おすすめホラーゲーム 2015

 

真夏の蒸し暑い夜と言えば肝試し!でも、肝試しに行く度胸はさすがに…と言う方も、肝試し大好き!と言う方も、手軽に恐怖体験が出来る物と言えば、やはりホラーゲーム

ただ怖いだけなんて物から、謎解きもあり笑いもあり!なもの、最後は感動できるものまで。幅広く楽しめるのもホラーゲームの魅力のひとつですね。

怖いものが苦手なあなたも、怖いものが大好きな人にもおすすめなホラーゲームをご紹介します。

ゲーム機で出来るオススメホラーゲームのご紹介。

クリーチャーと戦うゲームの代表作と言えばこれ!バイオハザードシリーズ

ゾンビやクリーチャーと銃で戦う、映画でもお馴染みのバイオハザードシリーズ。怖いというよりは、謎解きや銃で敵を倒していくのでサバイバルゲームとしても人気で、サバイバルホラーと言うジャンルになります。

ストーリーもシリーズで繋がっているため、ストーリー性重視の方や、謎解きが大好きな方、怪物が好きな方も楽しめるシリーズです。色々な媒体で発売されているため、手が出しやすいのも魅力ですね。

バイオハザード 最恐 モンスター集!


和風系のホラーゲーム、零シリーズ

西洋なんかのホラーが目立つ中、和風系のホラーの代表作が零シリーズ。

射影機と言うカメラで、「ありえないもの」を撮影し写真から、ヒントを得て物語を進めていきます。敵となる怨霊や霊にもこのカメラで戦う為とても重要なアイテムなのです。

こちらもバイオハザードシリーズと同様にシリーズ化されていて、小説やコミックス、映画やアトラクションなんかもあるんですって。ゲームをプレイするにはまだ勇気がない方は、小説やコミックスなどから手を付けてみるのもいいかもしれませんね。



ゾンビとはまた違う、屍人が迫る、SIREN

日本を舞台に、土民や、民族などをモチーフにしているホラーゲーム。

こちらはバイオハザードシリーズとは対照的で、銃器などの扱いに慣れた主人公らが敵を倒していくと言うのとは、逆に戦闘に慣れてない主人公らが、基本敵から身を隠しながら、戦わなければならない状況では様々な日用品などのそこらにありそうな武器を手にして立ち向かう。

また、このゲームの最大の特徴とも言えるのが倒しても敵がある程度時間が経つと”復活”すること。他のゲームではあまり見られない光景ですね。また、プレイヤーキャラは走り続けていると息を切らし行動が止まってしまい、敵を力技で倒していくと言う方法はできない。

シナリオは複数のキャラクターが、時間、場所を変えながら進んでいき、それぞれの行動がシナリオや、プレイ難度に影響することもある。

そして攻略に欠かせないシステムは、「視界ジャック」と言うもの。これは、敵や登場人物の視覚と聴覚を一時的に盗み、この視界ジャックを駆使して、敵の状況などを確認し戦闘を回避したり攻略のヒントを得ていく。

こちらのSIRENも映画や、漫画などになっており、2008年にPS3の第三作目が発売されています。



ただひたすら恐怖から逃げる、クロックタワー

クロックタワーは、殺人鬼の住む館に連れて来られた主人公が、殺人鬼からひたすら逃げながら館から脱出を図るアドベンチャーホラー。
バイオハザードや、零が、武器を駆使して敵と戦うのに対し、これはほとんど敵から逃げるだけ。

ゲームのモチーフは、イタリアホラー映画の「フェノミナ」。このフェノミナは、昆虫と交信できる不思議な力を持った少女を巡る連続殺人事件を描いたホラー作品。

そしてこのクロックタワーは、謎をときなどをする時は、主人公を直接動かせず第三者視点で指示を出すというシステムを取り入れ、ただ逃げることしかできない主人公は「ホラー映画の逃げ惑う人を鑑賞者の視点で見るもどかしさ」を演出。と言うのは、初代作品の話で、続編のクロックタワー2や、3には、敵を撃退する方法が幾つか存在する。

初代作品も身を隠し、逃げるのが基本ではあるもの、撃退する方法も存在しており、状況によっては戦う選択をしなければならない。これが続編の2や3にも継承されているのです。

基本プレイステーション2まで発売されており、移植版としてパソコン版やワンダースワン版も発売されていますので、是非この恐怖を体験してみてくださいね。

またクロックタワー2や、日本に舞台を移したクロックタワー・ゴーストヘッドでは、小説や漫画も展開されています。

ここまでは、ゲーム機で出来るホラーゲームの紹介でした。次からはフリーで出来るホラーゲームを紹介いたします。



バイオハザード HDリマスター

新品価格
¥2,678から
(2015/7/19 09:56時点)

零 ~濡鴉ノ巫女~

新品価格
¥5,863から
(2015/7/19 09:58時点)

SIREN

新品価格
¥8,100から
(2015/7/19 10:00時点)


クロックタワー2

新品価格
¥12,990から
(2015/7/19 10:03時点)


恐怖の森、DeathForest

恐怖の森とは、Kazz氏により制作された3Dフリーゲームで、ヨシエと言う怪物から逃げつつ、バイクのパーツを4つ集めて森から脱出するという内容です。

ヨシエは、真っ白な顔に血がべったりついたにやけ顔をしており、見るものをゾッとさせる。そしてこのヨシエに触れると即ゲームオーバーになってしまうのです。他にもストレンジャーや、ストーカーなる敵も出現。

そしてなんと、実写映画にもなっており、「デスフォレスト~恐怖の森~」がまさにそれなのです!この実写映画続編も制作されており、「デスフォレスト~恐怖の森2~」も是非チェックしてみてくださいね。



DeathForest ~森からの脱出~【増殖】HP

美術館を舞台にした、Ib

Ib(イブ)とは、kouri氏が制作した美術館を舞台にしたフリーのホラーゲーム。

マルチエンディングを採用しており、部屋などに仕掛けられた仕掛けや謎解きをして進むという一般的なアドベンチャーゲームになっています。謎解きはさほど高くなく、公式サイトでも攻略情報が公開されているため謎解きが苦手でも苦労せずに進むことができます。

2013年には、最新版が公開され、ランダム会話の要素が増えたり、エンディングやルートが増え、更には二周目要素ややりこみ要素などが追加され、有志の方々により、他国語版が制作されています。

また登場キャラクターも面白く、オネエ言葉の男性が仲間として登場したりと、プレイする人を飽きさせないのも魅力の一つと言えますね。



Ib HP

アニメや映画でも有名、ひぐらしのなく頃に

フリーのホラーゲームとしては、一般的にも多く名の知れている、このひぐらしのなく頃に。映画は見たことあるけど、どんな原作のゲームはどんなものかわからない人もいるんじゃないかと思います。

ひぐらしのなく頃に、は連続怪死と失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリー作品。ゲームは、サウンドノベル形式で、ストーリーに影響を与える選択肢は存在せず、出題編、解答編の各4つに分かれている。

キャッチコピーも、「正解率1%」といった挑戦的なものも含め、全編に張り巡らされた謎や伏線、プレイヤー同士が、謎を推理しあうなど話題が溢れるほどの人気作品。

また、和製ホラー要素を含めた猟奇殺人など今まであまり見なかったこの類の分野も注目を集める一つになったと言えますね。映画や、アニメを見たことある方も、今まで知らなかった方も原作のゲームに触ってみてはいかがでしょうか。

2015y07m19d_092908581

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 HP

エンディングが一番怖いと評判、魔女の家

そんな長くゲームはできない、やる時間があんまりないと言う方にオススメなのが、魔女の家。

ふみー氏が制作したフリーのホラーアドベンチャーゲームであり、一般予想プレイ時間は2時間から3時間。謎解きは難しめだが、決して解けないものではなく安心してプレイできます。

初見殺しの即死ものが多く仕掛けられ、恐怖表現や、流血表現、おどかしのパターンも豊富で、部屋などのひとつひとつに小さな変化が多数発生したり、死亡パターンも豊富にあるといったプレイする側を飽きさせない要素が満載なのも魅力的。

また、斜め移動が出来るため、パッド(コントローラー)を使えるのもプレイしやすい。ストーリーも、エンディングで身の毛がよだつと言う、時間はないけど、ホラーゲームがやりたい方にとてもオススメですので、是非チェックしてみてくださいね。



魔女の家 HP

いかがでしたでしょうか。ホラーゲームにも色々種類がありますので、自分にあったものを選び、一人で真夏の暑い夜に、震撼しながら、楽しんだり、友達や家族とわいわい、時には叫んだりしながら仲良くプレイしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。