DHA,EPAとはどんな効果があるの?

 

皆さん青魚食べていますか?肉の脂とは違い魚の脂にはとても良い成分が含まれているのですよ~!!今回はそんな青魚に含まれる栄養素の話をします。

DHA、EPAとは?



DHAとはドコサヘキサエン酸の略称で、人の体内では合成することが出来ない脂のことです。オメガ3系列の多価不飽和脂肪酸で、特に青魚やマグロの頭部などに多く含まれている成分です。

EPAとはエイコサペンタエン酸の略称で、これも人に体内では作ることが出来ない脂です。オメガ3脂肪酸で、特に青魚に多く含まれている成分です。

オメガ3系列についてもちょっと触れておきます。人は脂肪を摂取しないと生きていけません。体内でこれを合成することは出来ないので、食事から摂るのみとなっています。

普通の食物にはオメガ6と言われる必須脂肪酸が多く含まれていて(当然これも無いと新しい細胞が出来ない)普通に食事をしているとオメガ6脂肪酸は摂っている(または摂り過ぎの状態)ので足りているのです。

オメガ3系列脂肪酸と言うのは青魚など数限られたものにしか含まれていない栄養素で、オメガ6系列脂肪酸を抑える働きをします。現代の食生活では、如何にオメガ6脂肪酸を減らすかがカギとなっているのです。

その効果とは?

dha1
DHAにはメタボや動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、認知症などの予防になります。先ほども述べた通り通常の脂を抑える働きがあるので、血液をサラサラにする効果があります。またこのDHAは脳の細胞を形成する細胞膜の材料となるので、脳の働きを良くする効果があるのです。

EPAには血管を柔らかくする効果、さらに中性脂肪低下や抗炎症、抗アレルギー効果があると言われています。また特に目に効くので有名で、目の疲れや目の乾きに効く成分です。

両方に共通して言えるのはある程度健康に生きる為にこのDHAやEPAを摂取すると良いと言うことです。最近の研究ではうつ病の予防や美容に効くと言う効果もあります。

どんな方法で摂ればいいの?

dha2
DHAやEPAはまぐろやかつお、鯵、鯖などの青魚に多く含まれています。これらを積極的に摂取することによって補う方法が良いです。厚生労働省によればDHAとEPAを合わせて一日1g摂取することが目標になっていると言うことです。
魚の種類 DHA EPA
クロマグロ(赤身) 120mg 27mg
クロマグロ(脂身) 3200mg 1400mg
さば 700mg 500mg
かつお 88mg 24mg
いわし 1300mg 1200mg
あじ 440mg 230mg
さんま 1700mg 890mg
参考 文部科学省食品成分データベース から抜粋
http://fooddb.mext.go.jp/

いかがでしょうか?DHAもEPAも人間が健康的に生きるのに必要なものです。積極的に青魚などを摂るように心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。