デュアルスノーボード とは

 

sunobo1
今年もウィンタースポーツの季節がやってまいりました。「毎年必ず行く!」という方も、「機会があればやってみたい」という方も、最近流行の新しいスノーボードについてはご存じでしょうか。

その名もデュアルスノーボード、どのように楽しむのでしょうか。

1.デュアルスノーボードとは?

sunobo2
出典:NICO公式オフィシャルサイト

2011年にアメリカで考案、発売され、知る人ぞ知る新しい“雪山滑り“の道具として出回りました。

両足に取り付ける一般的なスノーボードによく似た形状のまま、サイズが片足になったようなイメージです。足の自由が利く分、独創的なトリックを決められる可能性が広がります。

数年前にはスキー板を極端に短くした「ショートスキー」というものが流行りましたが、それとよく似た発想かもしれません。少しの体重移動で簡単にターンできるので、緩やかな斜面でトリッキーな滑りを楽しみたい方におすすめです。

唯一と言ってもいいデメリットは、ブレーキが効きにくいということです。従来のスノーボードと同じように、進行方向に対してエッジを立てるようにして止まるわけですが、サイズが小さくなった分抵抗が少なく、一度スピードに乗ると急に止まるのは簡単ではありません。

ただ、使い慣れる前にいきなり急斜面を下ろうとする人はそれほどいないでしょうから、止まり方に慣れてから自由に滑るようにすれば問題ないでしょう。

2.どこで購入できるか?

sunobo3
たとえば、スノーボードメーカーのNICOは、Separate-Snowboards®(セパレートスノーボード)という商品名で販売しています。日本人ライダーによって滑走テストが行なわれ、ボードのウエスト幅は日本人の体格によく配慮し設計されているそうです。

動画:セパレートスノーボードNICO 14-15PV


ウィンタースポーツを扱っているスポーツ用品店に見に行くことができれば、デザインや大きさ、重さなど気に入ったものを購入することができるでしょう。

また、オンラインショップを活用して、自宅から注文することもできます。信頼できるメーカーが決まっている場合などはそれで十分かもしれません。

ちなみに先ほどご紹介した、NICOの「セパレートスノーボード」は、スタンダードモデルが3万円ほどですが、通販サイトによっては5千円ほど安く購入できる場合があります。

受け取る住所によっては送料が余分にかかることもありますので、よく調べてから購入されるようおすすめします。

公式ウェブサイトを調べてみますと、試し乗りができるスキー場が幾つかあるようです。ご検討の方は、ぜひ活用してみてください。

→→→こちらからどうぞ

寒い時季特有の大自然の素晴らしさを感じながら、体を動かしてみるのはいかがでしょうか。ぜひ、ウィンタースポーツを楽しんでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。