東北最大級!仙台うみの杜水族館へ行ってみよう

 

7月1日にオープンしたばかりの仙台うみの杜水族館東北最大級の規模で、横浜・八景島水族館と連携して経営がされていて、今とても注目されている水族館なんです!

1、仙台うみの杜水族館とは

仙台うみの杜水族館は、マンリピア松島水族館を仙台市へ移転したもので現在は宮城県仙台市宮城野区に所属している民間の水族館です。
三井物産や横浜八景島、仙台三越など6社が出資し、約65億円かけて建設された水族館です。

仙台うみの杜水族館

2、仙台うみの杜水族館の魅力

仙台うみの杜水族館は約300種類、50,000匹が展示されています。そのうち約7,000匹はマリンピア松島水族館から引き継がれてきた動物たちです。

☆東北で最も大きいと言われるイルカやアシカのショープールには約1,000人の観客を収容することができるんです!
さらに、客席とプールの間に仕切りとなるアクリル板を使用していないのでイルカのパァフォーマンスは迫力があり、臨場感も味わうことができる魅力的な作りになっています。

☆三陸の海を再現したと大水槽には、約50種類、25,000匹が展示されているほか、飼育が難しいと言われる「ヨシキリザメ」が国内で唯一展示されています。

Prionace_glauca_1
☆横浜・八景島水族館と同じようにペンギンの飼育が盛んで、約8種類のペンギンが飼育されています。

sendai2

3、アクセス

営業時間:9時~18時半まで。(夏季:19時半。冬期17時半。)
入場料:大人2,100円、中高生1,100円、幼児(4歳以上)600円。
年間パスポート:4,200円。

・JR仙石線「中野栄駅」から徒歩約15分。
※「中野栄駅」から無料のシャトルバスが運行されています。

・仙台東部道路 「仙台港IC」
駐車場は約800台駐車可能です。
※オープンからしばらくの期間はさらに1450台分の臨時駐車場が設置されています。

sendai3
仙台うみの杜水族館の周辺には三井アウトレットパーク仙台港などの大型商業施設もあり、水族館もショッピングも同時に楽しめる場所なんです!夏休みにぜひ行ってみたいですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。