驚きの美術館!大塚国際美術館

 

ポカリスエットで有名な大塚製薬が建造した日本で最も大きい美術館であり、入場料の最も高い美術刊を知っていますか?女優の水野真紀さんや横綱白鵬関の結婚披露宴会場として使用されたことでも有名ですえよね!

徳島県鳴門市の鳴門公園の中にあり、年間22万人以上の来場者数を誇る「大塚国際美術館」はとても人気のある美術館です。

1.大塚国際美術館の魅力

大塚国際美術館の中に展示されている絵画はなんと全て複製でつまりレプリカなんです!本物は一つにありません。

大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊な技術を用いて世界中の絵画を陶器の板に原寸で焼き付けています。この技術は風水害や色彩の退行に非常に強いことが特徴で約2,000年以上そのままの色と形が保存することができるそうです。

大塚国際美術館に展示されている絵画は1,074点で、実際に手で触れることができたり、写真撮影も可能なんです!
otuka4
美術館は地下3階から地上2階までの約4キロあり、1日で回るのは難しいので、何回かに分けて鑑賞すると美術館全体を知ることができます。

また、6月には第九コンサート、12月にはクリスマスコンサートや家族向けのワークショップなど季節に応じたイベントがたくさん計画されているんです!さらに、毎月2組限定でスクロヴェニール礼拝堂で挙式が可能です。

お子様にも人気なのが「アートくん」というロボットです!自分の顔をロボットに認識させると自分に似た名画の人物を探してくれるんです!

2.大塚国際美術館、更なる魅力

大塚国際美術館には、1,000点余りに及ぶ名画の数々が展示されています。西洋美術をより深く、楽しく理解できるように、展示方法にも工夫が凝らされています。

特徴的な展示方法のひとつが、「環境展示」です。古代遺跡や教会などの壁画を、本来置かれていた空間ごとダイナミックに再現した、臨場感を味わえる立体展示です。

バチカンのシスティーナ礼拝堂や、イタリアのスクロヴェーニ礼拝堂、フランスの聖マルタン聖堂などが再現され、壁画や天井画を現地さながらの雰囲気で楽しむことができます。

また、古代から現代に至るまでの西洋美術の変遷を知ることのできる、「系統展示」もなされています。古代から始まり、中世、ルネサンス、バロック、近代、現代と時代の流れに沿ってたくさんの作品が並べられています。

レオナルド・ダ・ヴィンチやゴーギャン、ピカソといった有名な画家の絵も多く展示され、だれもがよく知る絵画が描かれた時代背景についても考えることのできる、特別な空間となっています。

「テーマ展示」と銘打って、人間にとって根源的な、また普遍的な主題に沿って描かれた、古今の画家達の代表作も展示されています。時代の移り変わりと共に変化する、それぞれの表現方法を比較して鑑賞することができます。

たとえば、空間表現であったり、家族や食卓の情景であったり、だまし絵の技術だったり、様々な要素を見比べることによって、美術界の歴史を感じ取ることができるわけです。

HD 大塚国際美術館 徳島県鳴門市

3.アクセス

開館時間:9時30分~17時まで
休館日:月曜日(8月は無休、お正月明けのい連続休館日があります。)
入館料:小中高生540円、大学生2,160円、大人3,240円。
ローソンチケットなどで購入することができます。

無料駐車場があり約340台駐車することができますが、駐車場から美術館まで距離があるので駐車場から美術館までは無料のシャトルバスを利用することになります。

※ベビーカーの貸し出しあり。

徳島駅から徳島バス→「大塚国際美術館前」下車。
高速バス「鳴門公園口バスストップ」下車→徒歩数分。
神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」から約3分。

4.近くの観光スポット

otuka3
徳島県鳴門市には、たくさんの宿泊施設があります。リーズナブルなホテルから、旅館やリゾートホテルまで、ご旅行の予定に合わせて選ぶことができます。天然温泉や魚介料理を楽しめるプランも施設ごとに設定されています。

鳴門市と言えば、有名な渦潮の見られるところでもあります。大鳴門橋の橋桁に設置された「渦の道」という遊歩道は、450m先の展望室まで海上散歩を楽しめる観光スポットです。

ガラス張りの展望室に入ると、太平洋側、瀬戸内海側ともに見渡すことができます。また、足元のガラス床からは、鳴門の渦潮を約45mの高さから見物できるようになっています。

鳴門の渦潮をさらに間近で見たいという方は、遊覧船に乗って鳴門海峡を巡回できる「うずしお汽船」がおすすめです。とはいえ、渦潮は潮の満ち引きによって発生する自然現象ですので、見られずに終わってしまう可能性があることもご承知おきください。

世界の美術史について知れる大塚国際美術館をゆっくり観覧して、さらに瀬戸内ならではの光景をも目にすることのできる、鳴門市の魅力をぜひご堪能ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。