あんさんぶるスターズの魅力 続編

 

さて、今回は、ゲーム操作及びポイントです!

まず、プロローグの後、ユニットを選択する事になります。
講堂でユニット選択後、その中の1人がランダムで選ばれ、そのキャラクターがプロデュースアイドルとなる。
ランダムなので、必ずしも気になるキャラクターをゲット!とはいかないのが残念な所ですが、気になるキャラクターが所属するユニットを選ぶと楽しめるかもしれません。

プロデュースするアイドルが決まったら、チュートリアルの流れで5人1組のアイドルユニットが組まれます。
チュートリアル以降は、プロデュースユニットは、育成したいアイドルを集めるのがセオリー。

プロデュースユニットでのコツとして、リーダーキャラと同じ公式ユニットメンバーや同じ部活など、共通点がある生徒を集めると能力にボーナスがつくのでユニットはよく考えて決めると良いでしょう!

ゲームは、「ストーリーパート」「レッスンパート」「バトルパート」の3つに分かれています。




「ストーリーパート」

学院を舞台とした物語がノベル形式展開。
さまざまなシチュエーションでアイドル達と親密になっていくことができ、ゲームの進行によって、新しいストーリーも開放となります。


「レッスンパート」

生徒をプロデュースし、理想のアイドルに成長させる。
レッスンの内容を選び、理想のアイドルを目指し、生徒たちの魅力を引き出していきます。

レッスンが終わったタイミングで、イベント発生の可能性が!
選択肢で、様々な効果があるので、キャラクターの設定や性格にあった選択肢を選びましょう!

レッスンパート中に発生するストーリーは、ノーマルとスペシャルの2種類。
最後までクリアしてプロデュース完了となるとボーナス。
発生条件はステージによって様々。

1423216753_3_2_d3c8c8422a32ca0ecd9adb3480d12f3b

「バトルパート」

今まで育ててきたアイドル達がユニットを組んでライブに出演。
5名1組のユニットとなり、ライブでバトル。先に3勝したユニットの勝ちとなる。

画面中央にターン属性が表示され、この属性アピールがより重点的に評価される。
ボーカル・ダンス・パフォーマンスの三項目で採点されますが、プロデューサーは、ユニットを組むことと、出演順を決める事しか出来ないので、その選択が勝敗を左右するので気をつけたい所です!

ターン属性と相性の良いアイドルを使って、ユニットの組み合わせによっては特別ボーナスも発生。
ライブを成功させればより多くのファンを獲得可能。

ゲーム内で出てくるワードとそのポイント

・ジュエル&ジュエルのかけら
プロデュースレッスンを行うと「ジュエルのかけら」を入手。
この「ジュエルのかけら」を集めてアイドルを成長させる事ができます。

レッスンすると、アイドルである生徒からの信頼度やフィーバー値が上がります。
フィーバー値が溜まると、フィーバー突入。
フィーバー中は、「ジュエル」が追加で貰えるので、全員を育てるならレッスンの配分をバランス良くするのが良いでしょう。

「ジュエルのかけら」を沢山集めるとそれに応じて生徒の獲得経験値もアップ。
生徒の能力アップに使える「ジュエル」と入手可能。

・ハート
生徒との会話でハートが貰えることがあります。
ハートが3つ溜まると親愛イベントスタート。キャラとの親愛度アップ。

親愛度アップで、ボイス、サブストーリーなどが開放となるので重要です!
この親愛度は、イベントでしか上げられないので要注意!

・プロデューサーランク
プロデューサーランクアップで、AP・LP回復しAP上限がアップ。
メインストーリーが開放となる場合もある。
レッスン終了で、生徒レベルアップやプロデューサーランクアップ。

・スカウト
新しいアイドルをスカウトするにはプロデュースポイントが必要となる。
レッスンを重ねてゲットしましょう!

・キャラクターカードの成長方法
アイドルロードという機能で自分が成長させたい能力をアップ可能。
生徒の潜在能力と呼ばれるマスを開放すると、直接的に生徒の能力もアップする。
マスの開放には、「ジュエル」が必要となる。

アイドルロードの最後には、「才能開花」マスが存在。
その「才能開花」マスを埋めると、その名の通りアイドルの才能が開花。
イラストも変化していくので、コツコツ貯めておきましょう!



その他、アイドルロードにはボイス開放や衣装開放のマスもあるので、楽しみも増えますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。