お得!リノベーション

 

リノベーションってご存じですか?

リフォームと似ているのですが、ちょっと違います。

賃貸でも出来るものか、マンションなど集合住宅ではどうするのか?などなど調べてみました。

リノベーションの新潮流 レガシー・レジェンド・ストーリー

新品価格
¥2,700から
(2015/5/7 16:54時点)

ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり

新品価格
¥2,376から
(2015/5/7 16:55時点)

ビギナーのための賢い家のつくり方 中古を買って、リノベーション。

新品価格
¥1,944から
(2015/5/7 16:56時点)

1.リノベーションとは

reno2
リノベーションとは一体何のことなのでしょうか?

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させ、付加価値を与えることです。
それってリフォームと言うのではないか?リフォームとどう違うのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

リフォームは壁紙の張替えから外壁の塗り直し、キッチンをシステムキッチンにするなど悪いところを改良したり、老朽化しているものを新調したりと比較的規模の小さいものをリフォームと呼びます。

リノベーションはプラスアルファで新たな機能や価値を向上させることを意味します。
例えば、家族が増えたので壁を取っ払って、広いリビングダイニングキッチンを作ったり、配管を改良したり、地震に備えて壁や柱に耐震性を高めるなど、間取りや配管の改良、建物の補強などをして、性能を新築の状態よりも向上させるレベルまでの大規模な工事をすることをリノベーションと呼びます。

TV番組で「大改造!!ビフォーアフター」という番組がありますが、あの番組でやっていることが、リノベーションであると思って頂ければ分かりやすいかもしれません。

この記事のタイトルにお得!とありますが、何故リノベーションはお得なのでしょうか?
最大の理由は、新築の家を建てるよりも資金面のコストが掛からずに済むことです。

元々あった中古の家を取り壊し、新たに新築の家を建てる場合、時間もコストも掛かります。
しかし、リノベーションなら、家を壊さず、良い所は残し、悪い箇所を改装、補強することで、コスト面が安いのです。

もちろん、間取りもある程度は変える事が出来るので、自分の好みに合わせた家にカスタマイズ出来るのも魅力です。

しかし、マンションなどの集合住宅では、共用配管等の共同設備は、工事不可能な場合もありますので注意は必要です。

もちろん、古い住宅を壊さずに内装の改装や外壁の補強をするということはリスクも伴います。
希望通りにならなかったり、直す箇所が多すぎて予算がオーバーしてしまう危険性もあるので、そこはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

2.メリットとデメリット

reno3

メリット
※自由に設計できる
既存のマンションや建売住宅は無難な内装になってしまっていることが多いので、内装に強いこだわりがあり、自分好みの内装に出来るのは魅力です。

※物件の選択肢が増える
リノベーションを前提とすれば、中古の戸建やマンションを購入することとなり、新築と比べより安い予算を設定できます。細かな環境の条件を満たす戸建やマンションを探し出せる可能性があります。

間取りや内装、設備機器の条件はリノベーションで変えてしまうので、エリアや立地重視で幅広い物件が対象になります。

※新築を建てるよりもコストをおさえることができる
新築を購入する場合の費用と中古を購入してリノベーションする場合の費用を比較すると、中古を購入してリノベーションする費用の方が、20%~30%程安く済むことが多くあります。

新築の戸建やマンションの価格は、新築後15年間で大きく下落し、その後は景気に応じて緩やかに上下するようです。そのため、築20年以上の戸建やマンションを購入することで、購入後数年で市場価格が大きく下降するリスクを避けることもできます。

デメリット
※築年数が長いために耐久性に不安がある
耐震性が現在の法律の基準を満たさなくなってしまっている場合があります。現在の耐震基準を満たすように耐震改修などが必要となり、逆にかなりの費用がかかってしまい、せっかくのコストをおさえることができるというメリットを活かせなくなってしまうことがあります。専門家に相談すると安心です。

※住むまでに時間が必要
引き渡しまでの間に、建物検査、設計、施工などの作業が加わります。コンセプトやイメージに強いこだわりがあると、建築士との打ち合わせなども十分に必要であり、時間が無い人には向いていません。

※ローンの金利が高くなる傾向がある
リノベーションの費用には一般の住宅ローンが利用できないため、住宅ローン以外にリフォームローンを利用する必要があります。
リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高い傾向があるため、ローンの総額が高くなります。工事の間の家賃など二重払いが発生する場合もあり、資金計画をしっかりと立てる必要があります。

リノベーション済みの戸建やマンションの購入であれば、住宅ローンのみで済むため、リノベーション済みの物件を選択するという方法もあります。

3.物件の探し方

reno4
リノベーション済のものを探すのか、好きにリノベーションする物件を探すのかで変わって来ます。
前者の場合は、http://www.renovation.or.jp/tekigo/gettekigo.html リノベーション住宅推進協議会で探すと、安全性などをチェックした安心なものを探せます。

後者の場合は、自分が住みたいのはどんな家なのかと、具体的なイメージがなければ物件探しも難航します。http://www.renoveru.jp/result/index.jsp リノベる では、物件の購入からリノベーションまで一括でアドバイスする形をとっています。

住む地区などで絞り込む必要がある場合は、ある程度リノベーションの自由度を犠牲にする必要がある場合もあります。
逆に、どんな田舎の家でも自由に出来るのが良いという場合は、選択が広がりすぎて困ってしまいますね。

上記のサイトでも工務店などの紹介がありますが、地元のことは地元のクチコミが一番です。また、不動産会社は、物件情報をかなり共有しています。地元密着型の大手不動産会社などにあたりましょう。

親身に相談にのって欲しければ、不動産会社の繁忙期である引越しシーズンを避けるなどの工夫も大事です。リノベーションをした人の評判などをよく聴いて、いろいろな所にあたって見ましょう。

リノベーションがどこまで可能かというのは、建築の知識がある人でなければ判断出来ません。物件購入時に、専門家に同伴してもらうことが大切です。

4.リノベーションの仕方


adf4ba89920ba100f3b8ac345d6f2283

マンションの場合、専有部分(住戸内)は自由に変更することが可能です。マンションの管理組合によって違いがありますので、事前にマンション管理規約を十分確認する必要があります。
また、工事を行う前に管理組合はもちろんのこと、近隣住民にも必ず同意を得るようにしましょう。

団地の場合は、「壁式構造になっていること」「在来浴室になっていること」「直天井、直床になっていること」「エレベーターがないこと」が注意点です。
壁の撤去などのリノベーションに制限ができたり、住み心地に関わる部分ですので、それを納得した上で選択しましょう。緑が多く、人付き合いもマンション等より密なので、それが団地の魅力の一つです。

古民家リノベーションも人気ですね。昔ながらの日本の住まいの味わいや、思い出のつまった家を将来に残していきたいと考える方が増えています。
メリットは材料の強度が良いこと、資源の保護になること、固定資産税が軽減できること、デザインに独自性がでることなどです。

逆に、耐震性が悪い、断熱効果が低い、そして思った以上に資金がかかるというデメリットもあります。特に、強いこだわりを持ったり、古い資材に合わせたものをあたらしく購入しようとすると高額になります。

工務店などに頼む場合のリノベーションの例をあげます。
200万~300万かけると間取りの一部を変更する工事を行えます。
リビングと和室の間の壁を撤去してリビングと和室をつなげ、キッチンを少し広げて配管も含めて工事を行い、キッチン設備も新たに導入し、トイレや洗面所などを最新のものに変更することができます。

300万~500万かけると、建物をスケルトン状態にし間取りの大半を変更したり、耐震性の向上などを行えます。

DIYでどこまで可能かとなると、まず電気配線や水まわりの工事は資格がいります。しかし、壁塗りなどは借家でなければ素人でも出来ないことはないです。
今はDIYでリノベーションをして、公開している人も沢山います。根気と好奇心と体力、そして人出があればかなりのことが出来ます。失敗しても、それも味だと思える人にはオススメです。

どうでしたか?
理想の家は3軒目で建つ等と言われますが、3軒立てる余裕がある人は少ないですよね。リノベーション可能な家を購入して、少しずつ自分にフィットした形に治していくというのも、楽しそうですよね。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。