「今、三田市が面白い!」Part2.

   2015/08/20

兵庫県の三田市は、農村と都市の2つの顔を併せ持つ田園都市!

キリンの工場見学・めんたいパーク・プレミアムアウトレットを紹介してきましたが、やっぱり三田は「豊かな自然」抜きには語れません。ゆったり、まったりの三田を紹介します!


1.標高560mの高原に「花菖蒲」が咲き誇る!永沢寺(えいたくじ)でリフレッシュしましょう。

花しょうぶ園:5月31日~7月上旬 ← 標高が高いので、花の時期が遅めなんです。

◆永沢寺・花しょうぶ園のスケール

この周辺では、もともと「花しょうぶ」が自生していたと伝えられています。それを休耕田に植えつけ、昭和50年に「永沢寺 花しょうぶ園」として開園しました。10万人が訪れる“花の名所”です。

❖日本屈指の庭園です!

33,000㎡(1坪が3.3㎡だから10,000坪!坪の方がイメージが湧く、自分が悲しい・・・)の敷地に回遊式庭園が広がり、そこには約650種・300万本!!もの「花しょうぶ」が絵巻物さながらに咲き誇ります。← 山間部では昼夜の寒暖差が大きく、花の色がより鮮やかになるそうです。

sandasi3-1

*入園料:大人(高校生以上) 800円 小人(中学生以下) 無料 ※ファミリー特典
*開園時間:午前8時 ~ 午後6時 ※開園期間中無休

◆散策するとお腹が空きます!

園内の「水無月亭」では、自家製粉(三田産そば粉)を使った、“打ちたてそば”が味わえます。もちろん、花しょうぶを眺めながら頂けます!
水無月亭:079-566-0053 ※花しょうぶ園開園期間は無休です。

◆永沢寺・そば道場で「そば打ち体験」はいかがでしょう!

❖目もお腹もイッパイ!でもお楽しみは、まだあります♪
そば打ち体験コース
開門時間:午前10時・午後1時の1日2回です。※要予約
所用時間:約2時間(そば打ち体験・打ったそばの食事) ← 自分で打った「そば」の味は格別です!
料  金:2名様まで5,000円 (2名様で打たれる場合はお一人2,500円)
4名様まで8,000円 (4名様で打たれる場合はお一人2,000円)
※2名様まで 4.000円、4名様まで 6.000円で体験のみも楽しめます。(麺を持ち帰ります)
予約・連絡:079-566-0053

◆永沢寺へのアクセス…800台の無料駐車場完備!

❖中国自動車道
*西宮北インターより 約40分
*神戸三田インターより 約30分

❖舞鶴若狭自動車道
*三田西インターより 約30分
*丹南篠山口インターより 約20分

永沢寺へのアクセス

〒669-1502兵庫県三田市永沢寺82-3  Tel:079-566-0935

2.第11番霊場 600年以上の歴史を誇る古刹 永澤寺(ようたくじ)


永沢寺(えいたくじ)は地名で、こちらのお寺は「ようたくじ」と読みます。

永澤寺は、応安年間(1370頃)に、後円融天皇の命により七堂伽藍を建立し、高徳善知の誉れ高い通幻禅師を開祖とする曹洞宗の禅寺です。

本尊は、釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来の釈迦三尊。通幻禅師の600回忌に合わせて境内には33体の観音様があり、妙高閣には高さ9.2mの大観音菩薩が祀られています。間近で見上げると圧倒される大きさです。

2度火災で焼失し7現在の本堂は・庫裡(くり)は1772年頃再建されたということです。境内地は16,000坪の広さ!

◆永澤寺の秋葉さま

観音さまの化身として、火よけ・災難除けの守護神、秋葉三尺坊大権現さま。永澤寺の秋葉さまは寺が開創された六百年以前より鎮守として手厚くお祀りされています。
毎年3月28日は一年一度の秋葉さまご開帳の日「秋葉大祭」です。

*10時00分:名物うどんぶるまい(名物 災難よけのうどん)
*10時30分:永澤寺まごころ寄席
*12時00分:秋葉大祈祷法要
*13時00分:祈祷札授与(お申込の祈祷札の授与)
*13時30分:福もちまき(約5,000個の紅白もちまき) ← こういうのって燃えませんか?!

◆住職のコレクションの「ガンダーラ仏像」、素敵です。
10数点が展示してありますが、必見の価値ありです。

sandasi3-2 sandasi3-3

◆参禅会があります。雑念が祓えるかも・・・
❖月例参禅会…毎月第2土曜 午後7時から9時 ※9・12月は第一土曜 午前11時から午後4時半
会費:1,000円 9・12月:2,000円

〒669-1502 兵庫県三田市永沢寺210 TEL:079-566-0401
※花しょうぶ園は、併設されています。

◆パン工房「のら」

ここで、一気にパン?!の情報です。窯はマエストロ自ら作り、小麦は北海道から、酵母は自家製、機械に頼らずマエストロが手作り。文句なしなしの美味しさだそうです。

奈良の青空店を営んでいた、ご夫婦が三田の地・母子(もうし)という集落の上の永沢寺の近くにお引っ越し!カフェもあります。タイの木製アンティーク家具が似合う素敵な雰囲気です!

〒669-1502 兵庫県三田市永沢寺16 TEL・FAX 079-506-4951
*金曜日~月曜日の営業となります。祝日は開いてます。土・日は、予約がベターかも!

sandasi3-4
ケルビム&KHSでゆくフォトマップブログ/自転車で巡る阪神間の道と街
こちらでマップが紹介されています。

※他にも「星の里茶園」では、農薬や化学肥料を使わずに美味しいお茶を作っています。
三田市母子1137-1 TEL:079-566-0771 *お取り寄せ可能
マップ

「早瀬野菜研究所」では、自家栽培の野菜や果物で“ジャム”や“ソース”を製造・販売しています。
三田市乙原2395-54 TEL:079-566-1210 *畑にいるので電話をしてから来店してくださいとのこと!

マップ

三田は自然がイッパイ!でも、その中にも「歴史」と「新鮮さ」を併せ持つ、不思議で素敵なところです。Part3.まで、お付き合いくださりありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。