ハムスターは好きですか

 

ハムスターと聞くと皆さんはどういうイメージをお持ちですか?ペットとして定番の小動物、もしくはアニメやマンガに出てくる可愛い動物を思い浮かべる人もいるでしょう。

最近ではマンションなどの集合住宅などでも飼えるということでハムスターの人気は高まっています。この記事ではそんなハムスターについてお話します。

イースター ハムスターセレクション 400g

新品価格
¥762から
(2015/11/6 16:45時点)

ドギーマン ハムスターのあったかポケットベッド ベージュ

新品価格
¥298から
(2015/11/6 16:46時点)

マルカン ふわふわベッドお徳用12L MR-21

新品価格
¥438から
(2015/11/6 16:46時点)

1.飼い方

ハムスターを飼う前に心がけておくことはまず、ハムスターは夜行性であるということです。つまり、昼はほとんど寝ていて小屋の中でじっとしていることが多く、夜になると活発に活動します。

昼には静かな環境を作ってあげて夜には多少の物音を飼い主が我慢できるのであれば大丈夫でしょう。もちろん、一日中面倒を見なければいけないことはありませんので、部屋を留守にしても大丈夫です。

夏は涼しく、夜は暖かくといった具合に小屋を置く部屋は適切な温度にしてあげて下さい。

次にケージですが、これはペットショップや通販などでハムスター用のケージが売られています。ハムスターの大きさに応じて適切な大きさのケージを購入しましょう。

さらに野生のハムスターは1日に距離にして3キロもの距離を走る活発な動物ですので回し車(ホイール)と呼ばれる運動器具が必要になります。必ず購入してあげて下さい。

またハムスターが飼い主や家に慣れたら、片付いた部屋であれば少しの間小屋から出して散歩させてあげるといいでしょう。

ただし、放っておくと電気のコードをかじったり、狭い隙間に入り込んだりなどしてしまうので、散歩させる時は必ず目を離さないようにしましょう。散歩の時間は10分から30分程度でいいかと思います。

エサを取り替えたり、トイレの砂を替えるときだけ外に出してあげるなどでも良いと思います。ただし、外に出たがらない場合などは無理に出さなくても大丈夫です。

次にエサですが、ハムスターのエサと言えば、ひまわりの種と思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、ひまわりの種は脂肪分が高く、あげすぎると肥満の原因になりますので、1日に5粒程度でいいかと思います。

現在はハムスター用の固形型のエサなども売られていてそれを中心に水を切ったキャベツやレタスなどの葉野菜やにんじん、チーズ、りんご、茹でた枝豆などを適量与えていれば良いとされています。

もちろん、エサは1日1回必ず替えてあげて下さい。特に夏場などエサが腐りやすい時期は餌を替える頻度を増やしたり、部屋の温度や湿度に気を配ったり、腐りやすいものは与えないなどの配慮を忘れずにしてあげましょう。

そして、水分はキャベツやレタスをしっかり与えていればその水分でも十分だと言われています。これは、ハムスターは砂漠地帯出身なので少量の水分でも生きていられるようになっているからと言われています。

ただし、夏場や乾燥しやすい時期などでは水分の野菜を多めに与えてあげるようにしましょう。

それから、エサやトイレの砂は必ず1日1回は替えてあげるようにしましょう。ハムスターは生まれて間もない時からトイレの位置を決めてそこでしかできないという習性があるくらい、非常に清潔を心がける動物です。

飼育環境を清潔にしてあげることで健康に過ごせる事にもなりますので、エサやトイレの砂などは替えてあげて、ケージも月に1度はしっかりと掃除してあげて下さい。

寿命は種類にもよりますが約3年前後と言われています。しかし、清潔に飼っていれば病気もせずに長生きして5年ほど生きる場合もあります。
ham2

2.種類、お値段

ハムスターにも種類があります。種類によって大きさや性格、飼いやすさも変わります。今回はペットショップなどでよく売られているハムスターをご紹介しましょう。

1.ゴールデンハムスター
ハムスターの中でも大型で頭もいいです。よくアニメなどに出てくるハムスターはこの種類です。

比較的人になつきやすく、エサをあげる人にはなついてくれるはずです。信頼関係がしっかりすれば手の上でも眠ってしまうほど人懐っこい種類のハムスターです。

大きさは体長は15~20センチほどで体重は100~250グラムほどになると言われています。

先に触れたとおり、非常に温厚な子が多いので初心者にはオススメのハムスターです。

2.ジャンガリアンハムスター
ハムスターの中では小型の種類です。最近は世界中で飼われていて、人気も高い種類です。体長は7センチ~13センチ、体重は30グラム~40グラムほどです。

性格は温厚なものから少し獰猛なものまで差が激しいのでハムスターを飼ったことがある人など、ある程度の経験がある人じゃないと難しいかもしれません。

3.ロボロフスキーハムスター
ペット用としては最小のハムスターです。体長は大きくても10センチほどです。

しかし、臆病でなつきにくく、何でもかじる習性があるので、迂闊に手を出すと噛み付かれてしまうので観賞用のハムスターです。

値段については、どのハムスターも、高くても2000円ほどだと思います。ただし、デパート等では若干高めの値段になるため、飼うのであればペットショップなどで買われることをオススメします。

ホームセンターなどではかなり安く売られてはいますが、ワケありの場合が多く、初心者の方にはオススメしません。

選び方としては、ハムスターは夜行性であるため、昼間は寝ていますから、夕方頃に見に行くといいと思います。

元気そうな子を選べばいいと思いますが、夕方に見に行っても端っこで眠っていたり、しっぽが汚れていたり濡れている場合や、毛並みが悪い子や、大きすぎる子、怪我をしている子などは避けたほうがいいと思います。

出来れば、買う前に、飼いたいと思った子のお尻を見させてもらって、お尻が綺麗かどうか、濡れてないかなどを確認出来ると良いですね。

また、オスかメスかを迷っている人もいらっしゃるかと思いますが、最初に飼う時はオスのほうがいいと思います。メスは少々気難しい面があるので、オスのほうが飼いやすいです。

気に入った子がオスかメスかわからない場合は店員さんに聞けば大丈夫だと思います。

3.気をつけること

ハムスターは雑食でなんでも食べますが、中には食べてはいけないものもあります。

ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクなど溶血を起こすもの、お茶やコーヒー、チョコレートなどに含まれるカフェインが入ったもの、じゃがいもの芽や皮、アボガドなどやアルコールの入ったものは与えてはいけません。

先にも触れたとおり、ひまわりの種もあげすぎると肥満の原因になりますので、数を制限してあげたほうがいいでしょう。

次に病気ですが、ハムスターも病気になります。そうなると動物病院に連れて行くことになると思いますが、中にはハムスターを診ることが出来ない病院もありますので、まずは診てくれる病院をしっかりと予め探しておきましょう。

ハムスターは小型であるので人間にとっては軽い病気でも重症化してしまう危険があります。特に注意したいのは下痢でしっぽが汚れていたり、トイレを見て下痢の徴候が見られるならすぐに獣医さんに診てもらって下さい。重症化してしまうと命にかかわることもあります。

そのため、エサの量やエサが傷んでいないかなどにはしっかり気を配り、清潔に飼うようにしましょう。

最後に、これだけは必ず守って欲しい事があります。ハムスターを複数買う場合は必ず飼う数と同じ数のケージを準備してあげて下さい。

人気の高いゴールデンやジャンガリアンは縄張り意識が強く、同じケージで買うと大げんかをし、最悪の場合は殺傷及び、捕食してしまいます。

それを防ぐためにも、初めて飼う場合は、1匹だけ飼って、慣れたら数を増やして飼うことをオススメします。
ham3

いかがだったでしょうか?

ハムスターはとても人懐こく、飼いやすい動物です。最近ではまたハムスターブームも再来しており、注目されている動物です。興味がある方はペットショップで覗いてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。