ソーラー電波時計のメリット・デメリット

 

dnpa1
仕事をしているときも、休日の出かけ先でも、正確な時刻を知りたいと思うときがあります。まだ約束の時間ではないと余裕に構えていたら時計が止まっていた、とか、少しずつ表示される時間が早まってしまうので時報を聞いて合わせなければいけない、といった経験があるでしょうか。

いっそのこと、そういった手間を楽しむというのもひとつの手ではありますが、「ソーラー電波時計」をうまく活用することもできます。

[カシオ]CASIO 腕時計 WAVECEPTOR 世界6局電波ソーラーウォッチ WVQ-M410DE-2A2JF メンズ

新品価格
¥14,100から
(2015/12/11 13:39時点)

[カシオ]CASIO 腕時計 WAVECEPTOR ウェーブセプター ソーラー電波腕時計 MULTIBAND6 WVA-M630D-2AJF メンズ

新品価格
¥9,359から
(2015/12/11 13:40時点)

[カシオ]CASIO 腕時計 WAVE CEPTOR ウェーブセプター タフソーラー 電波時計 MULTIBAND 6 WVQ-M410-1AJF メンズ

新品価格
¥9,140から
(2015/12/11 13:40時点)

1.ソーラー電波時計のメリット

denpa2
ソーラー電波時計とはその名の通り、太陽光などの光から充電し、定期的に標準時刻の電波を受信して合わせてくれる、大変便利な時計です。

表示はデジタルだけでなくアナログのものも、壁掛けや置き時計、腕時計まで形も様々です。好みに合わせてデザインを選んで使うことができます。

電池式や自動巻き・手巻き式のものと比べて、どんな点が違うのでしょうか。まずはメリットに目を向けましょう。

ソーラー充電により、電池交換の手間が不要になります。太陽光に限らず、室内の蛍光灯などでも充電されます。大切に戸棚にしまっておいて、いざ出してみたら止まっていたという話も時折聞かれますので、使いたい日の前日から窓際に置いておきましょう。

製品にもよりますが、止まっている、つまり充電切れの状態からフル充電するまでに5~6時間かかるとされています。蛍光灯の明かりだけであればさらに長い時間が必要になります。

この点は、腕時計を毎日のように使う方や、日当たりの良い部屋に時計を設置されている方には、何ら気にならない部分かもしれません。

日本の標準時刻というのは東北の福島局と九州局の2ヵ所から、それぞれ半径900㎞ほどの範囲に送信されています。国内であればどこでもその電波を受信することができ、いつでも正確な時刻が表示されます。

電波時計には、定時受信と強制受信という機能があります。定時受信は、毎日決められた時刻(大抵は深夜から早朝の間)に自動で標準時刻を受信します。

強制受信というのは、充電切れなどの理由で時刻がずれてしまった時に、使用する人がボタンを押して電波を受信させることです。普通に使っている間はあまり用いません。ソーラー充電と同じように、使用頻度が高ければ自動で時刻が修正され続けるということです。

比較として、一般的な電池式の時計の表示時間の誤差は、平均して月に15秒前後とされています。これも製品によって違いますので一概には言えませんが、毎日自動で補正してくれるというのは安心できる点です。

動画:CITIZEN Eco-Drive SATELLITE WAVE F100 機能紹介

2.ソーラー電波時計のデメリット

denpa3
より便利にするための機能は、うまく使わないとデメリットが生まれるものです。先にも述べたように、日の当たらないところにしまっておいて使う直前に出してきても、ソーラー充電の便利さは発揮されません。他にも状況によって、人がデメリットと感じやすい幾らかの手間が必要となることがあります。

たとえば、ソーラー電波の腕時計を付けて海外旅行に行ったとしましょう。海外に出てしまうと日本の標準時刻の電波が受信できなくなります。どうすれば良いでしょうか。

どんなソーラー電波時計でも使える一つの方法としては、旅行中は電波の受信をオフにする、というものです。現地の時刻に手動で合わせたソーラー時計として、普通に使えます。

メーカーによっては海外シーンにも対応できる機能を備えたものもありますので、メーカーサイトから製品ごとの方法をお調べください。

また、ソーラー充電ができない状態で、内蔵の蓄電池が空になったまま長く放っておくと、それ自体がダメになってしまうことがあります。そうなると部品を交換するしかありません。

高価なソーラー電波の腕時計を購入して、ここ一番決めたいときのために大切にしまっておられる方も、ときどき腕になじませるつもりで陽に当ててみることで、故障を防ぐことができます。

3.こんな機能もあります。

denpa4
ここで、ソーラー電波時計の中でも最新の優れた機能を幾つかご紹介します。ひとつ目に挙げるのは、人工衛星を利用して現在位置を特定できるGPS機能です。複数の衛星電波をキャッチして、いつでも正確な時刻が表示されます。

前述のような海外旅行の場面でも、この機能が活躍します。位置情報をもとに簡単な操作をするだけで、現地の正確な時刻を知ることができます。

また「デュアルタイム」、「ワールドタイム」と呼ばれる、文字盤の中にもう一つの時計が存在するものもあります。現在地の時刻のほかに、前もって設定した他の地帯の時刻もひと目で分かります。

中にはアメリカや中国などにもある時刻電波を、現地に行けば受信できるようになっている優れものもあります。

生活防水やクロノグラフ、室内の温度や湿度が表示されるなど、一般的な時計の機能を兼ね備えた製品も多く発表されています。生活シーンに合わせた、便利さとファッション性が両立できる、好みのソーラー電波時計を探してみるのはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。