夏になりやすい伝染性膿痂疹(とびひ)とは?

 

伝染性膿痂疹とは別名「とびひ」と呼ばれていて、「とびひ」の方が一般的に知られていますよね。
今回はその「とびひ」について調べてみました。

1、伝染性膿痂疹とは

伝染性膿痂疹はブドウ球菌や溶血性連鎖球菌【溶連菌】などの細菌に感染することで起こる皮膚の感染症です。接触することであっという間に広がることが、火事の時の飛び火の様子に似ていることから「とびひ」と呼ばれています。

夏になると「あせも」や「虫刺され」、「湿疹」などの皮膚のトラブルが起きやすく、かゆみを伴うことが多く、掻いたりすることで感染しやすくなります。

乳幼児は体温が高く、汗をかきやすいので夏場にとびひにかかる可能性が高く、鼻を触る癖があると鼻孔周辺に存在している細菌からとびひになることも多いです。

とびひには①水疱性膿痂疹と②非水疱性膿痂疹の2種類あります。

①水疱性膿痂疹…水ぶくれができて、皮膚がむけてしまう。黄色ブドウ球菌が原因で乳幼児に多発する傾向がある。

②非水疱性膿痂疹…水ぶくれはできないが、炎症が強くかさぶたが厚くついている。溶連菌の一種である溶連菌A群β溶血性連鎖球菌が原因で起こり、アトピー性皮膚炎などと合併しておこる。そのため季節に関係なく、乳幼児より成人に多く見られるのが特徴。

2.治療

tobihi2
①水疱性膿痂疹…抗菌薬の軟膏を塗り、全体をガーゼで覆います。大きな水疱は、水疱内の内容液が周囲に付着しないようにつぶすことが多いですが、小さな水疱はつぶさないようにしましょう。

かゆみがとても強いので抗ヒスタミン系の内服薬も軟膏と同時に処方されることが多いです。掻くことでとびひが広がってしまうのを防ぐ働きがあります。

②非水疱性膿痂疹…ペニシリン系構成物質と軟膏が処方されます。溶連菌の重症感染は腎臓に障害が起きることがあるので尿検査をする場合があります。

3、予防

tobihi3
・汗をたくさんかく夏には入浴して、皮膚を清潔にしておきましょう。
・脇の下はあせもができやすいので丁寧に洗いましょう。
・子どもは鼻に指を入れることがありますが、鼻孔付近に細菌がいるためしないようにしましょう。
・手洗いをよくしましょう。
・爪を短く切っておきましょう。

4、プールや入浴について

・発熱がない場合は入浴し、泡立てた石鹸などでやさしく洗い、その後患部に軟膏を塗りガーゼで覆うようにしましょう。
※兄弟がいる場合は、最後に入浴させましょう。

・プールはとびひを悪化させることもあるほか、他人へうつす可能性があるので完全に治癒するまでは禁止です。
※幼稚園や学校へは行ってもかまいませんが、患部をガーゼで覆ってください。

梅雨が明け暑い日が続くと乳幼児はあせもが出やすくなるので、あせもが出た段階で軟膏を塗るなどするといいですね。またとびひは何度でもかかる病気なので夏の間はこまめにシャワーを浴びさせたりしてあせもや湿疹が出にくい生活をするのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。