プリンター 2015

 

家で、職場で、プリンターを使って文書や写真を印刷することがあります。長く使っていると新しいプリンターが欲しくなったり、パソコンの買い替えに合わせて新しくしたいと思ったりするものです。

電器屋さんにたくさん並んでいるプリンターの中で、どれを選んだらよいのでしょうか。

1.選ぶポイント

ちょっとした書類を自宅で作成して持ち歩きたい、たまに出かける旅行のためにお得情報を印刷したい、などなど、ご家庭ごとにプリンターの使用頻度や欲しい機能は変わってくるはずです。

ただ高性能なものを選べばよいというわけではなく、必要にかなった機種をお手頃価格で手に入れたいものですが、どこを見れば良いのでしょうか。幾つか、最新プリンターの機能を調べてみましょう。

まず挙げるのは、スマートフォン・タブレットとの連動です。専用アプリから無線LANを介して、あるいはオフラインでもWi-Fi検索の機能を利用して、さらにはNFC(近距離通信)搭載であればかざすだけで、文書や写真のデータを送ることができます。

この機能が追加されたため従来の有線LANが挿せないプリンターもありますので、買い替えの方は特に注意が必要です。

ビジネスを加速するレーザー複合機 新Satera MFP 【キヤノン公式】


次に挙げるのは、インクジェットプリンターのインクの種類と品質です。主に写真を印刷するという方は、仕上がり具合が気になるのではないでしょうか。

原色と呼ばれる青・赤・黄色に黒色を合わせて4色が、プリントのために必要となります。しかし最近のプリンターは、淡い色目や光沢を表現するために6色や8色、写真プリントに長けたものは12色ものインクを用います。

文字の印刷も、にじまずくっきりとした仕上がりになるよう顔料インクを用いるタイプが増えています。

もう一つ挙げることができるのは、高速・連続印刷での仕上がりです。数年前からこの機能は重宝されてきましたが、印刷が飛んでしまったりにじんでしまったりと、悩まされた経験のある方もいらっしゃるかもしれません。

給紙性能の向上が図られ、用紙にかかる圧力が均等になるよう調整され、前年のものに比べても明らかに改良されていると言えます。

ここまで、プリンター選びの基本となる3つの点を取り上げました。『大は小を兼ねる』とは言うものの、使わない機能のために高額なプリンターを購入したくはありません。

今までと同じように、そして今後さらに使っていきたい便利な機能についてよく知り、その機能を搭載しているプリンターを選べるようにしたいものです。

一言にプリンターといっても、単純に文書や写真を印刷できる機種もあれば、コピーやスキャン機能を併せ持つ「複合機」と呼ばれるものもあります。

家庭用のコンパクトでスタイリッシュなものからビジネス用の大容量なものまで、そのサイズや形は様々です。どのメーカーのどの商品が自分にとって最適なのか、よく調べて選ばなければいけません。

2.メーカー比較

たとえば、家庭用のプリンターで普段は写真やはがきの印刷、時には仕事の書類をコピーできるようなものというと、どんな機種があるでしょうか。

ブラザー工業では、インクジェット・複合機の高性能シリーズを家庭用に販売しています。「DCP-J957N」は、基本的なプリント・コピーの機能を備え、CDやDVDのレーベル面に印刷することもできます。

brother A4インクジェットプリンター複合機/黒モデル/10/12ipm/両面印刷/有線・無線LAN/ADF DCP-J957N-B

新品価格
¥11,480から
(2015/11/12 14:23時点)

BROTHER インクカートリッジ お徳用4色パック LC111-4PK

新品価格
¥2,684から
(2015/11/12 14:22時点)

brother A4インクジェット複合機(両面印刷/有線・無線LAN/ADF/手差しトレイ/レーベル印刷/ホワイト) DCP-J963N-W

新品価格
¥15,354から
(2015/11/12 14:23時点)


有線/無線LANに対応しているので、使用用途に応じて家の中のどこででも印刷可能となります。必要となるインクは基本色の4種類のみですが、印刷時のインクサイズを最小で1.5pl(ピコリットル)と細かくすることで、なめらかな画質を実現しました。

ブラザーインクジェットプリンター DCP-J957N-B/W


セイコー・エプソンがおすすめする家庭用プリンターは「EP-808A」です。まず、この機種は外観のカラーがブラック・ホワイト・レッドと3色あり、部屋のインテリアに合わせて置くことができます。

EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-807AB 無線 有線 スマートフォンプリント Wi-Fi Direct ブラック

新品価格
¥13,800から
(2015/11/12 14:25時点)

EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-707A 無線 スマートフォンプリント Wi-Fi Direct

新品価格
¥7,554から
(2015/11/12 14:26時点)

EPSON(エプソン)用純正互換インク IC6CL80L 残量表示機能付【HIGH-FIVE・STORE製】 (6色セット)

新品価格
¥1,389から
(2015/11/12 14:26時点)

そのサイズは幅が39cm・奥行きが34cm余りと、他のプリンター複合機と比べてコンパクトな設計になっています。

操作するためのカラーディスプレイは4.3インチと大型で、スマートフォンのような感覚で写真の選択や印刷の実行などを行なうことができます。

使用するインク数は6色で、基本の4色に加え淡い青「ライトシアン」と淡い赤「ライトマゼンタ」が含まれています。そのおかげで、写真の印刷では光の強弱が鮮明に描き出されます。

キャノン株式会社の製品の中で、コストパフォーマンスが優れているのが「PIXUS MG5730」です。価格を抑え交換頻度も減らせる大容量の純正インクと、専用のL判用紙を用いて写真を印刷した場合、一枚当たり15.1円になるという試算が発表されています。

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG7730 BK ブラック

新品価格
¥22,643から
(2015/11/12 14:28時点)

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG7530 BK ブラック

新品価格
¥12,880から
(2015/11/12 14:29時点)

(ZCC370BCL)ゼクーカラー、キヤノン用(BCI-371/BCI-370対応)詰め替えインク 5色セット(器具付)

新品価格
¥3,430から
(2015/11/12 14:29時点)


家庭で写真を印刷するメリットのひとつにはコストを下げることもありますから、この機種はとても優れていると言えるでしょう。

また、コストだけではなく「美しいプリント」をテーマとして、撮影されたシーンごとに最適の光量と色彩を適用して印刷します。

文字用の黒と写真用の黒とを分け5色がセットされたインクは、写真上で柔らかく深みのある黒を作り出します。

さらに、「定型フォーム印刷」の機能には、レポートやスケジュール用紙、方眼紙、五線譜、漢字練習帳など合計14種類ものテンプレートがあり、必要な用紙を自宅でスムーズに印刷することも可能です。

『プリンター選びは検討することが多くて、思いのほか大変そうだ』と感じられるでしょうか。確かに簡単ではないかもしれません。それでも、納得のゆく製品を探すことで、ストレスを感じることなく快適に使用できます。

そして、時間をかけて選び抜いたその機種をできるだけ長く使うことで、よりおトクな買い物をしたと言うこともできます。ぜひ、じっくりとご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。