を述べたり、その論拠を説明したりできます。

B2抽象的で複雑なドイツ語で表現されても、その趣旨が理解できます。自分の仕事や専門分野に関する事柄なら、ドイツ語で行われる議論の内容が理解できるだけでなく、自分の立場や意見を述べたり、あるいはひとつの意見に対する利点と不利点を論述したりできます。日常的ないくつかのテーマでは、広い範囲にわたって明確に意見と情報が交換でき、ドイツ語を母国語とする人との間で、相互に困難を感じずに自然な会話が成立します。

※熟達した言語使用

C1ほとんどのテーマで、高度なドイツ語表現や長い文章が理解でき、また、その言外のニュアンスも感じ取れます。ドイツ人社会で、社会人として職業についたり大学で学んだりするのに必要十分な語彙と表現を使いこなし、複雑で微妙な内容を正確なドイツ語で表現することができます。

C2社会生活上、不自由なくずべてのことに対応できるドイツ語力があります。さまざまな分野の多様なテーマに関して、読む、書く、話す、聞くことが困難なくでき、また、ニュアンスにとんだ自然なドイツ語を正確に使うことができます。

1fc0d445cddeef8de397188d6c8b15c1_s

4.地方ではどうするの?

ゲーテ・インスティトゥートに通うことのできない方には、通信講座があります。ドイツ本部のチューターとEメールで緊密に連絡をとりながら進めるコースです。
https://www.goethe.de/en/spr/ueb.html で確認して下さい。
また、オンラインで学習したい人のためには、
http://www.goethe.de/ins/jp/ja/lp/lrn/dwb.html
などのサイトを使用しましょう。

5.グリム童話の世界

ドイツといえばグリム童話ですよね。
http://www.goethe.de/ins/jp/ja/lp/lrn/grj.html ではグリムの世界に楽しく触れることができるサイトが紹介されています。
話のあらすじを知っているので、ドイツ語が分からなくても意外に楽しめます。まずは耳をドイツ語にならすという意味でもおすすめです。
興味が出てきたら、ゲーテ・インスティトゥートで学ぶという方法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。