真田幸村こと真田信繁という人

 

来年の大河ドラマ「真田丸」の主人公でもある真田幸村、皆さんも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

知略と武勇に優れ、安土桃山時代の最後を華々しく飾ってくれる歴史上の人物です。そんな真田幸村の魅力に迫ってみました。

真田幸村とは?



本名は真田信繁です。生年月日には諸説あり、真田昌幸の次男として生まれたとされています。

真田氏の所領は信濃の国(長野県)北部にあり、昔から武田と上杉に囲まれその抗争の舞台となっていました。武田氏の味方になってからは上杉を主に監視する目的とした働き、その知略や諜報力などが磨かれたと思われます。

織田信長の台頭により、武田・上杉の抗争は無くなります。その際に上杉に人質として幸村は出されます。

羽柴秀吉が台頭すると真田氏は独立を果たします。そしてその知略や武勇を大きく買われた幸村は豊臣家臣の大谷吉継の娘を嫁としてもらいます。

関ヶ原の戦いではその為に西軍として戦うことになります。兄の信之は東軍として戦っていますから真田氏は事実上どちらにも属していないということになります。

父の昌幸と共に上田城に籠り、徳川正規軍を迎え撃つことになりました。数日間足止めをしてこの正規軍を関ヶ原の戦いに遅参させたのは有名な話です。

その後豊臣と徳川の争いが勃発すると幸村は豊臣方につき大坂城に入城します。大坂の陣では真田丸を構築して、徳川軍の先鋒を撃退するなど数々の武勇を挙げます。その為に徳川方から信濃一国を与えられて寝返らないかと言う誘いが頻繁にあったとされています。

続く冬の陣では大坂城の守りに見切りをつけて徳川方への奇襲作戦に打って出ます。作戦は失敗したものの真田勢は徳川家康本陣まで深く攻め入りその勢いに家康は死を覚悟したほどであったとされています。結果としてその後真田勢は壊滅して討ち取られました。
sanada1

何故あんなに強いのか?

最後の戦いなどで人々に大きな印象を与えた幸村の戦い、しかし戦術的には特攻作戦をとるしか無かったのです。それは幸村と言う人物優秀だが政治力には欠けていたのが原因だと言われています。

しかし真田の兵は寡兵で大勢を相手にすることに慣れていました。知略でも優れており、作戦をキチンと遂行すれば勝てた戦いだったとされています。

豊臣についてから豊臣重臣との確執があったとされています。この辺りが黒田官兵衛などのような人物との違いではないでしょうか?「能あり過ぎる人物は周囲から遠ざけられ・・・」幸村に言えることはこのようなことです。ですからこれだけ強い兵を持ちながらも歴史の敗者となったと言えます。

真田幸村の最後と評価

戦国時代を家臣たちと共に戦い抜いた真田幸村。疲労のため安居神社で休んでいたところを襲われた、という説もあれば、自害したとの説などもあります。大阪の三光神社には、幸村の像が立っています。

いずれにしても、天下の徳川家康を震い上がらせた真田信繁(幸村)は、昔も今も、高く評価されています。

●島津忠恒 「信繁は日本一の兵(つわもの)」
●兄・真田信之 「弟こそ国を支配する真の侍」

真田信繁が死んだ後、真田の女達が各武将から引く手あまただった事からも、当時の真田信繁への評価がわかります。

大阪の三光神社にある幸村の像を見てくるのも良いでしょう。大阪の陣の時に大坂城から当地まで掘った抜け穴も見られますよ。

<アクセス>
JR環状線 玉造駅 下車西南300m
地下鉄 玉造駅 下車南50m(2番出口)
*〒543-0013大阪市天王寺区玉造本町14番90号
三光神社社務所 TEL. 06-6761-0372

三谷幸喜脚本で真田幸村の魅力がどこまで引き出せるのか非常に楽しみなところです。歴史上最強の敗者、どのようなタッチで描くのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。