神戸 北野異人館 チョッとミーハーな旅

 

神戸北野の異人館は、あまりにも有名です。その中でもメディアで取り上げられたスポットを回ってみましょう!北野は、思ったより広いので今回は北側エリアの人気の洋館に絞ってみました。

まっぷる 神戸 ’16 (マップルマガジン | 旅行 ガイドブック)

新品価格
¥864から
(2015/10/4 16:20時点)

るるぶ兵庫 神戸 姫路 但馬’16 (国内シリーズ)

新品価格
¥864から
(2015/10/4 16:21時点)

るるぶ神戸’15 (国内シリーズ)

新品価格
¥864から
(2015/10/4 16:22時点)

1.『山手八番館』の“サターンの椅子”に座って願いを叶えましょう!

大正時代にサンセン氏の自邸として建設された洋館です。塔状の家屋が3つ連なる建築(チューダー様式というのだそうです)で、入口上部のステンドグラスの美しさは格別です。

壁には、バロック時代の巨匠レンブラントやイギリスの風刺画家ホーガースらの版画が展示してあり、2階には、ガンダーラやタイなど日本の仏像のルーツとなる仏陀や菩薩像が厳かに鎮座しているという芸術好きには、たまらない館かも・・・

でもここの、目玉は何と言っても世界仰天ニュースで放送された「サタン(サターン)の椅子」なんです。この椅子に座った女性が、その後幸運をつかんだという事で人気の館となりました。

5906149-Yamate_Hachibankan-Kobe

サタン(サターン)というのは、すぐ思い浮かべてしまう悪魔ではなくて、農耕の神様だそうですよ。部屋の中には左右に2つの椅子があります。それぞれ向かって左が男性用、向かって右が女性用となっています。間違えると願いは叶わないといわれているので要注意です!

椅子は重厚なつくりで、願いが叶いそうな・・・ただ休日は、行列ができるかもしれないので、まず朝一番に『山手八番館』からスタートしましょう!

住所:神戸市中央区北野町2-20-7 ← かなり異人館街の北側にあります!
営業時間:(冬期)9:00~17:00 (夏期)9:00~18:00
電話番号:078-222-0490
料金:500円 ← これで願いが叶うなら!!

2.ここは外せない『うろこの家』

SONY DSC

SONY DSC


異人館といえば『うろこの家』って思うくらい有名です。名前は知らなくても写真は目にした事があるのでは?一番初めに公開された異人館で、国指定登録文化財。外国人向けの高級借家として建てられたそうです。←本当に高級!

館内のインテリアも昔のまま。アンティークな家具や置物、欧州の王室が愛用していた豪華な陶磁器などを観ることができる、これぞ異人館ですよね!

3階からは、神戸市街が一望できるので、展望台としての人気も高いんです。それと、もうひとつ庭にはイノシシの銅像があるんですが、鼻に触ると幸運が訪れるんだとか!
椅子に座って、鼻に触って、この際「幸運になれそうな事」はとりあえずやっておきましょう♪

住所:神戸市中央区北野町2-20-4
営業時間:9:00~18:00(4月~9月)9:00~17:00(10月~3月)
電話番号:078-242-6530
料金:大人 1,000円

3.お待たせしました『風見鶏の館』です。(国指定重要文化財)

13099537043_173ce0c8ce_b
建築の設計はドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデで、明治30年代後半から大正初期にかけて日本で活躍した建築家。この館は、昭和58年~昭和60年にかけて本格的な保存修理を行い、可能な限り元の姿に戻しています。

かつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商のトーマス氏が自邸として建てた建物です。北野・山本地区に現存する異人館のなかで、れんがの外壁の建物としては唯一のもので、他の異人館と異なった重厚な趣きです。

また先頭のうえに立つ風見鶏は、北野町の象徴として欠かせない存在ですよね。風見鶏はその名の通り風向きを知る役目をもっていますが、魔除けの意味もあるそうです。とにかく見応えはバッチリです!タイムスリップしましょう。

住所:神戸市中央区北野町3丁目13−3
営業時間:9:00~18:00
電話番号:078-242-3223
料金: 大人500円・高校生以下無料/2館券(萌黄の館・風見鶏の館) 600円

*『萌黄の館』は、明治36年、アメリカ総領事の館として建設されました。萌黄色が美しい外壁に包まれ、2階のサンルームから眺める神戸の街はまさに絶景!

※ここまでの異人館はエリアの北側に固まっています。そろそろ喉が渇いていませんか?珈琲を飲みに行きましょう!スターバックスがあります。「え~!スタバ?」って侮るなかれ。北野のスタバはとっても素敵なんです♪

4.スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店(登録有形文化財の洋館)

スタバに使われている「北野物語館」は、1907年(明治40年)に建築された木造2階建ての住宅で、建築当初は米国人が所有していました。平成7年の阪神・淡路大震災の被害で、取り壊される予定であったところ神戸市が解体・部材保管をしました。

その後、民間事業者に譲渡して、平成13年に現在地に再建・移築されたものなんです。

スタバの北野異人館店は、元々の建物を残し、その当時を感じさせる建具やフローリングを活かして営業しています。ラウンジ、ダイニングルーム、ゲストルームなどの各部屋に合わせた調度品が配置され、本当に素敵!木製の店舗ロゴデザインはこの店舗のために作られたんです。

スターバックスらしい緑と白の色を中心に、レトロで趣がある建物なので北野の雰囲気にピッタリ。このスターバックスの店舗は入場にお金を取られることはありません。メニューの料金も他の店舗と同じ!洋館で飲食を楽しめるって特別な感じがしてとてもオトクですよね。

※異人館は坂が多いので、疲れた時の休憩には絶対おススメです!

営業時間 8:00 ~22:00
北野坂通り沿い バス停「北野異人館」より近く
神戸市中央区 北野町3-1-31 北野物語館 電話番号 078-230-6302

【北野へのアクセス】
三宮駅「JR 阪神 阪急 地下鉄」より北「山側」へ、徒歩約15分。
新神戸駅「新幹線」より北野町広場「風見鶏の館の前」まで、徒歩約10分です。
*三宮からシティーループバスが出ています。
阪神前→地下鉄三宮駅前(北行)→北野工房の街→北野坂→北野異人館。

数ある異人館の中でも、今回紹介した洋館は「入門編」というかんじでしょうか。ぜひ一度、神戸北野を訪れてみてください。お出かけの際には、あまり高いヒールは避けた方が無難かもしれません。
ijinkan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。