チャップリン おすすめ映画、名言 

 

チャップリンは1889年4月16日、ロンドンで生まれました。

父も、母も、ミュージックホールの俳優でしたが、1歳の時、離婚。

5歳の時、母親が舞台上で突然歌を歌えなくなり、様々な芸で母親の友人達を笑わせていたチャップリンを支配人が舞台に立たせました。

それは成功しましたが、母親は舞台に立てなくなって、貧窮生活に。

チャップリンは貧民院体験をする事になり、母親はたびたび精神病院に入り、父親に引き取られた時もありますが、その父親も1901年に亡くなっています。

アルコール依存症の父親はあまり引き取りたがらず、仕方なく引き取った時には、学校に行かせなかったりする人でしたが…。

母親の方は、チャップリンの思い出によると、半地下の部屋で生活していた時、その窓からは当然行きかう人々の足しか見えないのですが、母親はその足を題材にして子供達に物語を聞かせたそうです。その他にもチャップリンは母親の良い思い出を自伝に書いてるみたいですね。

生きるために仕事口があればなんでもやり、その傍ら俳優修業もなまらず、12歳の時に端役ですが、役を掴みます。そして、あちらこちらへの巡業生活。アメリカでの巡業で目を止められ、映画界に入ります。

あのチャップリンのトレードマークの格好はどうして生まれのか。

SmaSTATION!!から引用します。

ある日、監督がアイデアに煮詰まり、自暴自棄になりかけていました。現場の空気は最悪。何とか監督を助け、現場の空気を変えられないものか――チャップリンは、ある行動を起こしたのです。衣裳部屋へと走ったチャップリンは、ステッキを手に取り、だぶだぶなズボンに、キツイ上着、小さな帽子に、大きすぎる靴、さらに、若さを隠すためにちょび髭をつけ、現場に戻ってきたのです。そう、この時こそが、チャップリンのトレードマークとなった、放浪者でありながら紳士という「放浪紳士・チャーリー」誕生の瞬間でした。さらに驚くべきことに、この時チャップリンはこうまくし立てました。

「小さな口ひげは虚栄心。だぶだぶなズボンは、人間の不器用さ。大きなドタ靴は貧困の象徴。窮屈な上着は貧しくても、品位よく見せたいという必死のプライドを表してるんです」


こんな意味合いがあの格好には込められていたんですね。なんか感動しました。

クリント・イーストウッドがワン・テイク主義の代表格ならば、やたらと何度も撮った完璧主義者がチャップリンです。342回も取り直した事もあったとか。

文芸ジャンキー・パラダイス

フィルムの時代ですから、お金が今よりかかるはずですが、しょうがないですね。

あと、豆知識と言えば、日本人の運転手を雇ったら、素晴らしい働きぶりで、すっかり日本びいきになります。五・一五事件の時、当時首相だった犬養毅の息子の接待を受けていました。その最中に事件の知らせが来たのですが。恐ろしい事に、事件の首謀者達はチャップリンを暗殺して、アメリカとの戦争突入を考えていたらしいです。

QLD 4000

では、もう知ってらっしゃるかもしれませんが、代表作のご紹介を。

モダン・タイムス
すでにトーキーの時代でしたが、彼はサイレントにこだわり、この映画では基本サイレント、歌はトーキーです。
チャップリンは楽譜を書けませんでしたが、録音機がありましたので、それで録音し、音楽を作りました。
今でも彼の楽曲は高い評価を受けています。

機械に支配される人間を描いた作品で、人間の世話をする機械の実験台になるシーンや、歯車に巻き込まれるシーン、意味もなく歯車を締めるようになってしまったり、無人のデパートでのローラースケートシーンなど、名シーンが目白押しです。
今でも人間は機械に振り回されていますから、彼の風刺は健在ですね。



キッド
捨て子を拾ったチャップリンが、その子を育て、やがてその子と詐欺まがいの仕事をする。
血は繋がっていないので、引き離されそうになるが…。
笑いと涙のチャップリン初の長編作品です。
子役のジャッキー・クーガンがかわいいですね。

独裁者
誕生日が4日しか違わないヒトラーを題材にした映画で、ヒトラーは当時は今のような巨悪扱いされていなかったので、極めて異質な映画と言わざるを得ません。
慧眼と言っていいでしょう。

床屋のチャップリンが独裁者(こちらもチャップリンが演じます)にそっくりなので、入れ替わってしまい、兵士達に向けて自分の言葉で演説をする映画です。
独裁者の風船の地球儀をもてあそぶシーンも有名ですね。
これも今に通じる映画です。



モダン・タイムス (2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,125から
(2015/8/4 14:41時点)

キッド (2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,294から
(2015/8/4 14:43時点)

独裁者 (2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,830から
(2015/8/4 14:44時点)

街の灯
繁栄の記念像の除幕式で、幕を取ったら、そこにホームレスのチャップリンが寝ているという皮肉なシーンで始まるこの映画は、笑えて泣ける映画です。
盲目の花売り娘に恋をしたチャップリンが、彼女の眼を治すために金を貯め、眼が治った彼女が、金持ちの慈善と思っていたのに、眼の前のホームレスがした事だと気づく映画です。
笑えるボクシングシーンもあります。

黄金狂時代
貧乏をなめつくしたチャップリンが飢えをユーモアを交えて描いています。
飢えすぎて、それなのに、靴を実に礼儀正しく食べようとするシーンが有名ですね。



サーカス
昔の喜劇映画は恐ろしく、非常に危険なスタントを本人が演じていますが(喜劇なので観客が笑っているのも恐ろしい)、これもその一つ。
綱渡りを実際に本人が安全網無しで演じています。
警官との追っかけシーンから最後の切ないシーンまで魅せてくれます。

街の灯 [DVD]

中古価格
¥3,980から
(2015/8/4 15:01時点)

黄金狂時代 (2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,294から
(2015/8/4 15:03時点)

サーカス (2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,294から
(2015/8/4 15:04時点)

彼は多くの名言をのこしています。

その中でも私がよく思い出すのはこのセリフ。

人生は素晴らしいものにできるんだよ、怖がらなければね。そうするのに必要なものは、勇気と想像力…そして少しのお金だけだ。
Life can be wonderful if you’re not
afreid of it. All it tskes is courage, imagination...and a little dough.

映画ライムライトで老いた芸人のチャップリンが若い娘に言うセリフです。
最近見た、楽観主義、悲観主義についてのTVでの講義でも、自殺した大金持ちと、自殺しようとした人を助けたホームレスが人生は素晴らしいものだからと答えた事を取り上げてました。
考えさせられますね。

1人殺せば悪党で、100万人殺せば英雄になる。数が殺人を神聖なものにする
One murder makes a villain. Millions a hero.Numbers sanctify.

映画「殺人狂時代」のセリフです。戦争というものを考えさせられますね。
「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」と言ったアイヒマンを思い出します。

チャップリン名言まとめ
こちらにチャップリンの名言が英語と一緒に紹介されています。

このよこしま(邪悪)な世界に永久なものなんてない。苦しみでさえ永久ではないんだ
Nothing is permanent in this wicked world, not even our troubles
これは鄧小平が文革のせいで過酷な状況であった時に「こんなバカな事が続くわけがない」と、がんばった事を思い出します。

失敗は重要じゃない。自分自身を笑いものにするのは勇気のいることだ
Failure is unimportant. It takes courage to make a fool of yourself
勇気どころか、一番上質なユーモアですね。エジソンは失敗をうまくいかない方法を発見しただけだと言ったそうです。

人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇
Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot
悲劇の中に喜劇があるのは、数々の事例でわかります。
悲しいのはしょうがありませんが、そんな時でも笑える事は笑いたいですね。

行動を伴わないイマジネーションは、何の意味も持たない
Imagination means nothing without doing

下を向いたままだと、虹を見つけることはできませんよ
You’ll never find a rainbow if you’re looking down

す、すいません、と思わず謝りたくなる言葉ですね。はい、頑張ります!



名言多すぎますね。さすが苦労人です。しかも一代で成功した人はそうでない人に冷たい事が多いですが、母親の事もあったからでしょうか、常に優しさがある。
少しでも見習いたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。