尾瀬について最低限知っておきたいこと

 

新緑が美しい時期になりハイキングや散策などが最適な季節になってきました。日本百景に選ばれているほど景色が美しい尾瀬は初夏に見頃を迎えるミズバショウがあります。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

尾瀬と周辺の山をあるく (大人の遠足BOOK)

新品価格
¥1,512から
(2015/5/11 12:50時点)

るるぶ尾瀬 (国内シリーズ)

新品価格
¥1,058から
(2015/5/11 12:51時点)

山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2015 (登山地図 | 昭文社 マップル)

新品価格
¥1,080から
(2015/5/11 12:51時点)

1.尾瀬とは

尾瀬は、福島県と新潟県、群馬県の3件にまたがっている盆地状の高原です。阿賀野川水系の中心となる尾瀬ヶ原はおよそ1万年前に形成されたと言われている湿原です。
また、ミズバショウやミズゴケなどの湿原特有の植物を見ることができます。

尾瀬は、尾瀬ヶ原、至仏山(しぶつさん)、燧ケ岳(ひうちがたけ)などが国立公園特別保護地域であるだけではなく、特別天然記念物に指定されています。
そのため、散策用の歩道以外への立ち入りは禁止されており、日本の自然・環境保護運動の特徴であるゴミの持ち帰り運動の発祥地です。
oze2
尾瀬は、登山道にも木道が整備されていて湿原を散策するだけならば標高差も260m程度で歩き易いと言われています。

しかし、ミズバショウが見頃を迎える初夏でも雪が残っており、平野部とは10℃以上も気温差があり、天気によってはさらに気温が低下することもあります。
軽装の観光客も多いですが、気温差に対応できるようにウインドブレーカーなどの上着を持参していくと良いと思います。

また、木道は濡れていると滑りやすいので、スニーカーではなく登山やハイキング用の靴を準備しておくと安全です。携帯電話はほぼ全域で圏外ですが、多くの山小屋に公衆電話が設置されています。

2.アクセス、宿

<車を利用する場合>
福島県側→御池駐車場(有料)や七入駐車場(無料)に車を駐車し、路線バスで登山口まで向かう。
群馬県側→尾瀬第一駐車場(有料)や尾瀬第二駐車場に車を駐車し、路線バスで登山口まで向かう。

<公共機関を利用する場合>
シーズン中は東武鉄道が浅草駅から会津高原尾瀬口駅までの夜行列車を運行しています。また、関越交通では、東京駅や新宿駅から大清水行きの高速バスを運行しています。

<宿泊について>
oze3
尾瀬沼山荘、至仏山荘、鳩待山荘を利用する場合、2名利用一泊二食で1名9,500円。
元湯山荘を利用する場合、個室2名利用1名一泊二食10,000円。
東電小屋を利用する場合、個室2名利用1名一泊二食10,000円。

「夏の思い出」という歌にも歌われている尾瀬に、一度は行ってみたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。