京都の裏鬼門を守る神社、石清水八幡宮

 

日本三大八幡宮の一つであり先日国宝に昇格したことでも注目されているのが「石清水八幡宮」です。

石清水八幡宮はちょうど山の中腹に位置しますが、ここに神社の名前の由来となっている霊泉「石清水」が湧いています。




石清水八幡宮とは?

京都府八幡市の男山に鎮座する石清水八幡宮。男山は、京の都からみて裏鬼門(西南の方角)にあります。

京阪電鉄 八幡市駅を出るとすぐにケーブルカーの駅があって山頂まで簡単に登れますが、標高142mでそれほど高い山ではないですし、道も整っているので、駅前から30~40分のハイキング気分で登ることもできます。道も整っていますし、森林浴をしながら気持ち良く登ることが出来ます。

石清水八幡宮は、伊勢神宮、京都の賀茂社(上賀茂・下鴨神社)と並ぶ日本三社の一社です。

また、全国の八幡宮の中でも宇佐八幡宮、鶴岡八幡宮(または福岡の筥崎宮)とともに日本三大八幡宮の一社に数えられます。

歴史的にも昔は二十二社(上七社)に選ばれたり、旧社格では官幣大社に選ばれたり、とにかく重要視されていた神社です。

神社のはじまりは平安時代。
平安初期に、宇佐八幡宮の八幡神から
「都に近い男山に移座して国家を鎮護しよう」
と託宣(神のお告げ)があったので、この地に勧請(お呼びした)したのが始まりです。

都の鬼門を守る比叡山延暦寺と共に裏鬼門を守るため、王城鎮護の神様として朝廷から篤く尊崇されたことから、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟(そうびょう)と称されてきました。

更には源氏の中で英雄視されている源頼家はここで元服の式を挙げたことから「八幡太郎義家」と呼ばれています。

その後、源氏から篤く崇敬されていて、源頼朝は鎌倉に幕府を開く際に、石清水八幡宮から八幡神を鎌倉に勧請しています。それが鶴岡八幡宮です。

石清水八幡宮、国宝に

9510540034_edc3eb08c4_b

2015年、文化庁の文化審議会は、京都府八幡市の石清水八幡宮の本殿および社殿群10棟(いずれも重要文化財)の国宝への昇格を文部科学大臣に答申しました。
宮司も名誉な事と喜んでおられます。

石清水八幡宮の境内は本宮がある上院と頓宮や高良神社のある下院に分けられていて、上院と下院は国の史跡に指定されています。さらに、本殿をはじめとする16の建造物は国の重要指定文化財に指定されています。

・上院…社殿は「八幡造」と呼ばれる珍しい構造をしています。現存する同様式の本殿では最古です。
楼門、舞殿、弊殿、本殿の全てが国の重要文化財に指定されています。社殿内に織田信長が奉納した「黄金の樋」や「信長塀」があります。

・下院…山麓にある頓殿は、頓宮殿の脇には「五輪塔」と呼ばれる高さ約6メートルの塔があり、国の重要文化財に指定されています。境内の入り口にある鳥居は八幡鳥居の形式で、「八」の文字は二羽鳩が顔を外に向けた形に作られているんです!

同神社は860年の創建以来、たびたび社殿を焼失しましたが、織田信長、豊臣秀頼らによって復興されました。現在の建物は1634年に徳川家光が造替しました。

祭事

iwasimizu6

石清水八幡宮の祭事のうち最も大きなものが9月15日に行われている「石清水祭」で、葵祭と春日祭とともに日本三大勅祭の一つです。

1月…若水神事、歳旦祭(1月1日)、元始祭(1月3日)、厄除大祭(1月15日~19日)、青山祭(1月18日)
2月…鬼やらい神事(節分前の日曜日)、湯立神事(2月1日、3日)、エジソン生誕祭(2月11日)、祈年祭(2月17日)、初卯祭(旧暦2月初卯日)
3月…春季皇霊祭遥拝(春分の日)、石清水灯燎華(3月3~5日)
6月…夏越大祓(水無月大祓、6月30日)
9月…石清水祭(9月15日)、秋季皇霊祭遥拝(秋分の日)
10月…新嘗奉祝祭・神嘗祭遥拝(10月17日)
11月…新嘗祭(11月23日)
12月…年越大祓・除夜祭(12月31日)

アクセス

〒614-8588
京都府八幡市八幡高坊30
電話番号:075-981-3001

<電車を利用する場合>
京都駅から近鉄電車「丹波橋駅」またはJR「東福寺駅」から乗り換えて京阪電車「八幡市駅」下車徒歩約5分。(京都駅から約40分)

<車を利用する場合>
京都・名古屋方面からは名神高速・瀬田東JCT、「久御山・淀IC」を降り、石清水大橋を渡りすぐの信号を左折し、府道13号へ。
神戸・大阪方面からは名神高速「大山崎IC」で降り、出口の信号を左折して国道171号線へ。

<駐車場>
・普通車(午前8時30分~16時)500円。
・大型バス(午前8時30分~16時)1,000円。(10台)

京都・石清水八幡宮の、「かわいい絵文字」の御朱印がネットで人気です。

石清水八幡宮で「八」の字をハト2羽が寄り添うように書いた御朱印が、「かわいい絵文字」と参拝者に人気が出ています。

ハトは全国の八幡宮の「神の使い」としての象徴。

ハトの絵入りの御朱印は「八幡大神(はちまんおおかみ)」の文字の「八」の部分を左右2羽のハトが後ろ向きに寄り添う姿で書いています。普通の「八」の文字の御朱印もあり、希望すればハトの絵入りが授与されるということです。

30年ほど前、御朱印を書く神職が表参道入り口の「一ノ鳥居」に江戸中期から掲げられている扁額(へんがく)の文字を参考に、遊び心で書き始めました。以来、神職の間で受け継がれてきました。

同八幡宮によると、近年、御朱印集めを趣味にする人がネット上で紹介して話題になり、昨年4月以降にハトの絵入りの御朱印を選ぶ参拝者が急増し始めました。

参考:http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150105000066
2015年01月05日 京都新聞

iwasimizu7
石清水八幡宮では結婚式・披露宴、七五三、厄除け、商売繁盛、安産祈願、お宮参り、必勝祈願、交通安全祈願、受験合格祈願などさまざまな祈祷を取り扱っています。

「やまたのはちまんさん」と呼ばれて親しまれているだけではなく、歴史と伝統も併せ持ち、建築物も美しいので一度参拝してみたいものです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。