暖房器具の電気代ってどれが安いの?

 

朝晩めっきり冷え込んで来ました。 木枯らしが吹くのも間もないでしょう。ところでこの冬、部屋を暖かく快適に保つには暖房器具は不可欠ですが、準備されましたか?

『“アベノミクス・新アベノミクス”で経済を浮揚!』と、言われても実感が中々わきませんよね。むしろ消費税増税で物価が上がり、異常天候で野菜が高騰と生活は厳しさを増しています。

唯一国際的に原油価格が下がり、灯油・ガソリン価格が下がっているのが救いです。

その様な状況下、これから冬に向かって暖房器具による電気代も気になってきます。

冬の家計に響く暖房費に関し、ライフスタイルに合った暖房器具の選び方・暖房器具のランニングコストについて、最新のエネルギー価格をベースに考え、合せて簡単にできる省エネ対策をまとめて見ました。

寒い おすすめ暖房器具 おすすめ

暖房の基礎知識

1)暖房器具による暖房法には空気自体を温める「対流熱」を利用する器具:
エアコン・ガスストーブ・石油ストーブ・ガスファンヒター・石油ファンヒーターです。

2)暖房器具から出る熱線が当たることで温まる「輻射熱」を利用する器具:
赤外線電気ストーブ・遠赤外線電気ストーブ・ハロゲンヒーター・カーボンヒーター・パネルヒーターです。輻射熱なので電源を切れば熱線がでません。

3)暖房単価試算(2015年ベース):
電気:25円/KWh   1KWh=860KCal
灯油:1,630円/18L(リットル)   1L=8,871KCal
都市ガス:126円/m3   1m3=9,818KCal

これからKCal当たりの単価は次のようになり、灯油が一番安く電気が一番高いのです。
電気:0.0291円/KCal、35.8KCal/円
灯油:0.0102円/KCal、98.0KCal/円
都市ガス:0.0128円/KCal、77.9KCal/円
danbo1

ライフスタイルに合った暖房器具とは?

この暖房費を節約するためには、ライフスタイルに合った暖房器具を選び、一番ランニングコストの安い暖房で冬を乗り切ることが大切です。

1)一人暮らし:
部屋が狭いので輻射熱で温める暖房器具がお勧めです。特に遠赤外線は輻射熱プラス体内の水分子の振動で温まるので、経済的かつ効率的です。エアコンまでは必要ないでしょう。

また電気こたつ・サズの小さいホットカーペット・スポット加温できるホットカーペットも動きが制約されますが、捨てがたい暖房器具です。

長時間暖房と短時間暖房、両者をうまく使い分け利用するのがお勧めです。

2)家族暮らし
部屋全体を暖めるエアコンや、ガスファンヒーター・石油ファンヒーター・ホットカーペットなどがおすすめです。
danbo2
中でもエアコンは電気暖房器具なので、電気代がかさむと思われがちですが、実は大変効率が良い暖房器具なのです。

3)停電時にも暖が取れる暖房器具は必ず備えること
地震・その他災害等で停電が長引く時があります。冬は特に乳幼児には致命傷になります。ファンヒーターでない灯油ストーブもしくはガスストーブは小さくても良いので、備えておきたいものです。

最新型エアコンの優れたコストパフォーマンス!

エアコンは電気式暖房器具ですが、電気を熱に変換しているわけではありません。エアコンの中にはヒートポンプと言う圧縮機があり、これを使って空気を圧縮し、熱を作り暖房に利用しています。
danbo3
最近のエアコンのエネルギー消費効率は、電気をそのまま熱に変換するケースの5.5倍の暖房能力を出す製品もあります。

即ち電気1Kwh=860KCalなので、860×5.5=4,730KCalの熱を発生させるのです。電気代1円当たり35.8KCal×5.5=197KCalと、灯油・都市ガスは足下にも及びません。

エアコンを常時運転しっ放しにすると、空気が乾燥しますので調湿には心掛けなければなりません。しかしガスファンヒーター・石油ファンヒーターの換気対策・火災対策・一酸化炭素中毒対策・灯油の入れ替えなど、厄介な問題を考えると格段に優れています。

その他暖房器具使用時の『知って得する省エネ対策』

暖房器具を使う時、一寸した工夫・実践で暖房効果を格段にUPさせる方法があります。暖房の設定温度を上げるより、はるかに省エネルギー対策ができるのです。
danbo4
1)体感温度をUPさせる為、重ね着・ひざ掛け・厚手の靴下の着用
部屋が寒かったら、活動し易い範囲で服を1枚重ね着することです。“頭寒足熱”といわれるように、靴下は厚手のものを着用します。
これらは暖房費ゼロです!

2)部屋の暖気の循環を積極的に!
暖かい空気は軽いので上に行きます。特にストーブ類では顕著です。ルーバーファン・サーキュレーターを上部に向けて循環させます。

3)冷気の侵入を遮断
窓からガラス1枚だと冷気が侵入し易く暖房効果が半減します。ペアガラス・厚手のカーテンで断熱層を作ります。

4)電気こたつ・ホットカーペットの下には断熱シートを!
床は熱が逃げやすく暖房効果が減じられます。特にマンションに比べ戸建住宅は顕著です。夏は床が気持ち良いですが、冬はカーペットを敷き詰めると暖房効果が上がります。
さらに電気こたつ・ホットカーペットの下に断熱シートを敷くと一層効果が出ます。

賢く工夫して、節約したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。