通関士になるには

 

通関士のイメージは、港や空港に出入りする荷物をチェックする仕事?くらいの認識しかありません。おそらく国家資格なんだろうな~くらいです。恥ずかしいです。この際、しっかり調べてみます!




1.通関士とはどんな仕事?

tukan1 tukan2 tukan3
◆まず「通関」とは何なんでしょう?
輸入された貨物を税関に申告し、関税、消費税を納めて輸入許可を得るまでの、一連の手続きのことをいいます。輸入の時と輸出の時の「通関」の手続きの違いは、輸入時には関税を納める点だけです。

私達の身の回りにある、たくさんの輸入品、ブランド品などは、必ず税関の輸入許可を得なければいけません。外国からの輸入品の場合、違法な貨物があったり、輸入自体が禁止されているものが、日本に持ち込まれる可能性があるからです。

そこで、通関(税関)でチェックをして、安全でスムーズな貿易が行なわれるように監視されています。また、輸入時に所定の関税手続きや、消費税の徴収も同時に行なわれます。

●輸入の通関手続きの流れ
外国から輸入された貨物は、「保税地域」と呼ばれる倉庫に運ばれます。

税関に、輸入品の申告書を提出します。申告書には、荷物の種類、品名、価格、数量が記載され、同時に関税や消費税の申告もされます。

税関で、チェックが行なわれ、問題がなければ関税、消費税を納めると、税関から輸入が許可されます。

輸入品を保税地域から、それぞれの会社に移し、日本各地に配送されます。

●輸出の通関手続きの流れ
外国に輸出する貨物は輸入のときと同じく、「保税地域」の倉庫に運ばれます。

税関に輸出品の内容を申告します。

税関のチェックが済むと、輸出が許可されます。

輸出品を保税地域から、それぞれの会社に移し、船舶や航空機に積み込んで、外国へと配送されます。

◆通関士の仕事は?…輸出入者に代わり国際物流の正しい手続きを行う「貿易を支える仕事」です。
tukan4 tukan5
通関士の主な業務は、申告書類の審査と申告です。通関士は、輸出入者の代理人として税関に対して輸出入の申告をします。

それに先立って取引書類の内容を見て、規制や各種法令に対して問題が無いかどうかの確認も行います。また、書類上の商品に対して輸入は実行関税率表、輸出は輸出統計品目表を用いて細かく分類をし、輸入では納税額の算出もします。

輸出入の申告にはNACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)というシステムを使います。

これは、入出港する船舶・航空機及び輸出入される貨物について、税関その他の関係行政機関に対する手続及び関連する民間業務をオンラインで処理するシステムです。

通関手続きは、1つでもミスがあると税関から、許可をもらうことができませんので、通関士は非常に重要な仕事といえるのです。

そのほかにも、税関に対して申告の説明を行うこと、また税関検査の立ち会いなども通関士の仕事です。時には、麻薬や銃など違法な物品の輸入を水際で防ぐことにも、通関士は一役買っていたりします。

2.どのような資格で、通関士なるにはどうすればいいの?

◆「通関士」はどんな資格?
通関士は、貿易に係る唯一の国家資格で、通関士の資格取得を目指す受験者は、毎年1万人前後です。

女性の場合は、この国家資格に合格して実務経験を積み十分な能力を身につければ、男性と平等に仕事ができるメリットがあります。

また、通関業を行なっている、倉庫会社、運送会社、航空会社などは、各営業所に専任の通関士を1名以上置くことが、法律で義務付けられています。
tukan6
◆どうしたら「通関士」になれるの?受験資格はある?
学歴、年令、経歴、国籍などの制限は一切ありません。誰にでも通関士の受験資格があるのです。

2015年の試験日は10月4日(日)です。合格発表は2015年11月27日(金)。※予定です。

*科目が一部免除される場合があります。
①通関士の受験資格免除-1
通関業者や官庁で、通関業務や税関に関する業務を行なっていた期間が15年以上の方は、“通関業法”のみの受験になります。

②通関士の受験資格免除-2
通関業者や官庁で、通関業務や税関に関する業務を、行なっていた期間が5年以上の方は、“通関業法”と“関税法等”の2科目だけの受験となります。

◆合格基準・合格率は?
合格基準を満たすには、3科目5項目の全てに、60%以上の得点が必要です。5項目の中の1つでも、60%以下の得点があったときは、総得点が全体の60%以上であっても合格にはならないようです。

※合格基準は、その年によって若干変わる可能性もあります。
tukan7
受験者数は、毎年約1万人ですが、合格率はその年によりかなり変動があります。ここ10年の平均が15%くらいですが、7%の年も・・・でも60%以上を確実に取れば、合格できるわけですから、合格率に惑わされず、学習を確実に積み重ねることが大切です。

通関士の試験は年に1回しかありません。不合格になった場合、再度もう1年学習を続けることになります。2年目もモチベーションを維持するのは、難しいので1年目で合格するぞ!って意気込みで頑張りましょう!

◆通関士になるための「大学」や「専門学校」はないの?
【大学】※一例です。
*名古屋商科大学 私立大学/愛知
*中京大学 私立大学/愛知
*神田外語大学 私立大学/千葉
*大阪国際大学 私立大学/大阪
*福山大学 私立大学/広島

【専門学校】※一例です。
*大阪航空専門学校 専修学校/大阪・兵庫
*東京エアトラベル・ホテル専門学校 専修学校/東京
*国際外語・観光・エアライン専門学校 専修学校/新潟
*インターナショナルリゾートカレッジ 専修学校/沖縄
*京都外国語専門学校 専修学校/京都

3.「通関士」の就職・将来性・年収は?

なんと「通関士試験」に合格しただけでは、通関士と名乗ることはできません。通関業者で通関業務に就き、勤務先の通関業者からの申請によって、税関の長から「通関士の確認」を受ける必要があります。

※申請する通関士の有資格者が経験を積んで、通関業務を正確に行なえる能力が、身に付いたと判断した場合に申請が認められるのです。

通関士の有資格者の就職先は①通関業者(通関士の業務を行う)、②それ以外の企業、商社やメーカーなど貿易に関する業務を扱う会社(通関士試験の知識を活かす)が多いです。※②の場合は、通関士試験合格者であっても通関士と名乗ることは許されていません。

◆通関業者で働くとは?
具体的には、陸運・空運・開運等の運送会社、倉庫業者・旅行業者などがあります。通関業の営業所には、最低1人は通関士を設置しなければなりません。そのため、従業員に通関士取得に向けた勉強をさせているところが多いようです。

自社で実務経験を積ませ、資格を取得させるというパターンが多いのが現実です。それでも思い通りに資格取得できなかったり、会社が新規展開をする場合に新規採用があります。

しかし現在は、関税に関する規制緩和が進み、海外との貿易取引はドンドン活発になってきています。通関士の審査する仕事量が増えるにつれ、通関士のニーズも増えることが期待できるといえるでしょう。

◆通関士の収入は?
通常の手当の他に「通関士手当」として、5,000円~15,000円程度支給される会社が多く、各営業所の専任の通関士になった場合は、さらに収入アップにつながるケースもあります。

長期的な視野で見れば、社内での昇進などが有利になり、最終的には年収も平均的サラリーマンより多くなることが考えられます。なにより責任ある仕事ができるため、やりがいがあるともいえます。

また、通関士に役立つ資格である、TOEIC、国際航空貨物取扱士などを取得しておくと、収入や昇進がさらに有利になるかもしれません。

※ただ、通関士の勤務体系にも変化がおきているようです。9時から18時といった一般的な勤務体系だけでなく、午後から夜中にかけてといった変則的な勤務体系にも対応していく必要があるでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。