このできものは粉瘤かな?

 

顔や背中にできることが多いできもの、粉瘤(ふんりゅう)

にきびと間違いやすいできものなので、にきびだと思っていたら粉瘤だった・・なんてこともあります。

そこで今回は、粉瘤について原因と治療、などをご紹介します。




粉瘤ってどんな病気?

表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれます。皮膚の良性腫瘍の1つです。

脂肪のかたまり?と思われがちですが、表皮でできた袋のような腫瘍です。

皮膚の表面と細い出口で連絡している事が多く、つまむと中から白い物が出てくることがあります。それで、脂肪の固まりなのかとおもうのです。

皮膚の良性腫瘍です。自然に消えることはなく少しずつに大きくなります。

小さいうちは皮膚から盛り上がらずに、皮下にクリクリしたものを感じる程度ですが、大きくなってくると皮膚の表面がなだらかに隆起してきます。

普通の場合は痛みや、かゆみはありません。表面の色は皮膚の同じ色ですが、開口部が黒くなることがあります。見た目は黒ニキビのような感じで、開口部が黒く、周りが腫れている状態です。

炎症や感染を起こすと赤くなって、腫れて、痛みも出てきます。大きさは直径数mm~2,3cm位のものが多い、放っておくと少しずつ大きくなります。化膿を繰り返す人もいます。

皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪の3層から出来ています。表皮は細胞分裂を繰り返して、角質層となり、最後は垢として脱落します。粉瘤は、袋の中に垢がたまっていき発生します。

表皮の袋ですから、体のどこにできても不思議ではありませんが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすい傾向があります。

炎症や感染を起こす場合は、感染性粉瘤とか、炎症性粉瘤と呼ばれています。

毛穴の一部分の組織の皮膚の深いところが、袋状になったものが多いです。

この場合は、皮膚の表面に開口部を持つことが多く、絞り出すと、白いあぶらの様なものが出ていたが、だんだん出なくなって膨らんできたという事が多いです。

もちろん、背中などでは知らないうちにしこりが出来て、急に大きくなってくる場合もあります。

通常は無痛ですが、進行すると細菌に感染して赤く腫れ上がることがあり、そうなると痛みを伴ったりすることがあります。

ごくまれに皮膚がんに進行する場合があり、急に巨大に進行する場合などは治療が必要になる場合がありますので注意しましょう。

さらにごくまれに、皮膚内の真皮側で粉瘤が破裂した場合、筋肉炎や腹膜炎、リンパ炎などになる可能性があり、ひどい場合は重要器官に老廃物が重大な結果に至る場合があります。

よって、大きすぎる粉瘤は自己判断で放っておかず、早急に診断・治療を受けましょう。

065

診断や治療はどのように行うの?

基本的には外来診察のみで診断することができ、整形外科や皮膚科などで診断・治療が可能です。

経過観察で済む場合が多いので、特に治療の必要がありません。

赤く腫れている場合などは、抗生物質を投与して炎症を抑える治療を行ったりします。

小さいうちに手術で袋ごと取り出せば、手術跡は小さく、術後の痛みも少なく、手術代金も安く、再発も防げます。

しこりがあるのと、手術跡があるのと、どちらがメイクなどでカバー出来るかなど、女性なら気になると思います。手術跡の例などを見せてもらって判断しましょう。

化膿して、赤く腫れ上がる時は、抗生剤を飲んだり、切開して中の膿を出す必要があります。

放置していて、大きくなったり感染を起こしてからだと大変になります。周囲の繊維化が進み、袋だけの取り出しが困難になります。

手術するにしても、しないにしても、とにかく早めに医療機関を受診しましょう。

形成外科だと、手術跡が目立たないようにしてくれることが多いです。よく相談しましょう。

巨大なものでなければ、局所麻酔の日帰り手術が可能です。

また、へそ抜き法(くり抜き法)という治療法もあります。

局所麻酔をして、表面の皮膚開口部の部分にディスポーザブルパンチという直径4mmほどの円筒状のメスを刺し込み、表面の皮膚とともに袋状構造物の一部をくり抜きます。

くり抜いた後、内容物をもみだしながら袋そのものもできるだけかきだします。傷の部分は縫いませんので、完全に傷がふさがるには約2~3週間かかります。

最終的には傷跡はにきび痕程度のへこみになります。切除手術に比べると施術時間が短いという長所がありますが、完治までの日数は長くなります。

手術跡も違いますので、切開と比べて選択しましょう。足の裏の表皮嚢腫や内容物が完全に固形化しているものには適用できません。

mes-350x350

予防法はある?

粉瘤ができる原因は、老廃物が肌の内部に溜まることなので、効果的な予防法はありません。

にきびと違って肌の表面をきれいに保つことでは予防できないのです。

粉瘤ができやすい肌質の人もいますので、何度も再発してしまう可能性があります。

粉瘤ができたら早急に診断・治療するという対処しかないようですね。


いかがでしたか?

誰にでもできる可能性のあるできものですが、なりやすい人は何度も何度も再発します。

いつものできものだと放っておかずに、きちんとした診断。治療を受けることが大切なようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。