悪玉コレステロールとは?その対策方法教えます

 

あなたは健康診断のLDLコレステロール値でひっかかっていませんか~?それは悪玉コレステロールといって放置しているといろいろな悪さをしてしまうものなのです。医者からおそらくこの数値改善するように薦められるはずです。

この数値とは何か?そしてこの悪玉コレステロールを減らすにはどうしたらいいのか?やっていきましょう。

悪玉コレステロールとは?



コレステロールと言うと悪い印象を持っている方も多いのですが、コレステロールそのものは体内での細胞生成に関わっている必要な物質です。

善玉コレステロールと言うのは血管内のコレステロールを輸送するのに必要なもので、悪玉コレステロールになると異常に多い場合は血管内に滞留して、血液の流れを阻害するのです。それによって動脈硬化などを起こし、いろいろな病気の原因にもなり得ます。

平均値であればこれは問題ないのですが、やはり大きくオーバーしてしまうということは危険なサインです。場合によっては突然死ということも考えられます。主に原因というのは3つ考えられます。

1、肝臓の異常
2、高コレステロール食品の摂り過ぎ
3、運動不足

コレステロールの値が悪い場合はこれらを改善するしかありません。

悪玉コレステロールを減らすには・・・

akudama1
悪玉コレステロールを減らすには主に3つの方法があります。

1、タウリンの多く含む食品を摂る・・・主に貝類や甲殻類などに多く含まれる物質タウリンは肝臓の疲れなどに効く物質です。タウリンを多く含む食品を摂ると本来持っている肝臓の働きが促進されてコレステロールが正常に分解されるということがあります。

2、歩くなどの運動をする・・・歩くなどの運動をするとコレステロールの代謝を促進します。特に善玉コレステロール値を上げて、悪玉コレステロール値を下げたいのであれば有酸素運動を効果的に取り入れるしかありません。一日30分以上の有酸素運動を医者も推奨しています。

3、睡眠をきちっととる・・・睡眠不足でも寝すぎでも悪玉コレステロールには良くありません。睡眠をしっかりとっていないストレスというのは身体に異常な脂肪をつけることになります。コレステロールの代謝を促進するために睡眠は欠かせません。

悪玉コレステロ―ルが高いと診断された方はこのようなことを注意して生活をすると良いでしょう。

悪玉コレステロールとは何か解ったところで、やはり健康的な生活を送るということが大事なのです。特に食べ過ぎや飲み過ぎによるコレステロールの異常には注意するようにしましょう。

お酒なども適量にするということが大事なのですよ~!!是非守って健康的な生活を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。