足利市花火大会2015

 

今年も花火の季節がやってきますね!夏の夜空を美しく彩る花火を楽しみたいですよね!

1、歴史

栃木県足利市で毎年8月の第1土曜日に開催される花火大会は今年で101回目の開催で明治36年から行われている歴史ある花火大会なんです。

今年は毎年約2万発の花火が打ち上げられ、約37万人が訪れていてとても人気のある花火大会で足利市最大のイベントとも言われています。

2、日程・時間・場所・アクセス

2015年8月1日(土)19時から20時45分まで。
※雨天の場合は翌日に順延。
開催場所:渡良瀬川田中橋下流の河川敷。

<アクセス方法>
・JR足利駅南口から徒歩約5分。
・東武伊勢崎線足利市駅から徒歩約10分。
・東北道佐野藤岡ICから足利桐生方面へ約30分。
※周辺の学校や公共施設、ショッピングセンターなどが臨時駐車場になっていて約8,000台の駐車が可能です。
開始時刻が近くなると道路が渋滞するので早めに行くと駐車場も空いているのでおすすめです。

第100回足利市花火大会

3、有料席

足利花火大会の有料席は渡良瀬川河川敷に設置されています。定員5名ほどの桟敷席が17,000円、大人約10名程度の有料観覧席1区画8,000円で販売されています。
有料観覧席は人数で割ると一人当たりの金額はとても安いのでお得です!

チケットは足利商工会議所HPで販売されています。

4、穴場

①田中橋の上…足利駅から徒歩10分で、交通規制後車が一切通らないのでゆっくり花火を見ることができます。徒歩で行く方にはぜひ!

②ヤマダ電機テックランド足利店屋上…足利駅のすぐそばにあり、打ち上げ花火がとてもきれいに見えます。

③アピタ足利店屋上…足利駅から車で約5分でトイレの心配もしなくいいので小さなお子様連れにはおすすめです!

④ヨークベニマル足利店屋上…足利市駅から車で約10分で80台以上無料で駐車することもできます。

足利市花火大会は河川敷で打ち上げられるので河川敷のどこから見ても豪華絢爛な花火が欠けることなく見ることができます。

夏の夜空に美しく咲き誇こる尺玉花火や仕掛け花火、大ナイアガラ、スターマインをぜひ一度見てみたいものですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。