バス事故に合わないために!!バス会社には格付けがある

 

あなたはバス会社に格付けがあるということをご存知でしたでしょうか?バスの安全性に関するいろいろな項目を客観的に評価するとてもいい方法なのです。

バスと言うとやはり「安いこと」が求められます。今回はこのバス会社の格付けを知って、これからのバスに関する提言をしてみましょう。

バス会社の格付けの仕組み



バス会社と言うのは以前認可制だったのに対して、規制緩和と言う観点から00年に届け出制に変更されて、多くの業者が参入することになりました。そこでやはり安さと共に追及するべきこととして、安全性に関する取り組みというものが評価されるようになったのです。

そこでホテルの格付けなどに習ってバス会社の格付けを3つ星で行うようになったのです。具体的な条件と言うのは以下の通りです。

1、安全性に関するバス会社の取り組み状況(主に法令順守への取り組みと法令順守以上の取り組みをしているかいなか)

2、事故や行政処分などの状況(過去2年間に死傷事故を起こしていないことや過去一年間に悪質な違反などによる行政処分を受けていないなど)

3、安全運行マネジメントへの取り組み状況(バス会社の規模などにより運行管理者などが適正に配置されているかいないかなど)

このような項目でそれぞれ基準点が設けており、その基準点にそれぞれ足りて合計で60点以上なら一つ星、合計で80点以上なら二つ星となります。そして二つ星以上を七年続けていると三つ星と評価されます。

詳しいバス会社のリストなどはこちら

bus1

バスに求められているのは「安さ」これからの改革への提言

上記の評価、実は新規参入のバス会社には一年以上経たないと星がもらえないなどいろいろな弊害もあります。またツアー会社に対してバス会社などは直前に決まるなどまだまだこの安全性への取り組みに対して周知されていないということがあります。

やはりバスツアーが恐ろしく「安い」場合はバス会社を見てみましょう。おそらく星のあるバス会社ではないはずです。あるいはバス会社すら決まっていないというツアーもあるはずです。今世間の厳しい目が向けられる中、バス会社のこの制度を有効活用することが求められているのです。

「安さ」というのはある意味危険性の目安でもあるので、そのことを十分に理解してツアーを選ぶことが必要になります。我々消費者の目が厳しくなればバス業界も全体として、変わらざるを得なくなります。

いかがでしょうか?事故などが起こる前に自分の命を守ることに繋がるバス会社の選び方もっと慎重にするべきことです。

この制度を覚えておいてツアー会社にしっかりと質問する消費者が増えればこの制度をより活用するバス会社も増えるということになります。是非とも覚えておきましょうね~!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。