どれから読もう、館シリーズ!

 

館シリーズとは綾辻行人による長編ミステリーです。
その上質なトリックと引き込まれるストーリー展開で多くのファンから絶大な支持を得ています。

読んでみたいけれど、どれから読めば良いの?と迷う方もおられるのではないでしょうか。
基本は順番通りに読んで頂いた方が解りやすいですし、話が繋がっています。
十角館、水車館、迷路館、人形館、時計館、黒猫館、暗黒館、びっくり館、奇面館の順番で発行されています。

では、これから館シリーズのあらすじ、ファンの間で特に評判の良い作品二冊を紹介していきます。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

新品価格
¥810から
(2015/8/18 12:23時点)

時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)

新品価格
¥745から
(2015/8/18 12:24時点)

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

新品価格
¥788から
(2015/8/18 12:25時点)

館が主役の本格ミステリーの決定版

yakata1
簡単に説明しますと、館シリーズは寺の三男坊であり放蕩息子のミステリーマニア島田潔が、謎の死を遂げた建築家中村青司の建築した奇妙な建物で次々と起こる殺人に遭遇していくストーリーです。

隠し部屋や秘密の抜け穴など、昔からの王道パターンをふんだんに盛り込み、飄々とした島田潔の人柄も合わさって魅力的なストーリー展開をみせます。

しかし主役は島田潔ではなく、あくまで「館」なのが特徴です。

たった一言で全てが覆される!十角館の殺人

yakata2
館シリーズ第一作目がこちらの作品です。

角島の青屋敷で建築家中村青司を含む4人が何者かに殺害される事件が起きた半年後、同じ角島に建設されていた十角館に興味を持った推理小説研究会のメンバー7人は十角館を訪れます。そこで殺害予告を受けた7人は次々と何者かに殺されていきます。

本土では元メンバーである河南孝明の元に中村青司から手紙が届き、その事が縁で島田潔と出会い、青屋敷の事件を調べていく事になります。

孤島と本土のストーリーが同時進行で展開され、物語は驚愕の結末を迎えるのです。

密室で長く暗い悪夢が襲う!時計館の殺人

yakata3
シリーズ5作目となるのがこちらの作品です。

十角館の殺人で島田潔と出会った河南孝明は大学生から社会人へと成長し、ミステリー作家となった島田潔の担当編集者として登場します。

担当するオカルト雑誌の取材で因縁のある中村青司が建設した時計館へ行く事になった河南孝明は、島田潔に報告したのち少女の幽霊が出ると噂される時計館にカメラマン、副編集長や霊能力者と共に訪れます。

そこで彼らを待ち受けていたのは、外部との連絡が閉ざされた密室で起こる連続殺人、長く暗い悪夢の始まりだったのです。

余談ですが時計館の殺人を題材とした曲をシンガーソングライターの谷山浩子さんが歌っています。コーラスで綾辻先生も参加されています。

「時計館の殺人/谷山浩子」


館の魅力にとりつかれた先にあるものとは?

いかがでしたでしょうか。

館シリーズは謎解きだけではなく、上質な人間ドラマでもあります。
そして読み進めていくにつれ、中村青司とは何者だったのか、何故奇妙な建物ばかり建てたのか、死の真相は…島田潔のように皆さんも館の魅力にとりつかれてしまうかもしれません。

奇妙な館の扉を、皆さんも開けてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。