阿波踊り 2015

 

「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ」の掛け声と言えば「阿波踊り」ですよね。毎年130万人以上の人出があると言われています。


1.今年の阿波踊りの日程、場所、アクセス、予約

今年の阿波踊りは、8月12日(水)~15日(土)に開催されます。

2015年の徳島の阿波踊りのチケット発売は7月1日(水)午前10時からです。先行販売などはなく、全席一般販売にため1日は予約が殺到し、良い席から売れてしまいます。

チケット代金は、S席1,900円、A席1,700円、B席1,500円、C席800円です。

阿波踊り有料桟敷席チケットぴあ

awa1

有料の桟敷席は「藍情浜演舞場」や「紺屋町演舞場」、「市役所前演舞場」、「南内町演舞場」です。
市役所前演舞場は12日に大規模な開幕式が開催されます。

また、屋内は「アスティとくしま」や「あわざんホール」があります。チケットはチケットぴあやローソンチケット、イープラスで購入することができます。

無料の演舞場は「両国本町演舞場」と「新町橋演舞場」の2ヶ所です。
「両国本町演舞場」は両国本町商店街に設置されていて駅から徒歩約7分です。
「新町橋演舞場」は市内最大級の商店街である東新町商店街の入り口に設置されていて駅から徒歩約5分です。

マップ
阿波踊り交通アクセス
阿波踊り臨時列車

2.阿波踊りの歴史

阿波踊りは徳島県発祥の盆踊りで約400年の歴史がある日本三大盆踊りの一つです。現在は東京高円寺や三鷹、下北沢など全国に広がっています。

半天や浴衣を着て踊る「男踊り」と女性用の浴衣に網笠を深く被る足袋を履いて踊る「女踊り」があります。
阿波踊りに欠かせない楽器「鳴り物」を使用することも知られていますよね。

awa2

3.参加するには

阿波踊りに参加するためには、「連」というグループに加入する必要があります。
有名連は練習時間が長く技術も高いですが、企業連や学生連は連に所属している企業の社員や大学の学生が参加しています。有名連は、ホームページやfacebookで連員を募集しています。

また、徳島に観光に訪れた際に気軽に誰でも参加できるのが「にわか連」という連があります。踊りの経験の有無、年齢、職業、性別、国籍に関係なく参加することができます。

「にわか連」は参加費用無料で、服装も自由ですし、事前に申し込む必要もありません。練習場所に当日行き簡単なリハーサルをするだけです。

集合時間は8月12~15日18時30分と20時30分の2回で徳島市役所市民広場と元町おどり広場の2ヶ所です。はっぴのレンタルも先着250名準備されています。



今年はお盆の帰省にも嬉しい日程での開催となり、例年以上の人出が期待できそうです。夏休みの思い出作りとして家族で参加してみるのもいいですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。