アリゲーターとクロコダイル

 

ワニって、皆さん知ってますよね。日本でも度々川や池または沼なんかで目撃されて遊泳禁止や進入禁止になり騒ぎになることもあるあのワニですよ!

でもワニって言っても、テレビで「クロコダイルが人を襲って~」とか「目撃されたワニはアリゲーターと見られる」など言ってる時がありますよね?

クロコダイルとアリゲーター聞いたことはあるけどいまいちわからない…って方も多いんじゃないかと思います。今回はそんな疑問にお答えしますね!

・クロコダイルは獰猛!


ワニとは、肉食性で水中生活に適したワニ目の爬虫類の総称です。

ワニは、「アリゲーター」「クロコダイル」「ガビアル」の3つの科に分類され、クロコダイルの代表と言える種は大型のイリエワニ、ナイルワニです。

そう、この2匹の代表種からわかるように、「クロコダイルは、ワニの中で最も獰猛な種」とされているんです。

日本でもワニと言えば最もイメージされるのはこのクロコダイルの種類で人や家畜を襲い「人食いワニ」と言われているのもこのクロコダイルなのです。

・アリゲーターは比較的温和な種類が多い。


アリゲーターは代表種は、ミシシッピワニと言われるアメリカアリゲーターです。クロコダイルの代表と比べると比較的温和な種類です。

・体の特徴と違い

クロコダイル
口の先が尖っており口を閉じていても歯が見え、鱗に熱を感知する器官があり温度変化に敏感に反応できる。

アリゲーター
口の先が丸くなっていて、口を閉じれば歯があまり見えない。鱗に熱を感知する器官がなく温度変化に弱い。

となっているようです。ほぼ真逆って感じですね。ワニ皮でも質感が微妙に違うのはこのウロコの器官の差だそうですよ!

また、最初にご紹介したガビアルというワニは、インドガビアルという1種しかおらず、魚を捕らえるのに適した細長い口が特徴です。

またブランド品などでカイマンというのを見かける事もあるかと思いますが、こちらもクロコダイルとアリゲーターとは違うもので、カイマンワニというものだとか。奥が深いですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。