ニキビ 

 

ニキビは思春期に出るものという風に思っている人も多いですが、実は大人ニキビで悩んでいる人の方が多いと言われているんです!

特に女性は妊娠や出産などによって今までニキビ知らずだった人がニキビに悩むようになるケースもあります。
nikibi1

1、ニキビの種類

①角栓発生…毛穴に角栓が詰まっていることが原因で毛穴の内部に皮脂が溜まり、アクネ菌が皮脂をエサに増殖していくことでどんどん悪化していきます。

②白ニキビ(閉鎖面飽)…ニキビの初期で炎症が起こっておらず、白いプツっとした吹き出物でコメドと呼ばれています。この段階で治療すれば痕が残らず治癒する可能性が高いです。

③黒ニキビ(開放面飽)…ブラックコメドとも呼ばれていて、白ニキビ同様炎症は起こしていないのですが、白ニキビが悪化し、溜まった皮脂やアクネ菌などが気孔を押し広げ表、面に現れるようになります。それが空気に触れることで酸化し黒く目立った吹き出物になった状態です。

④赤ニキビ(赤色丘疹)…もともと炎症を起こしていなかったニキビが炎症を起こし赤く腫れを伴っている状態です。赤ニキビまで悪化してから皮膚科を受診する人が多いようです。

⑤黄色ニキビ(膿疱)…炎症を起こしているニキビがさらに悪化し、毛穴に収まらなくなった内容物が回りの組織まで漏れ出ており、膿を持っている状態で化膿ニキビとも呼ばれています。この状態になると治癒後に痕や色素沈着などが残ってしまいます。

⑥紫ニキビ(嚢腫)…内部に血と膿が溜まり、赤紫色に腫れあがっている状態です。紫ニキビは民間療法での治癒は難しいので必ず医療機関を受診しましょう。

2、ニキビの原因とは

①ストレス…不安や焦燥感や怒りなどの心理的ストレスと季節の変わり目などの寒暖の差、満員電車などの物理的ストレスとの2種類に分類されています。

②ホルモンバランスの乱れ…男性ホルモンはニキビを悪化させると言われています。女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの影響でニキビが出来やすくなります。

③皮脂の分泌が過剰…夏の過剰な皮脂や冬のテカリはニキビの原因になります。

④肌の乾燥肌が乾燥すると肌を守るバリア機能が低下し、角栓が出来やすくなることでニキビが発生しやすくなります。

⑤毛穴の詰まり産毛やムダ毛が毛穴を塞いでしまう毛穴が詰まり角栓を起こしやすくなります。

⑥細菌の増殖…アクネ菌(顔)やマラセチア菌(体)が増殖することが原因になります。

⑦両親からの遺伝…毛穴の大きさやターンオーバーが活発でないなどは遺伝的要素が強いと言われています。

⑧睡眠不足慢性的な睡眠不足がニキビに直結していると言われています。それは、ダメージを受けた肌が修復されるのが睡眠中だからです。

3、治療法

ニキビは皮膚の病気なので皮膚科を受診し適切な治療を受けることが最も早くキレイに治す近道なんです!
nikibi2
ニキビ用の化粧品を試すより皮膚科を受診することをオススメします。

皮膚科ではニキビに合った抗生物質や軟膏を、漢方薬などを処方してもらうことができます。赤ニキビであれば抗生物質の内服から2週間ほどでニキビが治癒し、さらに出来にくくなります。

ニキビは顔に出来ることが多く、男性でも女性でも気になりますし、気分も憂鬱になってしまいます。痕が残る前に治癒させるためにもたかが「ニキビ」と考えず、早めに皮膚科を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。