夏に急増する結膜炎とは

 

学校などでプールの授業が始まる夏に感染する傾向にある結膜炎。結膜炎は実は自然に治癒する軽症のもから視力低下や失明など後遺症が残る場合もあるんです!

乳幼児は抵抗力が低く失明することもありますので必ず眼科を受診しましょう!

1、結膜炎とは

結膜炎とは、感染症やアレルギーによって結膜に炎症がおきる病気です。結膜炎は大きく「細菌性結膜炎」、「ウィルス性結膜炎」、「アレルギー性結膜炎」に分類されます。

・細菌性結膜炎…さまざまな細菌によって結膜炎を起こします。原因となっている細菌に有効な抗生物質や抗菌剤の点眼薬を使用することで症状が短期間で治まります。

・ウィルス性結膜炎…感染性の強く種類が多いのが特徴です。
<流行性結膜炎>
アデノウィルス8型に感染することで結膜炎が起こります。別名「はやり目」と呼ばれています。

<咽頭結膜炎が>
アデノウィルス3型に感染することで結膜炎が起こります。別名「プール熱」と呼ばれています。

<急性出血性結膜炎>
エンテロウィルス70に感染することで結膜炎が起こります。別名「アポロ病」と呼ばれています。

※ウィル性結膜炎の場合、ウィルスに有効な点眼薬ないので、症状が治まるまでに時間がかかります。治療には細菌による混合感染を防ぐために細菌性結膜炎と同じく抗生物質や抗菌剤の点眼薬を使用します。また、ウィルス性結膜炎はリンパ節に腫脹が見られることがあります。

・アレルギー性結膜炎…アレルギーが原因で結膜炎を起こします。「春季カルタ」や「クラミジア」、「トラコーマ」が有名です。

※結膜炎に感染した場合、コンタクトレンズの使用は装用中止になることがほとんどです。
ketumaku2

2、症状

・めやにが出る。
・目が充血している。
・目がかゆい。
・目に違和感や痛みがある。
・涙が出やすい。

結膜炎の症状はとても多いのですがこれらに当てはまる場合は結膜炎の可能性が高いです。

3、予防

・目を触らない。触る必要がある場合には手をよく洗う。
・タオルは共同で使用しない。

結膜炎は人から人へ感染する病気なので、医師の許可が出るまでは学校も休まなくてはなりません。プールの授業もお休みしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。