有馬温泉は、ショッピングの帰りにだって行けちゃうんです!

 

温泉って、どんなイメージでしょう?チョッと気合いを入れて、お泊りで行かないとダメなような“秘境(これはオーバーですが)”っぽい感じがしませんか?

「有馬温泉」は“奥座敷”どころか、リビングの隣の部屋の“素敵な和室”くらいのアクセスの良さ!でも、雰囲気は最高ですよ。
arima1 arima2
arima3 arima4

1.「有馬温泉」の歴史など

兵庫県神戸市北区有馬町にある温泉です。日本三古湯の一つで、林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされました。(身近過ぎて知りませんでした・・・)

なんと631年に舒明天皇が約3か月滞在したことが「日本書紀」に書かれているそうです。豊臣秀吉が有馬を愛し何度も訪れていたのは有名ですね。温泉や周辺の改修も行なったので、今でも太閤にちなんだ地名が残っています。

2.「有馬温泉」への交通アクセスです。

❖車で来られる場合
*神戸方面から→新神戸トンネルを経由後、阪神高速7号北神戸線で有馬口出口で下りてください。
三宮から有馬温泉まで所要時間…約20分

*大阪、広島方面から→中国自動車道 西宮北IC出口を下りてください。
高速出口からの所要時間…約10分

❖電車、新幹線で来られる場合
*三宮・新神戸(地下鉄)から→神戸電鉄谷上乗り換え ~ 神戸電鉄有馬口乗換え ~ 有馬温泉…約30分
*三田から→三田(神戸電鉄) ~ 神戸電鉄有馬口乗換え ~ 有馬温泉…約30分 ※アクセス抜群です!

❖バスで来られる場合
*神戸から ①阪急、神姫、神鉄バス→三宮~新神戸~有馬温泉…約30分
②JRバス→新神戸~三宮~有馬温泉…約30分
*大阪から ①阪急バス→阪急梅田~有馬温泉…約60分
②JRバス→JR大阪~有馬温泉…約60分 ※バスでも楽ちん!

3.おススメ!有馬温泉で日帰りプランと貸切風呂&お部屋で食事← このアクセスの良さで実現!

◆おススメの宿です♪
❖御幸荘『花結び』
展望金泉貸切露天風呂「花ごころ」が人気です。この展望貸切露天風呂と昼食付きのプランは1日3組限定です。

御幸荘『花むすび』

*日帰りコースのチェックインは11:30。14:30まで利用できます。
*貸切露天風呂:45分とたっぷり~ ← 家族で、カップルで、友達同士で!
*人気の「ミニ懐石」を含め、神戸ならではの食事に舌鼓~
*和風大浴場「花がすみ」、洋風大浴場「花ごよみ」も有馬温泉の名湯「金泉」です!
*日帰りプラン:お部屋と展望貸切風呂付き 10,260円~

〒651-1401兵庫県神戸市北区有馬町351 TEL:078-904-0166 FAX:078-904-2218
※有馬温泉からの無料の送迎バスがあります。

❖兵衛向陽閣 ← 超有名旅館!“有馬 兵衛の向陽閣へ~♪”っていうCMメロディーが頭を回る!
秀吉から「兵衛」の名をもらったという老舗旅館。貸切風呂は全部露天風呂になっていて庭園付きのプライベート空間です。

HyoeKoyokaku

*貸切風呂時間:8:00~9:45、14:45~22:15
*貸切風呂:50分 3,100円~4,100円
*日帰りプラン:夕食付き 個室食事処 10,000円~
バイキングプラン 8,000円~ ※このプランは、お部屋・浴衣は利用できません。

〒651-1401 神戸市北区有馬町1904 TEL:078-904-0501(代) FAX:078-904-3838
※有馬温泉駅・有馬温泉バス停・ロープウェイ有馬駅へは、送迎バスがあります。

宿泊するのも良いのですが、『アクセスの良さ』と『手頃な価格』で、まずは日帰りコースを紹介しました。他にもたくさんの旅館・ホテルが素敵なサービスを提供しています。

3.有馬のお土産です。

◆何と言っても「炭酸煎餅」です! ←大好物で、食べ始めたら途中で止められません(私の主観のみ!)

❖三津森本舗
炭酸泉を利用して、三津繁松が明治末期に製造、販売したのが炭酸煎餅の初まり。炭酸煎餅はバターや卵、添加物など一切使ってないそうです。(これも知らずにバリバリ食べてました・・・)

img01_b

三津森本舗

*手焼き炭酸煎餅16枚入り:465円 24枚入り:755円
*自動機焼き炭酸煎餅30枚入り:650円 ← 枚数等は、一例です。
※他にも色んなクリームが挟んである炭酸煎餅もあります。
※手焼きの炭酸煎餅は、はみだしたバリを手作業で削って仕上げるんです。作業の様子は湯元坂を散策しながら、また店内にあるサロンからも観ることができます。

※私のお気に入り
炭酸煎餅って薄いんです。それで、割れてしまったり、欠けたものが“せんべいの子”っていう袋詰めで販売されてます。一袋150円ですよ!味は同じだし、食べる時には割れるんだから、断然お得!!自分用・親しい友達には、たくさん買えるから好評です。

三津森本舗 〒651-1401 有馬町809  TEL:078-904-0106 ※他にも系列店舗があります。

◆人形筆 今では「西田筆店」一軒だけです!でも絹糸の「光沢」と「模様」が本当に綺麗です。
人形筆は、室町時代に神戸の伊助という筆職人が創作したのが始まりとされています。古くから有馬の名物として、子宝授与の縁起物として作られてきました。

1pon-kamihako-image

西田筆店

❖中から豆人形がヒョッコリ顔を出します。
艶やかな絹糸を一本一本手で巻いて作られています。筆を持って書こうとすると、「ひょこっ!」と豆つぶほどの人形が顔を出す「からくり筆」です。全工程手作業の筆は、書道にも、絵筆にも使えます。
もったいないから飾っておきたいですよね!← 本当に“ヒョッコリ”って感じなんです。可愛い~

❖筆人形を作っている様子を見ることができます。 素敵な店主さんが作業してらっしゃいますよ。
人形筆の模様は、糸車に巻いた絹糸を、一本一本の筆に丁寧に隙間なく巻きながら、「市松」「青海波」「うろこ」「矢がすり」の4種類をベースに、無限に広がる模様を手作業で生み出していきます。一日に12~13本作るのがやっとです。

*人形筆(1本・紙箱入り):2,430円
*人形筆(2本・紙箱入り):3,510円 ※2本の内1本は小筆なので、人形は出ません。
*人形筆(2本・桐箱入り):6,480円 ※2本の内1本は小筆なので、人形は出ません。
*“赤ちゃんのうぶ毛”で筆を作ってもらえます。一生の宝物になりますね!※納期・価格は要問合せ。
〒651-1401 神戸市北区有馬町1160(神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩7分) TEL:078-904-0761
営業時間:9時~17時30分(水曜が定休)

有馬には観光スポットも充実してます。「ねね橋」、「温泉寺」、「念仏寺」、安土桃山時代より伝わる伝統工芸品「有馬籠」を楽しめる(見るだけでも楽しいですよ!凝っているので値段が・・・)“くつわ”など。

そして散策で疲れたら、スイーツで人気の「Cafe De Beau」で一休みなんてどうですか?

そうそう、有馬の秋の紅葉は素晴らしいです。ぜひ一度訪れてみてください!
arima5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。