進化するタニタの体重計

 

最近は、家電量販店に行くと、機能性の良い体重計が並んでいますね。タニタが健康食の提案をしたことがきっかけか、ダイエットに励もうとしている女子、いえ、男子もいるのではないでしょうか。

タニタ デジタルヘルスメーター HD-661-WH(ホワイト) 乗るだけで電源ON/シンプルデザイン

新品価格
¥1,179から
(2016/3/26 14:43時点)

タニタ 体組成計 BC-754-WH(ホワイト) 乗るピタ機能で簡単測定

新品価格
¥2,532から
(2016/3/26 14:44時点)

オムロン 【薄型設計】【フラット設計】【大画面表示】体重体組成計 カラダスキャン HBF-214-BW ブラウン

新品価格
¥3,075から
(2016/3/26 14:44時点)

1.今どきの体重計

体重は当然ながら、体脂肪率、BMI(体格指数=「Body Mass Index」の略)、筋肉量、内脂肪、骨量まで測れ、しかも、音声で教えてくれる機能が備わっている機種まであります。

もはや、体重計を越えて、健康度測定計と言っても過言ではありませんね。これらの機能は体重計の進化をあらためて感じさせます。

2.人気売れ筋ランキング

タニタのことに触れましたが、その証明をするのは、「体重計の売れ筋トップ10」がほとんどタニタの製品であることです。

価格も、機能がたくさんついているのに他社よりお安いのが魅力なこともあるでしょう。この結果をみても、体重計のおすすめはタニタですね!

3.体重計とスマホなどの互換性

こんなに評価をしているタニタですが、これまでは他メーカーほどスマホやパソコンとの連動には力を入れていませんでした。

けれども、ブルートゥース無線で、体重などのデータを直接iphoneのアプリに送る機能がついた商品を発売しました。MacやWindowsなどのパソコンとはデータ連動ができないので、そこは注意してください。

現代を生きるわたしたちの健康は、もはや体重だけでは測りしうることは出来ないていってもいいでしょう。上記を参考にして、是非、自分の身体を改めてチェックしてみることを強くおすすめします。

昔は体重ばかりを気にしていたわたしたち。今はその健康管理はタブーと言ってもいい気がします。毎日でなくても、自分のペースで計測するリズムを身につけ、進化している体重計を相棒に健康管理をするようにしましょう。

実際に家電量販店に行って比較検討するのが一番良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。