水垢を落とすには

   2015/12/08

水のある所に“水垢”あり!っていうかんじでしょうか?!普段放っておいて、ふと気になると、ワッ!何これ・・・みたいな存在の“水垢”。こまめに掃除しておけば良いだけなんですけどね~。

見なかったことにするのも限界が!ガチガチに石化してしまう前になんとかせねば!
mizuaka1 mizuaka2

1.「水垢」ってなに?

水垢の正体は、水道水に溶けた『カルシウム』や『マグネシウム』などの残留物質です。これらの成分が、濡れることと乾くことの繰り返しによって、鏡や金属にたい積していきます。これを長い時間放置しておくと、あの頑固な汚れになってしまうのです。

2.「水垢」を掃除しましょう!

mizuaka3
❖じゃがいもの皮でこする。
じゃがいもの皮を厚めに剥き、皮の裏側で水垢部分をこすります。まんべんなくこすったら、新聞紙で浮き出た「水垢」をふき取り、水で流しましょう。これだけでOK!

じゃがいものでんぷん質が化学変化を起こして、水垢の成分を分解するらしいです。どの家庭にもある食材で、おまけに捨てちゃう部分を使ってできる経済的かつ簡単な方法ですよね。

mizuaka4
❖酢スプレーを作りましょう。
スプレー容器に、水と酢を1:1の割合で溶いておきます。これを水垢にまんべんなくスプレーし、使わなくなった歯ブラシでこすります。蛇口の付け根など、狭い部分にとても有効なんです。

また、鏡など面積の広い部分には、酢スプレーをした上から湿布のようにラップを貼り付けます。半日ほど放置し、水拭き→乾拭きすれば水垢がスッキリ!

❖クエン酸水スプレーを作りましょう。
クエン酸には「水垢」や「カルキ成分」を分解する働きがあります。バイ菌の繁殖を抑える効果や消臭効果もあります。

材料:水…100ml クエン酸…小さじ1/2
スプレーボトルにクエン酸小さじ1/2を入れ、水100mlを入れます。よく振って完成!

※酢やクエン酸スプレーは、トイレの水タンクや鏡の“うろこ汚れ”の掃除に重宝します。

❖「重曹」を使って、簡単浴槽掃除。
気がつくと水垢の筋ができている浴槽!ショックです。浴槽は、毎日使用した後にササッと掃除するだけで、汚れが目立たなくなります。

*お湯を抜いた浴槽の汚れを、熱いシャワーで流す。
*スポンジに浴室用中性洗剤を2~3回プッシュして、円を描くようにこすり洗いをする。
*最後にシャワーで流した後、できればタオルなどで水気を拭きとる。

でも洗剤で手が荒れるし、毎日掃除できないから悩んでるんですよね~!そこで重曹登場です♪

①残り湯に重曹を1カップいれて混ぜます。
②風呂イスや桶を残り湯にいれておくと一緒に汚れを落としてくれます。
③一晩放置して湯を捨て、浴槽や一緒に浸けていたイスをスポンジでこすると汚れが簡単に落ちます。

mizuaka5
それでもダメな頑固者には、『重曹ペースト』の出番です!

①重曹2:水1を混ぜて重曹ペーストをつくります。
②重曹ペーストを気になる箇所に塗っていき、その上にラップをかけて、30分程放置します。
③ラップをはずし、スポンジで優しくこすって汚れを落とします。


重曹には研磨作用や、湯垢などの酸性の汚れを落とす効果がありますが、こすり過ぎると浴槽を傷つけてしまうので気をつけて下さい。

※注意事項
研磨作用のあるクリームクレンザーなどを頻繁に使用したり、メラミンスポンジを使用すると、逆に浴槽を傷つけてこすった跡が残ってしまいます。やわらかいスポンジを使用するようにしましょう。

さてここまでのグッズ?を使って、一番気になるキッチン『シンク』の掃除です!
mizuaka6
シンク全体に直接重曹をふりかけ、少し置いてから水垢が付いているところからスポンジでこすります。

これでもだめなら、クエン酸を使います。シンクにお湯を張って、クエン酸を溶かします。濃度は、シンクの大きさや水垢の汚れの程度によりますが、瓶の半分くらいは使ってください。※くれぐれもヤケドに注意!

①シンクに栓をして、空の状態でクエン酸をまんべんなくシンク全体に撒きます。
②できれば一番熱い状態にしてシンクにお湯を張ります。できるだけ上までお湯を張ります。
③シンク全体をよくかき回します。これで後はお湯が冷めるまで待ってください。
④ 冷めたら水を捨てて軽くスポンジでシンクをこするだけで水垢は落ちます。
※クエン酸が残らないように、シンク全体をよくすすいでください。


◆愛車も気を付けましょう。
雨が降った後や洗車をした後に斑点もしくは鱗状の白い跡の事を「イオンデポジット」と言います。水にはミネラル成分が含まれていますが、急激な熱により水分のみ蒸発し、ミネラル成分がボディに残り白い輪のような跡が残ります。

すぐに除去しないと次々にたい積し、さらに紫外線により酸化していき塗装面を侵食していき、指で触れば分かるほどになってしまいます。そうなった場合は、ポリッシャーでの処理が必要になります。

◆スゴイ洗剤、茂木和哉の動画です!
茂木和哉のご紹介【コパ・コーポレーション】

3.水垢と間違えやすいもの。

◆赤い(ピンク)の汚れは?
お風呂場の、あの赤っぽいヌメリはカビ?石鹸のカス?水垢?実は、この赤い汚れは「グラム陰性桿菌」という種類のセラチア菌が作り出している可能性があります。他の説ではロドトルラという酵母が原因だという説も。

どちらにしても、大した害はなくても、清潔にする場所なのに汚れがつくようで嫌ですよね。スポンジでこすり取れば汚れは落ちます。エタノール、酢、重曹水などが掃除に効果的です。

◆お風呂の浴槽の青い水垢(ライン)はなに?
銅管の銅イオンが溶けたもので、少量ならば毒性は低いそうです。銅管は、お湯の管に使われています。 水とお湯が別々のカランならば、カランの先にフィルターを付ければ多少ましになるのでは?

まず、水垢を発生させないように、日頃からこまめな掃除、換気に気を付けましょう。いろいろ調べているとヒットした「水垢離」。滝の下で修行しているアレです。こんな漢字なんですね。自分についた過去の水垢を落とすために、冷水をかぶるのでしょうか?

現代は、ストレス社会!実際毎日私たちの心にも、知らず知らずのうちに「水垢」が付いているかもしれません。『激落ちくん』で簡単に落とせるものではないですよね。家の掃除が終わったら心もリフレッシュしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。