「あべのハルカス300」から一望の絶景は感動もの!

 

 「あべのハルカス」は、大阪市阿倍野区に立地する超高層ビルで、阿倍野ターミナルビルの中核を担っています。地上60階建て、高さ300mで、日本一高い超高層ビルであり、平成26年(2014年)の3月に全面開業しました。

 「ハルカス300」はあべのハルカスの展望台の呼称で58階、59階、60階の三層構造になっています。気候条件の良い日には、はるか遠くの六甲山系や淡路島や関西国際空港なども一望できます。特に夜景は驚きと癒しのひとときを与えてくれることでしょう。

大阪に行ったら、必ず一度は天空からの絶景を見ておくべきでしょう!現地に行けるまでの間は下記の動画で、大阪の夜景を楽しんで下さいネ!今からこの「ハルカス300」からも見えるすぐ近くの天王寺公園にある名所・旧跡もご案内します。

・あべのハルカス展望台ハルカス300からの大阪夜景


・天王寺公園から見るあべのハルカス
abeno1

「あべのハルカス」までのアクセス

・電車でのルート
「JR天王寺駅」・「地下鉄御堂筋線天王寺駅」・「近鉄あべの駅」の各駅から徒歩3分

・お車でのルート
「阪神高速1号環状線」にて「夕陽丘ランプ」出口まで。一般道はカーナビをご利用下さい。
※「ハルカス300」の専用駐車場はありません。最寄りのパーキングをご利用下さい。

・大阪の電車ルート・下車駅は【天王寺】
abeno2

天王寺公園を散策し名所・旧跡を鑑賞しましょう!

天王寺公園からゆっくりと、あべのハルカスの高層ビルを鑑賞できます。その高さに圧倒されることでしょう。

◇大阪市立美術館
住友家本邸跡地に美術館建設を目的に庭園の慶沢園とともに敷地を寄贈されて、1936年(昭和11年)に開館しました。

所蔵品には個人コレクションの寄贈または購入によるものが多く、市の購入や市民からの寄付で 8,000点を超える収蔵品が保管されています。

仏教美術、地中海文明美術、中国の絵画や書、日本の絵画、そして金工・漆工・陶磁などの貴重な工芸品を数多く所有する東洋美術の宝庫です。

abeno3

◇慶沢園(けいたくえん)
住友家の本邸庭園で、全国から名石・名木を集めて造園し、10年を費やして完成した広大な日本庭園です。大小3つの島が浮かぶ池の周囲の林間を回遊しながら鑑賞する様式(林泉回遊式)となっています。

大正14年に隣接する旧本邸敷地(現・大阪市立美術館)とともに大阪市に寄贈されました。

・慶沢園(けいたくえん)
abeno4

◇茶臼山古墳(ちゃうすやまこふん)
天王寺公園内(大阪市茶臼山町)にある前方後円墳で大阪府指定史跡に指定されています。

夜景を見ながら食事できるレストラン2店舗

 ◇イタリアンキッチン あべのダイナー
天王寺公園出口から徒歩6分の「ルシアスビル16階」にあります。契約農家の新鮮
野菜と漁港直送の新鮮魚介が自慢の料理でお値段も手ごろです。
ぐるなびーイタリアンキッチン あべのダイナー

 ◇京都北山ダイニング あべのハルカス店
あべのハルカス13階にある 全60種以上のバイキングレストランです。
和食・洋食・中華・飲茶・スイーツなど豊富なメニューでお値段も手ごろです。
ぐるなびー京都北山ダイニング あべのハルカス店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。