食品の機能性表示とは?

 

6月から食品の「機能性表示」制度が実質的に始まりました。この制度自体は4月に始まっており、すでに申請をして表示が認められた商品から順次販売されることとなった次第です。

消費者にはなじみのない表示をされた商品が店頭に並ぶわけですが、ここでこの表示について勉強しようと思います。




機能性表示とは何か

例えば、「骨を丈夫にする」「肝臓によい」「おなかの調子を整える」などの表示が許されることです。対象の商品は野菜や果物、加工食品など広い範囲に及びます。

機能性表示制度が作られた背景

健康志向が強まっており、健康食品をうたい文句にした商品が多く売られていますが、お墨付きを与えることで安心感、信頼感を持ってもらい、ひいては消費の拡大につなげたいとの考えもあるようです。事業者にとっては、差別化を図る好機でもあります。

他の表示との違い

食品の表示に関しては、すでに特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品があります。

特定保健用食品とは、科学的根拠に基づき国が審査を行い、消費者庁長官が許可したものです。

栄養機能食品とは、すでに科学的根拠が確認された栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)を一定量含む食品であれば、届出なしに国が定めた表現で表示できます。

これらに対して機能性表示とは、事業者の責任において安全性、機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届けられたもの。
(事業者にしてみれば、根拠を提出するだけなので独自の実験データが要らず、審査も短期間で済みます)

現在、どのような商品が発売されているか

商品名 機能
ヒアロモイスチャー240(キューピー)

〈サプリメント 通販のみ〉
肌の乾燥を防ぐ
パーフェクトフリー(キリンビール)

〈ビール風飲料〉
脂肪の吸収を抑え血糖値の上昇も穏か
食事の生茶(キリンビバレッジ)

〈飲料〉
脂肪や糖の吸収を抑え、おなかの調子も整える
スタイルバランス (アサヒビール)

〈ビール風飲料とサワー風飲料〉
糖と脂肪の吸収を抑える
アミールWATER(カルピス)

〈飲料〉
血圧の高めの人向け
今後は果物、野菜などの農産物も生産地で検討されているようです。

消費者の視点

機能性表示は手続きが比較的簡単なため、コストが抑えられ販売価格が安くなるとともに商品を選ぶ際の目安になるというメリットがあります。

一方、論文の審査だけで、評価が甘いのではないかと不安の声もあります。消費者向けの説明を消費者庁のHPで確認すると、表示をよく読んだ上で判断してくださいとのことです。それで表示上の特に気になる点を要約すると

①一日に摂取する量、摂取方法を守り、注意事項を確認すること
機能性食品は医薬品ではない。疾病のある方は必ず医師、薬剤師に相談すること
③疾病のある方、未成年者、妊産婦、授乳中の方は対象にしていない

となります。

その他

機能性表示に限らず注意表示をよく読む人は少ないのが実情でしょうが、過度な期待や誤解をしないことが必要だと思います。

今後この表示食品はドンドン増えていくでしょうが、消費者側からの評価はこれからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。