ゴスペルしよう!

 

「ゴスペル」で思い浮かぶのは、黒い服を着て教会で身体を揺らしながら?集団で歌う人達・・・もちろん、その歌声は聴く者の心を揺さぶるほど素晴らしいです。ゴスペルって何かの略語?調べてみました!

アメイジング・グレイス

新品価格
¥1,650から
(2015/11/20 16:18時点)

ゴスペル コーラスレパートリー ベストセレクション

新品価格
¥2,160から
(2015/11/20 16:19時点)

ドゥ・ザ・ゴスペル! (改訂版) ゴスペル、はじめの一歩! (ヤマハムックシリーズ 75)

新品価格
¥1,728から
(2015/11/20 16:19時点)

1.「ゴスペル」の始まりは?

ゴスペル(Gospel music)は、アメリカ発祥の音楽、もともとキリスト教プロテスタント系の宗教音楽。ゴスペルは略語ではなく、英語で福音とか福音書を指すようです。

では、福音とは何?っていう新たな疑問が…『福音』=『良い知らせ』=『good news』。クリスチャンは、キリストの教えを知った段階で、既に救われたと信じることができるそうです。

つまり、福音書を読んで、信仰が始まった瞬間に、自分は救われたと感じることができるのです。その書物のことを『福音書』=『良い知らせの本』というのだそうですが、難しいです。

また、ゴスペル(Gospel)を、God Spell →Good Spell(良い知らせ)が変化した言葉だという説もあるようです。日本語では、福音(=良い知らせ)と訳されるのは同じみたいですね。

◆「ゴスペル」の歴史
奴隷としてアメリカ大陸に連行されたアフリカ人が、独自の言語・宗教などを全て剥奪されたのは、あまりにも有名ですよね。

その苦しい状況下でも、彼らは救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、キリスト教に回心し、神に独自の賛美をささげるようになったのです。こうしてアフリカ特有のリズム、ヨーロッパ賛美歌などの音楽的・詩的感性が融合して、現在のゴスペルの基調となる音楽が生まれたとのことです。

ジャズやロックなど様々なジャンルと結びついてその音楽性は今も進化し続けているそうですよ!
◆ソウル・ミュージックとの違いは?
1950年~1960年代の初期にかけて、アメリカでアフリカ系アメリカ人のゴスペルとブルースから発展しできた音楽。

黒人由来の音楽がポピュラー・ミュージックとして広く認知されるようになって、ソウル・ミュージックと自然発生的に呼ばれるようになったようです。ソウル・ミュージックは大衆音楽であり、流行歌でもあるんですね。

◆「ゴスぺル」のソロってあるの?
黒人教会において歌われるゴスペルにはいくつかの種類があります。プレイズ・ソング、ワーシップソング、インスピレーショナルソング、オルターコールソングなどです。

その中でも、インスピレーショナルソングは牧師の説教の前に聖歌隊(クワイヤー)によって歌われる ものです。人々に励ましのメッセージを与える趣が強いのがインスピレーショナルソングの特徴です。

聖歌隊の中でもソロシンガーによるパートがあるのも特徴で、優れた歌唱能力をもつ歌い手によって歌われます。(映画「天使にラブ・ソングを2」でゴスペルをソロで歌うシーンがイメージです!)。

※ここで、一気に舞台を日本に移しましょう!

2.日本にも「ゴスペル」のスクールはある?

◆「ゴスペルスクエア」って?
GOSPEL SQUARE(略称:GQ)、誰でも気軽に集まって楽しくゴスペルを歌って帰れる場所です。
現在、10代から70代まで、「歌が大好き」な人たちが集まってゴスペルを楽しんでいるようです!

東京都渋谷区渋谷3-7-1 ヒラゼンビルB1(東口から徒歩2~3分)

★“歌う”という活動で集まったお金の一部を世界の貧しい人々の生活改善を支援するための国際協力活動に使っているそうです。

会費から毎月200円/人を積み立て、そのうち150円は国際協力プロジェクトに、50円は視察経費にあてたり、その他チャリティーイベントを通じた支援も行っているとのこと。

自分達が楽しく歌うことで、世界の誰かが助かるなんて素敵な事ですよね!

❖料金は?
月会費2500円+プログラムチケット600円 入会金:10,000円
月会費が継続されている限り“チケット”は有効。参加ペースやお休みは自由です。

*この中から毎月200円が国際協力活動へ使われます。
*Programチケットプログラム参加毎に1枚(黒人インストラクターのプログラムは2枚)必要です。
*アクセスマップ・プログラムです。http://gospel-sq.com/about/access.html

◆「ゴスペル」スクールは東京だけではありません!
❖ゴスペルを楽しみながら学べる場所:大阪・神戸にあるゴスペル教室「F-COMMUNITY」
大阪市北区野崎町3-2 平成AYビル901
お問い合わせ先:06-6311-3232

❖Kyoto Oasis Gospel Choir
2009年の5月に京都市北区に開校したゴスペル教室です。
『オアシスサロン』京都市北区小山初音町8

❖横浜ミュージックサロン
神奈川県横浜市西区北幸1-1-8 エキニア横浜(旧東洋ビル)6F
TEL:045-290-3008

※ゴスペルのスクール・サークルは本当にたくさんあります。近くの教室を探して、まず体験してみましょう♪

3.「ゴスペル」って日本にどのくらい認知されてるんでしょう?

◆「ゴスペル甲子園」だってあるんです!
「ゴスペル甲子園」は、一般公募による全国ゴスペル音楽コンテストです。『ハッピーミュージック』が主催しているコンテストの一つですね。音源審査には30数組の応募があるようです。

*まず、音源審査があります。クワイヤ部門とボーカル部門に分かれています。

*二次予選があります。

*本選となります。

2015年は、8月23日(日)に【YOKOHAMAゴスペルフェスティバルVOL.08 横濱ゴスペル祭2015】として、神奈川県民ホールで本選が行われました。

ゴスペル甲子園 横濱ゴスペル祭 決勝戦 Joy To The World – BeFree Gospel Choir

※素敵ですね~♪

◆銀閣寺・哲学の道近くにそれはそれは素晴らしい洋館がある!
京都府京都市左京区浄土寺上南田町36  075-751-9380 ← ゴスペル聴けなくても行ってみたい!

京都銀閣寺≪喫茶GOSPEL≫


◆結婚式にゴスペルシンガーを!
ゴスペルドットコムというサイトでは最高に楽しくてハッピーな演出、「ゴスペル・ウェディング」を提案してくれるみたいです。

❖料金の目安
男声ソロ歌手 ゴスペル・ソロシンガー 90,000円(税抜)
女性ソロ歌手 ゴスペル・ソロシンガー 90,000円(税抜)
ソロ弾き語り ソロ弾き語り 100,000円(税抜)
デュオ 男女2名編成 160,000円(税抜)
※決して、お安くはないですね・・・

※上のサイトとは関係ないですが、雰囲気は盛り上がりますね!

Oh Happy Day ゴスペル挙式 コーラスバージョン


ヒーリング・ゴスペル~プレミアムというCDには“アメイジング・グレイス”が収録されています。私個人としては、癒されたいので良いな~なんて思います

奴隷制度という悲しい状況からうまれたからこそ、今でも人々を時には励まし、癒し、幸せな気分にしてくれる音楽なんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。