江戸東京博物館へ行ってみよう!

 

edo1
両国国技館へ行ったことがある方ならご存知かもしれませんが、国技館の近くに大きなちょっと変わった形の建物があります!

その建物の名前は江戸東京博物館。博物館というと、ちょっと難しく思う方もいるかもしれませんが、来館者は小中学生も多く、外国の方もたくさんいます!

館内は常設展・特別展の鑑覧が柱になっていいますが、無料で利用できるブースもいくつもあります。

本格的に半日かけて館内をまわるのもよし、ちょっとした空き時間に利用してみるのもよしなので、江戸東京博物館に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

江戸東京博物館―遊び尽くす400年の時の旅 (小学館文庫)

新品価格
¥751から
(2016/1/9 10:48時点)

浮世絵から写真へ – 視覚の文明開化

新品価格
¥2,500から
(2016/1/9 10:48時点)

薬草の博物誌 森野旧薬園と江戸の植物図譜 (LIXIL BOOKLET)

新品価格
¥1,944から
(2016/1/9 10:49時点)

江戸東京博物館の基本情報

まずは、江戸東京博物館のホームページはこちらです。

江戸東京博物館は平成5年に開館し、平成27年3月28日にリニューアルオープンされました。

JR両国駅のホームから見ると、東口の方が江戸東京博物館に近いように思えますが、実際は国技館のある西口から行った方が、歩く時間が少なくてすみます。
都営地下鉄大江戸線「両国駅」A4・A3出口からだと、3階の広場まですぐに行けますよ。

駐車場は大型バスと身障者用優先のスペースがあり、余裕があれば乗用車も利用できます。

ちなみに、大型バス駐車場のすぐそばには、比較的広い無料駐輪場があります。近隣に住んでいて自転車で来た方や、レンタサイクルで来た方は利用してみてくださいね。

料金

料金は常設展のみ・特別展のみ・特別展+常設展と買い方によって違ってきます。特別展は企画によって料金がかわるかもしれませんが、リニューアルオープン後は今の所同じです。チケットは1階もしくは3階で購入できます。

一般の人は、
常設展のみだと600円
特別展のみだと1,350円
特別展+常設展だと1,560円です。

観覧料は大学生や専門学生は概ね一般の80%です。特別展の小中高生や65歳以上の料金は、概ね一般の50%です。

常設展は都内在住、在学の中学生やそれ以下の学童は無料ですが、都外の中学生、高校生、65歳以上は300円かかります。学生は学生証を、65歳以上の方は年齢がわかるものを持参して下さいとのことです。

ちなみに、特別展の前売り券は江戸東京博物館やローソンチケット、チケットピアなどのプレイガイドで売っているようです。一般、大学生、専門学生で、特別展と常設展を見るなら、当日共通券を買った方がお得です!

20名以上のグループでの入場は団体割引になります。また、東京メトロと東京都交通局の一日乗車券の特典として、常設展料金が20%割引になります。詳しくはこちら

ちなみに都民の日(10月1日)はどなたでも常設展が無料です。

展示場

☆特別展(1階)
大体1年に5個企画があります。入れ替えなどのため、特別展がない時期もあるのでご注意を!

ちなみに、リニューアルオープン後は
・大関が原展
・NHK大河ドラマ特別展「花燃ゆ」
・徳川の城~天守と御殿  が展示されました。

今後は
・2016年1月16日~4月10日まで
レオナルド・ダヴィンチ 天下の挑戦
が展示されます。

☆常設展(6階が入り口、5階が出口)
6階の入口を通ると、江戸ゾーンに導く日本橋の模型があります。
6階、5階ともたくさんの展示があるので、常設展をまわるだけでも1時間半位必要だと思います。
5階の企画展示室では、やっていない時期もありますが、1年に約6テーマの企画展を開催しています。
6階と5階では雰囲気が違います。6階は「江戸城と町割り」として、武家屋敷のミニチュアがあったり、武士の暮らしなどを展示したりしています。
5階は中村座の正面部分を復元した模型があったり、棟割長屋を復元したものがあったり、当時の町の暮らしなどが展示していて、私的には5階の展示のほうが、身近に感じられました。

☆レストラン
東京江戸博物館には3つのレストランがあります。観覧券なしでも利用できます。

・緑茶処 両国 茶ら良(うどんや甘味セット)1階
・FINN’S CAFÉ&RESTAURANT(ピザ・パスタなどのイタリアンのレストラン)1・2階
・和食処 桜茶寮(要予約のお弁当の他にそばなどの江戸のレシピを現代風にアレンジしたメニューが多数あり) 7階

桜茶寮などお値段が高いかと思いましたが、それほどではなく、どのレストランもリーズナブルだと思いました。

ちなみに、3階には無料休憩所があり、そこではお弁当や飲み物(酒類は不可)を食べても大丈夫です。近くに、飲み物などの自動販売機もあります。

無料で利用できる主なブース

☆映像ホール 1階
江戸東京の様々なテーマを特集して上映しています。(1日3企画を2~3回、時間を決めて上映)

☆図書室&映像ライブラリー 7階
普通の図書館とは違い、蔵書の種類も限られていますが、日本の歴史の漫画があったり、歌舞伎の雑誌が置いてあったりします。

映像ライブラリーは子供向けのもあるようですが、静まり返った雰囲気なのでしゃべり声など気になるかもと思いました。

ミュージーアムショップは1階と5階にあります。

各フロア、疲れた時などに座れる椅子もたくさんありますし、点字ガイドの貸し出しや車椅子、ベビーカーの貸し出し、授乳室の完備、音声ガイドの貸し出し(4ヶ国語)などサービスも充実しています!

気軽な気持ちで、江戸時代を楽しめる時間になるのではと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。