四国 お遍路 入門

 

最近、「パワースポット」という言葉を良く耳にしますよね。そのパワースポットの一つとして四国お遍路も注目されています。

総理とお遍路 (角川新書)

新品価格
¥886から
(2015/10/2 16:10時点)

まっぷる はじめてのお遍路 (マップルマガジン | 旅行 ガイドブック)

新品価格
¥1,026から
(2015/10/2 16:11時点)

四国八十八ヶ所クルマ巡礼 ドライブお遍路

新品価格
¥1,620から
(2015/10/2 16:12時点)

1.お遍路するのに知っておきたい事

お遍路は弘法大師である空海の足跡をたどって八十八ヶ所の霊場を巡拝することです。

お遍路をする時に準備するものと言えば、菅笠や白衣、金剛杖などですが、全て揃っていなくても構いませんし、現在ではカジュアルな服装でお遍路をする「お遍路ガール」もたくさん見かけられるようになりました。お遍路は山道も多くあるので歩きやすい靴を選びましょう。

菅笠には「同行二人」という文字が書かれていて、一人は自分、もう一人は弘法大師の事を指します。弘法大師と共に巡礼の道を歩く、それが「お編路」の最大の魅力と思います。

2.お遍路の楽しみ

お遍路は一番札所から順番に回る「順打ち」と八十八番から回る「逆打ち」があり、「順打ち」の方が一般的ですが、「逆打ち」は順打ち3回分のご利益があると言われているんです!

それ以外には、全ての霊場を一遍にめぐる「通し打ち」や好きなように区間を区切ってめぐる「区切り打ち」、一つの県を国としてめぐる「一国参り」があります。自分の体力や期間に合わせて選ぶことができます。

巡礼の順番や期間、巡礼の手段まで自由に選択することができるのもお遍路の楽しみの一つですよね。「歩き遍路」や「車遍路」、「ツアーバス遍路」、「タクシー遍路」、「レンタカー遍路」などがあり、自分の好みのスタイルでお遍路を楽しむことができます。
ohenro2
また、宿坊に宿泊することも楽しみの一つです。宿坊には一般の参拝者も宿泊でき空調やトイレなども整えられています。

四国第六番安楽寺は約400年の歴史があり、天延温泉「弘法の湯」はお遍路で疲れた体も心も癒してくれます。1泊2食付きで一人7,200円で利用できます。

四万十川に一番近い場所にあり、お遍路をする人の多くが宿泊すると言われているのが「四国霊場第三十七番札所岩本寺」です。岩本寺では地元の食材を使用して作られる料理がとても人気です。1泊2食付で一人6,800円、素泊まり4,300円で利用することができます。

3.お遍路、豆知識

・橋の上を通る際、杖をついてはならない。
・杖を洗ってから宿に入る。
・食事やお手洗いの際は輪袈裟を外す。
・お経を唱える時には杖を持たない。

お遍路をする多くの人が高野山の聖地と呼ばれる「奥之院」を参拝しています。奥之院では四国八十八ヶ所の納経帳に朱印をもらうこともできます。

お遍路は宗教に関係なく、旅行としてでも供養、自分探しなどどんな目的でも大丈夫なんです。巡拝するには3~4月と10~11月が気候も良くお遍路をゆっくり楽しむことができるシーズンです。宿坊などは人気があるので早めに予約をしておきましょう。

お遍路の旅費は徒歩で全周する場合は約50万ほどかかると言われていますが、宿泊先や日数で金額は大きく変わってきます。

自分のスタイルを選んで自分らしいお遍路をするのも楽しいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。