保険 掛け捨てで大丈夫?

 

hoken1
仕事を始めたとき、家族ができたとき、将来のことを考えると期待だけでなく少しの不安がよぎることがあるかもしれません。

自分の身に何かあったら、この先どうやってやりくりしていこう、家族につらい思いをさせたくない、と考えるのは当然のことです。それでも賢く保険を選ぶことができれば、少し安心できるかもしれません。

積み立て型と掛け捨て型がある理由

hoken2
保険は、万が一の際に当人とその家族の必要が賄われるための保障となる商品と言えます。生活必需品、嗜好品と同じように、たくさんの種類があり、加入する本人が気に入ったものを選ぶことになるわけです。気に入ったものを見つけ出すには、それぞれの保険の種類と違いを知っていなければいけません。

「積み立て」と呼ばれている保険は、月々の支払いは高くなりますが、当人が死亡する事なく支払いが満期を迎える頃には、 払い込んだ以上のお金が返ってきます。それは支払い額の中に、万が一に備える保障の他に、貯蓄となる分も含まれていて、年ごとに利子が上乗せされていくからです。

一方、「掛け捨て」タイプの保険は月々の支払いが少なくて済みますが、払ったお金は戻ってきません。毎月約束された保障を“買っている”わけですから、返金されることはありません。

つまり、保険に加入しようとする人が事故や災害に巻き込まれた際に、本人や家族がどこまでの保障を必要とするか、その必要分のうちどこまでを保険会社に任せるのか、という判断基準で選ぶことになります。

たとえば、自力で貯蓄・資産運用ができる状況の人が積み立て型の保険に加入するとしても、さほどメリットはないかもしれません。

掛け捨て型のメリット・デメリット

掛け捨て型保険のメリットは、何と言っても毎月の支払い額を安く抑えられることです。特に加入時期の年齢が若ければ若いほど、安く保険に入ることができるようになっています。

若い時期だけ保険に入っておきたい、それ以降は自分の貯蓄でなんとかする、という場合は掛け捨て型の保険で十分でしょう。

デメリットとして挙げられるのは、終身保険ではないということです。定期保険とよばれ、保険金の支払い期間は保障が約束されますが、満期になったからと言って返金されることはありません。更新のたびに月々の支払い額は高くなってしまいます。

動画:【万が一に備える 編】医療保険はどんなもの?

第三の選択肢

掛け捨て型の保険で本当に大丈夫なのか、ただ、積み立て型はやはり金銭的に余裕がないと…と考えこんでしまう方も多くいらっしゃるはずです。

生命保険や損害保険と同じ内容の保障を提供する、共済組合に加盟するという選択もあります。「県民共済」、「JA共済」といったものが有名です。

共済組合は営利団体ではないので、毎年割戻金が組合員に払い戻されます。その点をふまえると、保障内容は決して手厚くはないものの、かなり安く加入できる定期保険ということができます。

全国生協連公式ウェブサイト

いざ保険に入って安心を得ようとしても、落ち着いて先々に必要となる事柄を吟味しなければ、的外れな保険を選んでしまう可能性もあります。よく調べて、長い目で見て損をしない、ご自身に合った保険を選ぶようになさってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。