淡路島まつりは「おどり大会」と「花火大会」が同時開催!

 

海に囲まれた自然の島・淡路島の夏祭りが今年も開催されます。
淡路島まつりの開催期間は7月31日(金)から8月2日(日)の3日間ですが、おどり大会(阿波踊り)は7月31日(金)から8月1日(土)の2日間、18時から22時です。また花火大会は、8月2日(日)の20時から20時50分です。

どちらも夜の開催ですから、日中は島内の観光スポットを存分に遊覧できますよ!
では、ご案内しましょう。

・兵庫淡路島まつり花火大会2013


・翼連2013淡路島まつりその2

お車と電車&バスでのアクセス方法

・お車でのルート
中国自動車道・阪神高速・山陽自動車道・第二神明の各高速道から 垂水JCTへ
垂水JCT⇒明石海峡大橋⇒神戸淡路鳴門道洲本IC⇒国道28号線経由で会場まで15分

※最終日の花火大会終了後はかなり渋滞します。駐車場から洲本ICまで最長3時間!

・電車+バスでのルート
JRの舞子駅・三宮駅のバスターミナルから明石海峡大橋経由にて洲本バス停(洲本高速バスセンター)まで。
所要時間は舞子駅から60分、三宮駅から80分
洲本バス停から会場までは徒歩で5分

・会場周辺地図と無料駐車場①~⑥の位置

awaji1

おどり大会は阿波踊りで盛り上がる!

本場の「徳島阿波踊り」よりも2週間ほど早く、阿波踊りを観覧することができます。踊りながら道路を練り歩くとともに、演舞場でも競い合います。

徳島の阿波踊りに比べると、その規模の大きさや演舞者の数や観覧者の数は多少劣りますが、阿波踊りの女性陣の華麗さや男性陣の豪快さや子供陣の可愛さなど、十分に楽しめます。

・練り歩く阿波踊り

awaji2

洲本大浜海岸での花火大会

湾岸の海面上で行われ、夜空を華々しく彩る花火が海面を鏡にして映し出し、夜空と海面との2大スクリーンでの光と音と映像のイル-ジョンを演じます。

ここの花火の特長は、打上げ本数は5000発超なのですが、打上げが海面上という立地を活かした、斜め打上げの「水中スターマイン」や「超ワイドスターマイン」が名物です。

【観覧穴場スポット】は、【大浜海水浴場】です。会場の地図でも分かるように打上げ場所から遠くなく、かなり広々とした場所です。それに視界を遮るモノは何もありません。
遅めに場所取りされるなら、ココにして下さい。

・淡路島花火の名物・超ワイドスターマイン

awaji3

島内の観光スポット

島内には数多くの観光スポットがあります。海峡橋・花園・公園・ワールドパーク・史跡等々・・・お車で回遊されるとたくさんのスポットを巡回できます。

下記のリンク先には、淡路島の観光モデルコースが載っておりますので、お好きなコースをお選び下さい。

淡路島観光ガイド・あわじナビ

大鳴門橋(淡路島と四国徳島との連絡橋)

awaji4

島内のホテル、旅館

島内には、たくさんの宿泊施設がありますが、お薦めは海が見える海岸沿いのホテル・旅館です。絶景と地元産の新鮮な魚介類や野菜をご堪能ください。
下記URLよりお好みをお選びください。

・淡路島のホテル・宿泊施設は〈じゃらん〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。