地球温暖化とは?その原因と対策を検証する

 

一部では雪が少なかったり、水道管が凍結する地域が増えたりと、異常な冬になりました。夏には東京で観測史上初の猛暑日が続きました。それは地球温暖化が進んでいるのが原因なのでしょうか?

「地球は果たして大丈夫なのか?」今回はこの原因と対策について検証していきます。地球温暖化で様々な異常気象が起こっている今考えるべきことではないでしょうか?

地球温暖化の原因



地球温暖化の原因は主に5つあります。
温室効果ガス(主に二酸化炭素、メタンなど)の増大によって熱が籠るようになる
オゾンの減少により紫外線などの熱が伝わりやすくなる
・都市化が進み、熱が籠りやすくなっている
・エアロゾル(光化学スモッグの原因となる物質)の増加によって熱が発散されなくなっている
・太陽放射の変化(太陽の熱が強くなっている)

温室効果ガスについてはいろいろな国で規制が進んでいますが、なかなか上手くいっていないのが現状です。

それでもとりあえず現在は横ばいの状況をキープしていますが、今後森林伐採やより新興国の電気などの需要が高まるとこの温室効果ガスは減ることが難しくなります。

オゾンの減少はオゾンを破壊するガスの増大とオゾンを形成する酸素の減少によってこれから進むものとされています。特に深刻なのが極地の上空のオゾンの減少です。

都市化が進んでいることによってヒートアイランド現象が起こっています。(東京などはこの傾向がつよいです。)また高いビル群に海風が遮断されることによってその陸地の気温が上がるというような傾向も見られます。

エアロゾルについては様々な国の工業化(特に中国が深刻)によって発生するガスが原因とされています。

太陽放射の変化は太陽については様々な意見がありますが、強くなっている傾向にあるとの研究結果も出ています。

対策はあるの?

地球温暖化の対策は簡単に出来ます。つまりは今の文明を放棄して昔の生活に戻るということです。しかしこれは不可能でしょう。ですからより省エネの状況を作りエネルギーを上手く使わないといけません。その側面での技術革新が求められます。

影響
地球温暖化による影響はいろいろな気象異常に現れています。
・極地などの氷が解けてしまっている為海面の上昇
・海水温上昇により局地的大雨が降りやすくなっている
・台風などの勢力が強くなる
・砂漠化も進んでいる
・温暖化による生態系に異常

このように挙げればキリがないくらい危険な異常気象が起こっています。その変化は急激でその影響は世界中で起こっています。

実は地球温暖化にならない?

さて実のところ温暖化の要因の一つとして太陽の放射熱のこと挙げましたがこの点についてはこれから太陽放射が少し弱まるのではないかという研究もあります。ですから氷河期が来ると言う可能性もあると言うのです。

しかしこの50年の異常な温暖化は人間の社会の変化によるものだと言う声はもっともです。一番の問題として温暖化対策の失敗を多くの科学者があげています。少しでもエコな生活を心掛けることが必要になってきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。