風呂敷の歴史と色

 

日本古来の布の文化の一つ、風呂敷。どの家庭にも1枚は有りますでしょうか?

若い人の住んでいる部屋には無くても、実家に帰れば、箪笥の引き出しには、きっと有ると思います。日本人の大切な儀式、特に冠婚葬祭の場面では、良く見受けられます。

改まった場面において、日本人のたしなみに無くてはならない「風呂敷」

いつの時代に、どのようにして、使われ出して、今日に至ったのでしょうか?

風呂敷の歴史を少し見てみましょう。
firo01
furo02

古くは収納のために「平包み」、「衣包み」と言われ舞楽装束を包んでいたとされています。

それは今の風呂敷とは違い、碧色の綾を継ぎ合わせて作ったもので、当然一般の人には手に入れることは出来ませんでした。

奈良時代、奈良の尼寺・法華寺に蒸し風呂があり、スノコの下から薬草などを燃やして煙を出し、祈祷や疫病対策などに利用していたということです。

そのスノコに直に座ると熱いので、筵(むしろ)を敷き、また、汗もこれに吸わせたようです。

これが、「風呂敷」の語源という説があります。

室町時代には、将軍足利義満が建てた大きな湯屋に公家たちが招かれ入浴したとき、湯殿の下に敷いたり、衣類を間違えないように家紋を入れた風呂敷に包んだとされています。
furo03

江戸時代に入り庶民に銭湯が普及し、銭湯で脱いだ衣類を包んだり、その上で着替えるのに風呂敷が用いられました。

この頃から風呂敷の名前が一般に定着してきたものと考えられます。そして花見など物見遊山が大衆化したことで、風呂敷を使う機会が増えました。

また江戸時代の火事への備えとして、風呂敷は布団の下に敷かれるようになりました。夜でも鍋釜と布団をそのまま包んですぐ逃げられたからです。「早風呂敷」と名付けられたとされています。

furo04
江戸期以後、富山の薬売りを筆頭とする行商など商売の発達でも、風呂敷は広く普及していきました。

上方商人が江戸で商標の入った風呂敷で評判呼び、成功を手にした話しなどは有名です。江戸時代の風呂敷は、大体手染めの木綿製でした。

明治期以降は広く庶民の間にも普及し、結納などハレの日の場面では、必需品となりました。

また商売で商品を運んだり、学校に通う時の教科書や道具を包んだりと、日常生活に風呂敷はなくてはならない存在でした。

戦後は新しい染色技法も開発され、また、絹や木綿以外の化学繊維も使われるようになり、さまざまな風呂敷が作られるようになりました。

昭和40年ごろには、ナイロンの風呂敷(いわゆるボカシ染めを中心に)が引き出物などを包むのに普及し、大量生産されるようになりました。

また、企業や団体などの記念品としても、各方面で風呂敷は使われました。
引用:京都いーふろしきや

http://www.e-furoshikiya.co.jp/lecture/040/

お風呂で敷物にしたので、「風呂敷」なのですね。

言われてみると、文字通りですが、「風呂敷」という、四角の布が今や、冠婚葬祭の格式を重んじる場面で日本人の「心尽くし」「心配り」を表現する存在に迄、高められた存在になっている事と、少しちぐはぐな気がします。

物を包むという事では、古くは正倉院の「宝物」を紐のついた四角い布で包んで、その布に包まれている宝物の品名を書き記したというのが現存最古の記録だそうです。

私達の意識の中の「風呂敷」は、やはり、このような「宝物」を包むという意味の方がしっくり来るように思います。「風呂敷」という呼び名の語源と「風呂敷」の役割としてのルーツは少しニュアンスがちがっているのかも知れません。

「包む」という役目が「宝物」から「衣類」へ、そして、「商品」という時代を経て「進物」「引き出物」と移り変わりながらも、本来の「包み護る」という役割を失うことなく、今日迄、これからも、有り続ける姿に重みを感じます。

参考:ウィキペディア「風呂敷」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E5%91%82%E6%95%B7

改まった場面での役目の多い風呂敷。決まりごとは有るのでしょうか?

【風呂敷の色と選び方】

時代・季節によって流行色はありますが、色には正に色々な意味もあります。ふろしきの色は、大まかに紫系・赤系・青系・緑系の4つに分けられます。では、それぞれどのような意味を持ち、どのような場合に選べば良いのでしょう。

《紫色のふろしき》

紫色は、昔は貴族や皇族・高僧など、高貴な方々に許された色です。 優雅なイメージで、気品があり、長寿を表す色とされています。

喜び事、お祝い事や御礼の心を伝えるなど慶事のみではなく、お葬式などあらゆる場面で使う事が出来ます。

《青色のふろしき》

空の青、水の青、藍や紺など、さまざまな青色は、とても身近な色です。青系のふろしきは、普段使いの他、紺(鉄色)はお葬式などの仏事にも使えます。

《赤色のふろしき》

赤やピンクなどの暖かい色は、ご結納・ご婚礼等の慶事に相応しい色です。 華やかで明るいイメージで包んで、相手に喜びの気持ち・おめでとう!を伝えましょう。

《緑色のふろしき》

緑色のふろしきも、慶事だけではなく、お葬式・法事などの席に適しています。

うぐいす色や利休色とも呼ばれ、和のイメージが強いうす緑色は、江戸時代の流行色でもあったそうです。

紫系・赤系・青系・緑系と分けられても、またそれぞれの色に微妙な色合いの違いもあります。たくさんの色の中から、お気に入りの色を見つけて下さい。

年祝いを迎えられた方へのお祝いに相応しい色をご紹介しましょう。
年齢 年祝い 相応しい色
60歳 還暦
70歳 古希
77歳 喜寿
80歳 傘寿 金茶
88歳 米寿 金茶
90歳 卒寿
99歳 白寿
100歳 百寿
お祝い事やお葬式などで ふろしきや袱紗を使う場合は、色の違いにも注意して、その場にふさわしいものを選ぶ事が大切です。サイズ同様、TPOに合わせて色を選ぶ・・・これも大人としてのマナーでしょう。
参考・引用:「ふろしきや やまとなでしこ」

http://www.yamatonadeshiko-tokyo.com/furoshiki_story_5.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。