いま流行の山登り~^^ 立山黒部アルペンルート

   2015/01/15

「雪の大谷」

2015y01m07d_150040775
立山黒部アルペンルート沿いでは最も積雪の多い所では、5月の中旬でも雪の廊下の壁の高さは、なんと10メートル以上もあり、そこを通過する環境に配慮したハイブリッドバスの車内は驚きと歓声でいっぱいです。
凄いですよね~

室堂に到着すると一気に視界が開けて、今バスで通り抜けた雪の廊下が自然の大きさを見せてくれます。
アルペンルートの全線開通直後は、雪の大谷ウォークとしてダイナミックな雪の廊下を歩くことができます。




オフィシャルガイドhttp://www.alpen-route.com/

富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)~
長野県大町市の扇沢駅(関電トンネルトロリーバス)とを結ぶ山岳観光ルート


 

1, 営業はいつから?

4月半ばから開通し、11月半ばに閉鎖される(天候に左右されます)
2015年予定 全線開通 4月16日(木)

2, 用意していくものは?

005782
アルペンルートは各種乗り物を乗り継ぐだけでも、気軽に観光を楽しむことができます。
しかし3000m級ですからトラッキングなどでは装備や準備が必要です。
平地よりも12~15℃気温が低いので、寒さに気をつけてください。

山の天気は変わりやすいものです。脱ぎ着しやすいもので体温調節を行ってください。
また、事前に体力の調整も行いましょう。

(服装・持ち物の基本)

雨具:コンパクトに折り畳めて、フードが付いているもの
スニーカー:革靴やヒールのある靴は危険です
ディパック:両手を空けておくと歩きやすいです
帽子・日焼け止めクリーム:紫外線が強いので要注意です。

3, 各時期の注意は?

091375
4月~6月

-51~10℃ととても寒いですから、真冬並の装いが必要です。
防水の効いたトレッキングシューズや長靴:雪の上を歩きます。
サングラス:雪の照り返しが強いので必要です。
脱ぎ着のしやすい上着:歩いて暑くなっときのためです。
※手袋、カイロ、マフラー、ウール帽子、ネックウォーマーなどあると便利

7月~8月

気温は10~20度ぐらいで快適な避暑地といえます。
山の日差しは思った以上に強烈なので、 あまり肌を露出しない、
通気性のよい服がよいでしょう。
天候が変わりやすいので気を付けましょう。
※ウィンドブレーカー、サングラスなどがあると便利ですを

9月~10月

気温は10度前後で、紅葉シーズンの到来と共に、肌寒く感じることが多くなります。
10月に入ると、室堂平周辺では雪がちらつくこともあります
ウール素材の厚手の長袖シャツやフリース素材服などがよいです。
※ウィンドブレーカー、サングラスがあると便利です。

11月

氷点下になることも多いので、防寒対策しっかりしてください。
観光だけでも、ダムの堰堤などで雪の上を歩くこともありますので、
防水性の滑りにくい靴がよいでしょう。
11月下旬にはスキーを楽しむこともできます。
※手袋、カイロ、マフラー、ウール帽子、ネックウォーマー、サングラスなどがあると便利です。

4, 楽しみは?

94c2e04cbbcad5cfa862deb1d254d99d_s
本格的な登山、トレッキングだけでなく散策でも観光でも、四季折々の自然を楽しめます。

立山連峰の景観を望む立山ロープウェイ、全線地下式のケーブルカー、
黒部ダム建設に用いられたトンネルを通るトロリーバス、
日本国内一の堤高を持つ黒部ダムの堰堤上の徒歩での移動など、
様々な乗り物を乗り継いで移動できます。

■春の雪の大谷

立山黒部アルペンルート沿いでは最も積雪の多いところで、
5月中旬でも雪の廊下の壁の高さは10メートル以上もあります。

■室堂平

最も高い位置から一望できます。
標高2,450mから眺めると、 剱岳、立山三山をはじめ、
3,000m級の雄大な山々が迫ります。
「みくりが池」や、火山活動を目の当たりにすることができる
「地獄谷」を見ることが出来ます。

■みくりが池

室堂バスターミナルから歩いて約10分。
周囲約630メートル、水深約15メートルの火山湖です。
青く澄み、山々の雄姿が映し出されてとても美しい場所です。

■剱岳

標高2,999メートル、立山連峰の中で最もけわしい山です。
八ツ峰など垂直にそびえる断崖は、ロッククライミングに絶好の場所となっています。

■立山頂上(雄山)

最高峰の大汝山は3,015メートルあり、
主峰の雄山頂上には「雄山神社峰本社」があります。
さえぎるものが全くなく、山頂に立つ喜びを感じさせてくれます。
各宿舎から早朝に登頂すると、雲海から昇る御来光を見ることができます。

■立山ロープウェイ

立山の東壁を背に、大観峰(だいかんぼう)と黒部平を7分で結ぶ、
全長1,710メートル、標高差500メートルの立山ロープウェイ。
黒部湖や後立山連峰をダイナミックに眺める事ができます。

■黒部ダム

映画やテレビドラマにもなったように多大な苦労をかけて作られたダムです。
毎秒10トン以上の水を吹き出す黒部ダムの観光放水は、迫力満点です。
2003年6月に完成した新展望広場から、ぜひご覧ください。

■弥陀ヶ原高原

9月の中旬から紅葉が始まり、秋の深まりと共に徐々に降りてきてきます。
約8平方キロメートルの大高原に赤黄緑色のじゅうたんを敷き詰めたような景観が見られます。

■称名滝

落差が日本一の350メートルもあって、国の名勝、天然記念物に指定されています。
春に現れる落差500メートルのハンノキ滝(ネハンの滝)の圧巻、
夏には滝しぶきによる清涼感と豊富なマイナスイオンを全身に受け、
また秋には見事な紅葉をお楽しみください。

5,行き方は?

089759
*JRで
1
2

*マイカーで 富山県側
3

長野県側
4

山でのお願い
100930

1、山の中では決められた道を歩き、道の脇の草原・お花畑には入らないようお願いします。

2、高山植物は採らないで下さい。花は写真に撮って、お持ち帰りください。

3、余った食料やゴミは、残さずお持ち帰り下さい。もちろん、タバコの吸い殻も。

4、ペットを連れての入山は、ご遠慮下さい。

5、山岳地でのトイレは、決められた場所で。

6、・テントはキャンプ指定地に張ってください。

・稜線の小屋の水は、天水で貴重品ですから大切に。また水場は汚さないように。

・山の中の焚き火は厳禁です。山小屋での火の始末も確実にお願いします。

・各山小屋の消灯時間を守って下さい。

・非常時のために登山届をお出し下さい。

※ルールを守って立山黒部アルペンルートを楽しみましょう


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。