包装 どうすればいいの?

   2015/12/08

私たち日本人には当たり前の個別包装。お土産屋さんだと“人数分の手提げビニール”も付けてくれます。贈り物を包まずに「裸で渡す」なんて考えられません…が海外の人には“オーバーパッケージ”と見られることもあるようです。(映画「ラブ・アクチュアリー」の過剰包装シーンは監督が日本の会社のデパートで過剰包装でイライラしたのが元になっています)

包装ではないですが、日本でパンを買うと、まずパン一個ずつ(クリームやシュガーがついていれば100%)ビニールに入れ、それをまとめて大きめの手提げビニールに入れます。お店によっては、パンの数が多ければ手提げビニールを入れる“紙袋”まで登場します。

惣菜は“温かいもの”と“冷たいもの”を別々に分けて入れる。どちらも日本独特の「お・も・て・な・し」なのでしょうか。

透明OPP袋(透明封筒)テープ付 225×310 フタ40mm ≪A4用紙/DM用≫ 30ミクロン 【100枚】

新品価格
¥320から
(2015/12/2 14:59時点)

トコトンやさしい包装の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

新品価格
¥1,512から
(2015/12/2 15:00時点)

【GIFT】 外国の新聞紙風プリント クラフト紙 おしゃれでかわいい 包装紙 お花やプレゼント・ギフト商品のラッピングに! 英字 包装紙 10枚 (Beige X Black)

新品価格
¥680から
(2015/12/2 15:00時点)

1.「包む」ということについて

日本に、布が存在するようになって「包みもの」の歴史が始まるわけですが、奈良時代ころまでさかのぼります。

◇右包み・左包みとは?奈良時代から受け継がれる「包み方の伝統」
季節や慶弔時の贈答品を包む時、祝儀は右包み、不祝儀には左包みで贈ります。

こうした包みの作法は、なんと養老3年(719)に定められた法令が元になっているようです。着物は、右前を下に、次に左前をその上に重ねます。そしてその逆は、縁起の悪いことを意味するようになりました。

現在、風呂敷や包み袱紗を使って贈りものをする時、例えば結納目録や婚礼内祝を包む紋付風呂敷は、結ばず平包みで右包みとし、香典や弔用供物は左包みにしています。

*右包み…慶事(喜ばしい場面)
hoso1

*左包み…弔事(悲しい場面)
hoso2

◇「風呂敷」は変幻自在!こんなものまで包めちゃうんです。

❖一升瓶を風呂敷で包みましょう…風呂敷もプレゼントになりますよね!
日本酒を風呂敷で包もう! – しずく屋の「おさけテレビ」


hoso3 hoso4

❖ワインも包めます…パーティーにぴったり!
越伊勢丹 ふろしきの包み方/ワイン包み

2.包装(ラッピング)について

◇包装にも間違えてはいけない決まりがあります。
風呂敷同様、包装も慶事(祝い)か、弔事(お悔やみ)かで包み方が異なります。慶事は結婚式や内祝いなどのお祝い事全般、その他の贈り物も全て慶事の包み方をします。

※注意しなければならないのは、弔事(お悔やみ)の時だけは包み方が異なるということです。
とりあえず、慶事包みをしっかりと覚えておきましょう。両方覚えようとするより片方を!
hoso5

❖慶事の包み方(キャラメル型)
*片方の紙を中心に合わせる。
箱の裏面を上にして紙の中央に置きます。右側の紙を箱の中心に合わせ、左右が均等になるようにします。

*箱の中心で紙を留める。※1
右側の紙を一度戻してから箱を中央に置き直し、左、右の順に紙を合わせてセロハンテープで留めます。

*閉じ口に折り目をつける。
側面の紙を箱の縁に合わせてきっちり折り、できた斜めのラインに折り目をしっかりとつけます。

*.閉じ口を留める。
閉じ口は※1で左右を合わせた側を先に折り、残りの一方を後に折り込んで、シールやセロハンテープで留めます。反対側も同様に折り込み完成です。

◇オリジナル包装紙も増えてます。
近頃、お洒落なラッピング用の包装紙を見かけますよね!記念日やイベントのプレゼントはラッピングも凝りたいです。特色包装紙、不織布包装紙、片ツヤクラフト用紙、更紙、ラップ用紙などにも印刷OKみたいです。

◇いろいろなアレンジのラッピング
❖円柱形の物を包みましょう!
hoso6

包み方講座4-円筒形の包み方


❖大きなぬいぐるみのバルーンラッピング!
神業!?ぬいぐるみが風船の中に入る・・・


❖綺麗にリボンを結びましょう!
【ラッピングレッスン】片側プリントリボンの十字がけの仕方


今は、割物を包む緩衝材の“プチプチ”も100均で売ってます。袋状になったものや、“プチプチ”が入った封筒もあって便利です。日本人って本当に包むのが好きなんですね~

デパートで買い物をした時の店員さんの見事な包装!最後がピッタリと箱の真ん中に来ますよね。テープも最後の一枚でピタリと留めて、シワひとつなし!さすが包装大国日本!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。