世界一長い吊り橋「明石海峡大橋」を渡って、淡路島へ行こう!

 

明石海峡大橋は、兵庫県の神戸市垂水区の舞子と淡路市岩屋とを結ぶ、明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊り橋です。※パールブリッジの愛称があるらしいのですが、地元では知らない人の方が多いでしょうね。

長さは3,911m(阪神淡路大震災で1m伸びたそうです)、高さ298,3m。建設は1986年~1998年。橋の建設中、JRから眺めながら「本当にできるの?」って思ってました。それまで“高速艇”と“フェリー”でしか行けなかったんですよ!
akasi01 akasi02

1.明石海峡大橋の料金やライトアップは?

料  金:垂水IC~淡路IC 神戸淡路鳴門自動車道
走行時間:8分(11.3㎞)

軽自動車等 普通車 中型車 大型車
現金車(ETC)料金 1,900 2,370 2,880 3,960
ETC車料金(平日) 750 900 1,040 1,370
ETC車料金(休日) 750 900 1,560 2,060
問合せ:JB本四高速 お客様窓口 078-291-1033

◆ライトアップのパターンは?
平日は23時まで、土日祝日は24時まで点灯しています。ライトアップは全部で28パターン。

❖平日パターン
4・5・6月…パールグリーン
7・8・9月…パールブルー
10・11・12月…パールピンク
1・2・3月…パールイエロー

❖土日祝パターン…グリーンブルー

❖時報パターン…毎正時(5分間) *夕5・6・7時 *夜8・9時 *夜間10・11時と虹の3パターン。
毎30分(5分間) *誕生月の宝石が7パターン!

❖イベントパターン…14パターン
*阪神淡路大震災の起きた1月17日には鎮魂の祈りを込めて“パールホワイト”に。
*毎月第一日曜日は「神戸プロポーズの日」でレッドトップ。←ぜひ、このチャンスに!

★全28パターンの点灯が見られるチャンスは明石海峡大橋が開通した4月5日。日没から21:00まで全28パターンが各5分間ずつ点灯になります。

★ゴールデンウィークと夏休みの土・日曜日にも28パターンが見られます。

◆明石海峡大橋は、自転車や徒歩で渡ることができる?
残念ながら?!明石海峡大橋は高速道路です。ですから自転車や徒歩で通行することは不可能です。

明石海峡を自転車や徒歩で渡るには「淡路ジェノバライン」という“小型高速艇”を使うしかありません。

ジェノバラインは大人450円+200円で自転車を乗せることができます。
※125㏄以下のバイクや原付は高速艇も橋も渡れません。

◆アクセスは?
大阪・神戸方面から
阪神高速→須磨ICで第2神明道路に乗り換えて名谷ICで徳島方面へ→垂水JCTで徳島方面へ

姫路方面から
第2神明道路 伊川谷JCTを徳島方面へ→永井谷JCT→垂水JCTを徳島方面へ

http://www.jb-honshi.co.jp/index.htmlでお確かめください!

akasi03 akasi04
◆BRIDGE WORLD ブリッジワールド
❖海面上約300mの主塔に登り、360°のパノラマを体験する感動ツアー!スリリングな空中散歩♪

集合場所:橋の科学館(開館時間:9時15分) 〒655-0047 神戸市垂水区東舞子町4-114
①ツアーと明石海峡大橋の建設技術の説明を受けます。いざ出発!
②階段を降りて、橋げたの中を通ります。※歩くところは格子になっていて海面が見えます。大丈夫?
③エレベーターで塔頂へ!海上300mの98階まで約2分。そりゃあ絶景でしょう。

※全工程で約2時間半。ツアー中、トイレがないので注意してね。

営  業:4/1~11/30の木~日・祝日 *午前9:30~ *午後13:30~
料  金:大人3,000円 中学生:1,500円(保護者同伴) ※小学生以下は参加不可
問い合せ:078-784-3396

❖申し込み方法
募集人員:平日(木・金曜)は、午前の部・午後の部それぞれ34名
休日(土・日曜及び祝日)は、午前の部及び午後の部それぞれ42名。
予約受付:2か月前の月の1日の10:00から開始。
予約の受付は「インターネット」又は「FAX」による申し込みで先着順。
※週末は、直ぐに定員に達してしまうので予約は早めに!

【アクセス】
*電車・バスの場合
JR神戸線「舞子駅」より徒歩約5分
山陽電鉄「舞子公園駅」より徒歩約7分

*車の場合
◎大阪・神戸方面から
第二神明道路「高丸IC」より南西へ約3km ※「垂水JCT」では出られません。
◎」岡山・姫路方面から
第二神明道路「高丸IC」より南西へ約3km
◎山陽道方面から
神戸淡路鳴門自動車道「布施畑IC」より南へ約9km

2.明石海峡大橋を渡って、いよいよ淡路島!淡路サービスエリアで一休み!

akasi05 akasi06 akasi07
本州側から明石海峡大橋を渡ったところに淡路SAがあります。神戸淡路鳴門自動車道の本州側からの玄関口に当たり、Uタ一ン・上下線・一般道へといろいろな方向に進むことが出来ます。

明石海峡大橋の景観を直ぐ近くで眺められることから「橋のみえる丘」とも呼ばれています。

❖サービスエリア・上り
営業:売店 7:00~24:00※飲食店は店舗によって違います。
インフォメーション:平日 9時~18時 土日祝 9時~19時 TEL:0799-72-4608
レストラン・フ一ドコ一ト・カフェa-too・売店・犬の休憩所・道路案内所・わたるのカメラ台などあり。

※お土産は、明石のたこ・淡路の玉ねぎが多いです!!
※淡路島内の新鮮な野菜等を安く提供する「淡路とれたてやさい直売所」(土・日・月・祝)があります。
akasi08 akasi09 akasi10
❖サービスエリア・下り
営業:売店 7:00~24:00※飲食店は店舗によって違います。
インフォメーション:平日 8時~17時 土日祝 8時~17時 TEL:0799-72-4517
レストラン・フ一ドコ一ト・ミスタードーナツ・神戸ベル・スターバックス 7時~22時・ドッグラン・大観覧車・ファミリーアミューズメント・道路案内所・わたるのカメラ台などあり。

◎大観覧車 1周 約12分※ライトアップあり 9時~21時(最終 20時45分) 料金:3歳以上 600円

*“蛸のから揚げ入りカレー”と“玉ねぎミンチカレー”を食べました!← やっぱり蛸と玉ねぎです!
akasi11 akasi12 akasi13
本当に混雑してます。窓際のカウンター席が空いたので、一生分(オーバーな!)くらいの海を見ながらカレーを食べ、コーヒーを飲み・・・急ぐ旅行じゃなければ、このサービスエリアで何時間か過ごせます。

★女性にとって嬉しいのは、トイレの清潔さですね!これは折り紙付きです。

3.ようやく腰を上げて「あわじ花さじき」へGO!

兵庫県が平成10年4月から運営しています。入場料も駐車料金も必要ありません。淡路島北部の標高298~235mの海に向かってなだらかに広がる高原に一面の花畑が広がっています。(面積約15ha)
牛さんがノンビリと歩いてたりして、何だか癒されます。

所在地:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4 TEL:0799-74-6426
開園時間:9:00~17:00
休園日:年末年始
akasi14 akasi15
akasi16 akasi17
akasi18
◆アクセス
❖往路:神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」を降りる。
・「淡路IC」出口の交差点を直進、県道157号線沿いに南へ約12分(約7km)。

❖帰路:県道157号線を南へ。
・県道71号線を経由、北淡町震災記念公園へ約17分(約10km)
・国道28号を経由、淡路夢舞台(奇跡の星の植物館)・国営明石海峡公園へ約25分(約15km)
・神戸淡路鳴門自動車道「東浦IC」へ約20分(約12km) 経由してハイウェイオアシスへ入場可能
※周辺の道路事情が悪いため、上記往路、帰路を利用してください。←きれいな道ではないという意味。

今回は、橋を渡って“淡路島”の入り口だけの紹介になってしまいました。でも海・花・心地よい風!

島には電車もありません。近いのに日常から離れ、癒されるところです。「世界一の吊り橋」を渡って、リゾート気分を味わってください。帰りのライトアップも楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。