C型肝炎 撃退!

 

現在、日本では150万から230万人の人が感染していると言われるÇ型肝炎。沈黙の臓器である肝臓の病気だけに、検査して症状がなくても治療をすすめることが重要です。

C型肝炎について調べてみました。

C型肝炎最前線[新世代のDAAsをどう使うか・IFNの使い方はどう変わるか]

新品価格
¥4,320から
(2015/5/4 11:21時点)

C型肝炎治療―DAAsで広がる治療対象

新品価格
¥5,184から
(2015/5/4 11:22時点)

B型肝炎・C型肝炎を治す完全ガイド

新品価格
¥1,296から
(2015/5/4 11:24時点)

1.C型肝炎とは

C型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の病気です。

肝臓は体に必要なタンパク質や栄養分の生成や貯蔵、不要となった老廃物や薬物の解毒など生きていく上で必要不可欠な機能をもっています。

HCVに感染すると約70%の方が持続感染者となり、慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行する場合があります。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、自覚症状がないまま病気が進行します。感染がわかれば症状がなくても検査や治療を検討する必要があります。

肝臓がんの80%がC型肝炎が原因という怖い結果もでています。肝臓がんの年間死亡者数は3万人にのぼります。注意が必要ですね。

他に肝炎と言えば、A型、B型、C型、D型、E型などがあり、A型・E型肝炎ウイルスは主に水や食べ物を介して感染し、B型・C型・D型肝炎ウイルスは主に血液・体液を介して感染します。

A型は衛生環境の改善で、日本ではほとんど見られなくなりました。そのため抗体をもっている人も減って、衛生環境の悪い国への旅行などで感染、発症することがあります。

C型肝炎ウイルスは感染者の血液を介して感染しますが、約半数の方の感染源は不明のままです。

過去の輸血や血液製剤の投与、臓器移植、適切な消毒をしない器具を使っての医療行為、民間療法、刺青、ピアスの穴あけ、麻薬、覚せい剤の回し打ち、感染者との剃刀や歯ブラシの共用などで感染の可能性があります。

母子感染は3%以下と少なく、また子どもの病気の進行は遅いこと、比較的早期(生後2年以内)にウイルスが身体から排除される場合もあることなどから、経過観察をしてから治療を開始することが出来ます。母乳での感染の報告はありません。

血液製剤が原因となった例の一部には、特定フィブリノゲン製剤あるいは特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によるC型肝炎(いわゆる「薬害肝炎」)としてC型肝炎訴訟和解に至ったものもあります。

家庭や集団生活での感染のおそれはまずありません。くしゃみ、せき、食べ物、握手や抱擁、食器の共用や入浴での感染はありませんので、HCV感染者への差別が助長されないように注意しましょう。

2015y05m04d_112807847

2.症状

慢性肝炎の段階ではほとんどの場合自覚症状がありません

何となく体がだるいとか、疲れやすいとか、食欲がわかないといったあいまいな症状のことが多いため、肝炎だと気が付かないことが多いです。

健康診断などの機会にできるだけきちんと検査をしていくことが重要です。

慢性肝炎から肝硬変まで進行すると、手のひらが赤くなってきたり、黄疸が出現したり、むくみが出やすくなったり、腹水がたまって妊婦さんのようにお腹が膨らんできたり、さらに鼻血など出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなったりする症状がみられることがあります。

また、肝癌を合併しても初期はほとんど無症状のことが多く、癌が進行すると腹痛や発熱、黄疸がみられるようになります。

C型肝炎ウイルスは血液を介して感染し、2〜14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがありますが、急性肝炎を起こすことは稀です。

60〜80%の症例が慢性化し、約20年の経過で約30〜40%の患者さんが肝硬変に進行し、さらに肝硬変の約7%の頻度で肝癌が合併します。

3.検査

C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる検査がHCV抗体検査です。陽性の場合、現在もウイルスがいる人と、治癒してウイルスのいない人が含まれます。

次にHCV RNA定性検査で血液中にC型肝炎ウイルスの遺伝子が検出されるかどうかを調べます。これが陽性ですと現在C型肝炎ウイルスに感染していることを意味します。

C型肝炎ウイルスの種類を調べ、HCV RNA定量検査によってウイルス量を調べます。これにより、インターフェロン治療の効果の予測をすることが可能です。

肝炎の程度をみるのがAST(GOT)値やALT(GPT)値です。また、肝臓で合成される血清蛋白であるアルブミン値や凝固因子の活性を示すプロトロンビン活性値など肝合成能の低下や、肝炎の進行に従って減少してくることが知られている血小板数の低下、肝の線維化の進行を示すヒアルロン酸値の上昇などを合わせてみていく必要があります。

さらに腹部超音波検査やCT、MRI検査などの画像検査あるいは腹腔鏡検査によって肝臓の形態的な変化を調べたり、肝臓の組織の一部を採取して肝臓の組織学的変化をみる検査を必要に応じて実施します。

肝硬変においては肝癌の早期発見が重要ですので、補助診断として肝癌特異性の高い腫瘍マーカーであるAFP、PIVKA-Ⅱの測定が有用です。

以下の方は是非、肝炎ウイルス検査をうけましょう。保健所などで無料でうけられます

・これまで肝炎ウイルス検査を受けたことがない人
・ 肝炎ウイルス検査の結果がわからない人
・ 家族に肝炎ウイルスに感染している人や肝がんの患者さんがいる人
・ 健康診断の血液検査で肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT))の値の異常を
 指摘されたが、まだ医療機関を受診されていない人

・ 母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた人
・ 輸血や大きな手術を受けた人
・入墨(タトゥー)を入れたり、医療機関以外でピアスの穴をあけたことがある人

4.治療

2015y05m04d_114637333

専門医の指示に従うことが大切です。自覚症状がないことや、薬の副作用から治療を中断すると悪化します。

・定期的に(初めの1年は2、3か月に1回程度)受診し、自分の肝臓の状態を正しく
 知る。
・医師と相談して健康管理や治療の方針を立てる
・処方した薬を勝手に止めたり、無断で薬を服用したりしない(風邪薬などについて
 も、事前に確認をとっておくと安心)
・過労を避け、規則正しい生活を心がける
・飲酒を控える
・標準体重の維持に努める

C型肝炎ウイルス(HCV)をからだから排除するために、インターフェロン(IFN)という薬を使います

さらに、リバビリンという飲み薬を併用することで、より高い効果が期待できるようになりました。

併用療法の副作用として、「抑うつ」及び「自殺企図」があります。これらは、不眠や不安感などから始まることが多いので気を付けましょう。

また、間質性肺炎、貧血、白血球減少、血小板減少などにも注意が必要です。

ペグインターフェロン(PEG-IFN)という週1回の注射ですむ薬剤も開発され、負担も軽くなってきています。

しかし、発熱、頭痛、倦怠感といった副作用があり、さらに命にかかわる副作用が出るような場合もあります。

日本人に一番多く、感染者の70%を占める1型(ほとんどが1b型)はインターフェロン効きが悪く、20%の2a型はインターフェロンの効きがよく、10%の2b型はこの中間であることがわかっています。

とくに、1b型でウイルス量が多い患者さんは、インターフェロンが効きにくく、いわゆる「難治性」とされています。

肝癌の発生を予防する目的でIFNを少量長期間用いる方法があるほか、IFNが使えない方には、ウルソデオキシコール酸(内服)やグルチルリチン配合剤(注射)により、肝機能を正常に保ちの肝炎の進展を防止する肝庇護療法があります。

※肝炎の助成制度

保健所や委託医療機関において肝炎ウイルス検査を無料で行なっています。

特定フィブリノゲン製剤あるいは特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によりC型肝炎に感染された、いわゆる「薬害肝炎」の方には、「感染被害者救済給付金支給法」により、症状に応じて給付金が支給されます。

インターフェロン治療には、「健康局長通知」に基づき、所得に応じて、月あたりの医療費を軽減する目的で、医療費助成が受けられ自己負担は1~2万円ですみます。保健所にお問い合わせましょう。

5.感染予防

ウィルスの拡大を避けるためにキャリアの方は以下のことに注意しましょう。

・他人の歯ブラシやカミソリなどは使用しない。
・感染した人の血液や分泌物がついたものは、他の人が触れないよう、しっかり包んで捨てる。
・けが等の手当ては、できる限り自分で行い必要があれば医療機関に受診する。
・他人のけが等の手当てを手伝う場合は、手袋を装着するなど、血液や分泌物に直接触れないように行う。万一、他人の血液が付着した場合は流水でしっかりと洗い流し、心配であれば検査を受ける。
・感染している人との性的接触には、コンドームを使用する。

血液にむやみと触れないようにすれば日常生活での接触には問題ありません

68f29fe9fe10f87c558df1f6e1a4d046

6.新薬

「ダクラタスビル」と「アスナプレビル」という飲み薬が発売されました。

ブリストル・マイヤーズ株式会社ではダグラタスビルはダクルインザ錠60mg アスナプレビルはスンベブラカプセル100mgとして販売されています。

半年間毎日服用することで、約85%ウィルスが消えるという治験がでています。今までインターフェロンの効果が薄かった人にも効果があったということです。

インターフェロンの倦怠感に耐えられない、重い副作用で治療中断した患者や、高齢者にとって朗報です。

副作用としては発熱や肝障害が10%程みられるので、専門医師のもとで適切に対応することが重要です。

また、耐性ウィルスが出る可能性があるので、事前にウィルスの遺伝子検査が必要です。

どうでしたか?新薬の開発で患者さんの負担が減るようになったのは喜ばしいことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。