「雨ニモマケズ」 私的解説

 

“雨ニモマケズ 風ニモマケズ” ここまでは誰でもが言えるフレーズですよね。教科書の中で宮沢賢治を学ぶ時に必ず、付いてくる?!フレーズです。その全文と解説を調べてみたいと思います。




1.あまりにも有名な「宮沢賢治」彼はいつ頃、どんな風に生きた人なのでしょうか?

賢治は1896年(明治29年)に、岩手県稗貫郡里川口村(現花巻市)で、質・古着商を営む宮澤家の長男として生まれています。

生家は熱心な浄土真宗の門徒で、賢治も父親と有志が始めた「我信念」という仏教講話に参加していたようです。

1909年(明治42年)、旧制盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)に、1915年(大正4年)に盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)に進学。

行きたくても、旧制中学に進学する事もなかなか叶わない時代です。恵まれた家庭環境ですよね。ちなみに妹のトシさんも日本女子大に進学されています。

ただ、賢治は若くして「肋膜炎」を患うなど、健康面には恵まれませんでした。妹のトシさんも若くして亡くなられています。

1921年(大正10年)上京し、学生向けの謄写版制作の職に就きながら、盛んに童話の創作を行っています。その後、岩手に帰り稗貫農学校(現花巻農業高等学校)の教師となりました。

1924年(大正13年)、12月にイーハトヴ童話『注文の多い料理店』を刊行。←この童話は人間の思い上がりに気付かされ、ドキッとさせられます。

1925年(大正14年)から草野心平と書簡を通じた親交を開始。翌年、農学校を退職し、以降は農業指導に奔走し、1928年(昭和3年)に過労から急性肺炎を発症。

一時は、回復の兆しを見せたものの再び療養生活に入り、11月3日、手帳に『雨ニモマケズ』を書き留めます。

そして、1933年(昭和8年)9月21日に急性肺炎で死去した。享年37。法華経1000部を印刷して知人に配るよう父に遺言していたそうです。死の前日まで農民に夜遅くまで肥料の相談を受けていたというのも有名ですよね。

生前に刊行されたのは、詩集『春と修羅』(詩集)と、童話集『注文の多い料理店』だけ。没後に草野心平らの尽力により作品が広く知られ、国民的作家となっていったのです。
amenimo2 amenimo3

2.賢治の代表作は?

*銀河鉄道の夜
*風の又三郎
*注文の多い料理店
*よだかの星※子供の時、読んで泣きました。
*オツベルと象
*セロ弾きゴーシュ
*春と修羅 など多数。

3.「雨ニモマケズ」の解説

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ・・・・
というのが原文ですが、読みやすいように“ひらがな”で、横書きの文章で解説していきたいと思います。

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
私はなりたい

こういう風に“ひらがな”にすれば大体意味は分かりますよね。その中でも「?」と思う所があるので解説します。ただし正解かどうかは定かではありません。

❖一日に玄米四合は多くないですか?
この「雨ニモマケズ」を書いたときには、賢治は病気療養中。すでに食事を摂ることすらツラい状態だったでしょう。

玄米を四合くらい平気で食べられるような丈夫な身体になって、元気に皆と働けるようになりたい!という願いが込められているのではないでしょうか。

❖自分を“勘定”に、ではなく“感情”にでは?
「自分を勘定に入れず」であって、自分を人数として数えないという意味だというのが有力ですね。

法華経に示された菩薩としての生き方を自らのために書き記したもので、その文末には南無妙法蓮華経の曼荼羅本尊がしたためられているそうです。あくまでも個人的な考えなのですが、どちらでも良いのでは?

「自分を勘定に入れずに」他の人のために生涯を捧げるという意味でも、「自分の感情を入れずに」他の人のことを聞いても、どちらも尊いことですよね。

❖「ヒドリ」は日照りで良いの?
「ヒデリの誤記」説が有力ですが、1989年10月9日付讀賣新聞紙上で『ヒドリ』は、岩手の方言で『小作人の日雇い給金』の意味で、原文のままに『ヒドリ』とすべきである、とする解釈を発表しました。

「日雇い稼ぎに出なければいけないような厳しい暮らしの時」と考えるべきではないか?というものなんです。どちらにせよ、これも大変な時ということには違いないですよね。

❖「雨ニモマケズ」にはモデルがいた?デクノボーの心理。
『斎藤宗二郎』というモデルがいた?という説があります。熱心なキリスト教信者で、新聞配達中も一軒配っては神に祈りを捧げ、という感じで、傍目にはデクノボーだったようです。

ただ、「雨ニモマケズ」そのもののような奉仕の心を持っていたとも言われています。実在の人物と仏教の菩薩像が融合して「デクノボー」が生まれたのでは、という説は結構有力らしいです。

でもこれ難しいですよね。逆に、人間が本当に“デクノボー”になれたら・・・悟りでしょうか。どこかで良く見られたいと思いませんか?

改めて何度も読み返してみると、どうやったらこんな心境になれるんだろうと賢治の素晴らしさに言葉を失います。自分ができることをできるだけする。褒められもせず、苦にもされずということは見返りも望まない…私の解釈ですから違っているかもしれません。

でも、もし自分が死にそうだったら、この通りにして欲しいと思いました。側に居てくれることが一番ですよね。それ以上のことはできませんから。

「雨ニモマケズ」は、読む人の“その時の気持ち”に寄り添ってくれるものだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。