手が震える…なぜ… 考えられる病気は

 

◇パーキンソン病…安静時振戦
パーキンソン病は、大脳の中にあるドーパミン神経細胞が減少し、身体が動きにくくなる進行性の病気です。震えをはじめ、筋肉がこわばる・転びやすくなるなどの運動症状がみられます。

1000人に1人~1.5人ほどの患者さんがいますが、60歳以上では100人に1人と割合が高くなります。様々な症状の中でも、初期に気付きやすいのが手の震えです。左右差があり、どちらかの手が酷く震えるようになります。

パーキンソン病でみられるのは安静時振戦なので、じっとしていると大きくゆっくりと震えます。しかし通常、コップの水を飲む・お箸を持つなどの日常生活には、あまり影響が出ないのです。

◇小脳疾患(脊髄小脳変性症・小脳腫瘍・小脳梗塞など)
手の震えや、運動失調(筋肉の動きは正常でも、神経の協調がうまくいかないために運動が円滑にできない)が起こります。ロレツが回らなくなったり、眼振が出ることがあります。

◇多発性硬化症
脳や脊髄にある神経を守る組織が破壊される原因不明の病気です。神経組織が破壊されると、神経伝達がうまく行われなくなり、手の震えが起こり、物が二重に見えたり歩く時にふらついたりすることがあります。

◇脳梗塞
大きな脳梗塞が起きる前に、手のしびれや震えを感じることがあります。小さな梗塞を繰り返す「多発性脳梗塞」「一過性脳虚血発作」でも手の震えが!高血圧の人や血糖値が高い人は要注意です。

最近では若い世代の人が発症する「若年性脳梗塞」も次第に増えてきています!

◇甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
furue5
甲状腺のホルモンが異常に多く作られる病気です。新陳代謝が異常に活発になることが原因で、手の先が細かく震えます。手の震え以外に、動悸、多汗、イライラなどの症状がみられます。

※顔つきがキツくなったり、首のつけ根が腫れてきます。男性よりも女性に多くみられます。

◇アルコール依存症
アルコール依存症では、アルコールの摂取を中断したり減らしたりすると手の震えが見られることがあります。

重度になると、振戦せん妄という離脱症状が見られることがあり、手が震えるだけでなく錯乱状態になったり、全身が震えたりする場合も!

◇低血糖症状
「低血糖」の一つの症状として、「手の震え」などの症状が起こることがあります。

原因はいろいろありますが、なんと糖尿病が原因の時もあります。

糖尿病は血糖値を下げるホルモンのインスリンの分泌が低下したり、効きが悪くなったりすることで、高血糖状態が続き、血管や神経にダメージを及ぼしていく病気です。

主に「高血糖」が問題の病気なのですが、血糖が下がり過ぎてしまう事があるんです!

❖糖尿病で「低血糖」はなぜ起こるのでしょう?
●低血糖を起こす原因
*食事の量がいつもより遅かった、少なかった。
*食事前など、空腹時に激しい運動をした。
*インスリンを多量に投与した。
*糖尿病の治療薬を高める他の薬剤を服用した。
*飲酒をした。

●低血糖の初期症状…糖分を摂って血糖値を上げるように対処しましょう!!
手足が震える、冷や汗をかく、動悸がする、お腹がすく、吐き気がする、思考力、集中力が低下する
頭痛がする など

◇薬剤性によるもの
furue6
消化器系の異常に用いられる“プリンぺラン”や、胃腸薬・統合失調症薬・抗うつ薬として用いられる“ドクマチール”“喘息のくすり”などで、手の震えが起きる場合があります。薬を中止すれば治まります。

◇頚部脊柱管狭窄症から手の震え
furue7
「頚部脊柱管狭窄症」とは、首と腰をつなぐ背骨である脊椎の中の中央部分に位置する脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫され、首や腕などに痛みやしびれが現れます。

❖主な原因
首周りの椎骨(背骨を形成する個々の骨)の間にある靭帯が厚くなったこと(あるいは骨化したこと)による神経の圧迫。

❖主な症状
*肩や首周りの筋肉がこっている、常に緊張したような状態。
*二の腕の外側に痛みやしびれがある。
*肘から下、親指や人差し指まで痛みや“しびれ”がある。
*握力が弱くなった。*指が動かしにくい。

これらの症状は、急に現れるというよりも、徐々に進行し慢性的に続きます。放置せず病院を受診しましょう!

◇アルコール依存症
furue8
アルコール依存症の場合も手の震えが生じます。アルコール依存症を発症している人は、体内からアルコール物質がなくなると禁断症状があらわれてきます。

アルコールがないと不安でたまらない、隙あらばお酒を飲みたいといった感情と共に、自律神経が乱れてしまうので手が震えます。

◇社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)による手の震え
社会不安障害とは、ある特定の状況や人前で何かをする時に、緊張感が高まって不安や恐怖を感じ、次第にそのような場面を避けるようになる病気です。緊張は誰にでもあり、経験を積むにつれて自然に振る舞えるようになります。

社会不安障害の場合は、それがどんどんエスカレートし、日常生活に支障をきたしてしまいます。現在、日本ではこの病気で悩んでいる人が約300万人以上いるといわれています。発症年齢の多くは10代半ばから20代前半で、長い間1人で悩んでいるケースも少なくありません。

❖どんな症状があるの?
ある特定の状況や人前で何かをする時に緊張感が高まり、「発汗する」「手足が震える」などの症状が現れ、「周囲に不信感を持たれるのでは?」という不安や恐怖を感じます。

そうなると、このような症状がまた現れるのではないかという「予期不安」にさいなまれ、次第に症状が現れた状況や行為を避けるようになります。…「回避行動」

【社会不安障害のさまざまな症状例】
*赤面恐怖症・・・人前に出ると緊張感が高まり、顔が赤くなる。
*発汗恐怖症・・・緊張により発汗し、ハンカチなどを持たないと落ち着かない。
*対人恐怖症・・・周囲の視線が気になり、恐怖や震え、めまいなどを感じる。自分に対する他人の評価に強い不安を感じる。
*書痙・・・人前で文字を書こうとすると、緊張と不安により手が震える。
*場面恐怖症・・・緊張して声が震えるなど、人前でうまく発言できない。 など

社会不安障害は、不安や恐怖、緊張を感じる状況が1つに限定されている「限局型」と、ほとんどの状況で感じる「全般型(発症年齢が早い)」大きく2つの型に分けられます。

❖発症の原因は?
まだはっきりとは解明されていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどのバランスが乱れて、不安を誘発しているとの説や、恐怖や不安に関与する脳内の扁桃体が過剰に反応しているのではないかとの説があります。

また、人前で恥ずかしい思いをした経験が引き金になったという説も!
※セロトニン・・・精神を安定させる作用がある脳内の神経伝達物質

❖検査と診断は?
社会不安障害は、主にM.I.N.I.(The Mini-International Neuropsychiatric Interview/精神疾患簡易構造化面接法)で診断され、その重症度はLSAS(Liebowitz Social Anxiety Scale/リーボビッツ社会不安障害評価尺度)により評価されます。

❖治療法は?
社会不安障害の治療は、「薬物療法」と「認知行動療法」を中心に行われます。両方を併用すると治療効果が高いといわれています。

※認知行動療法…不安や恐怖にとらわれている思考パターンを変えたり、緊張感をやわらげたりすることで、回避行動を軽減する精神療法。

❖日常生活でのセルフケア
*朝日を浴びましょう。*食事はバランス良く、ゆっくりと。*リズム運動を楽しみましょう。

その他に呼吸法とか自律神経失調症にもちいられる療法も効果があります。

社会不安障害の患者さんは、その症状を自分の性格上の問題だと思って誰にも相談できず、1人で悩んでいることが少なくありません。患者さんの心の負担を軽減し、早めに受診できるようにサポートすることが大切です。

社会不安障害は、放っておくとうつ病などの引き金になる恐れもあるので、思い当たることがあれば早めに心療内科や精神科を受診しましょう。

手の震えは何科にかかればいいの?

furue9
手の震えは、寒さや緊張などで起きる時があります。でも暖かい部屋に行けば治まる、人前などの緊張する場面から遠ざかると治まるものは、心配いりません。

でも『何かをしようとする度に震える』『何もしていないと震えるのに、何かをしようとすると震えが止まる』。そんな時は、何か病気が隠れているのかもしれません。

手の震えで受診をするのなら、脳や神経、筋肉を専門とする“神経内科”を受診するのが良いと思います。検査の結果神経内科で扱う病気ではない可能性が出ても、他科を紹介してもらえるため安心です!

ただ、“神経内科”は、認知症やパーキンソン病など、難病を専門にする診療科のため、なかなか個人病院で探すのは難しいかもしれません。いきなり総合病院に行っても受診してもらうことはできないと思います。

まず、かかりつけ医を受診し、詳しく症状について相談しましょう。かかりつけ医に紹介状を書いてもらい、総合病院の予約を取ってもらいましょう!たかが「手の震え」と受診を先延ばしにしないようにしましょう!

手が震える…なぜ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。