今年はラーメンも!ミシュランガイドって何?

 

よく聞く三ツ星レストランなんかで知られているミシュランガイドですが、そもそもの成り行きとかご存知でしょうか?また、日本ではそれなりに順調に来ているミシュランガイドでしたが実は大きな強敵と戦っているという状態なのを知っていましたか?

今回はそんなミシュランガイドについて理解を深めてみましょうね。

ミシュランガイドの歴史



ミシュランガイドは元々フランスのミシュランというタイヤメーカーがドライブの際に必要な情報を載せたものを発行したことから始まっています。その形式が面白いということで1900年に第一号が発行されました。

第一号には郵便局や公衆電話の位置なども記載されていた旅行ガイドブックと言う形です。それが第二次大戦後レストランを格で評価する方式が採用されて専門の調査員が調査を行うと言う形になり、より権威が増していきました。レストランが星を一つ獲得するとその売り上げが約30%は上がるとされています。

実は日本版は非常に好調な売れ行きを示しているのですが、世界各国ではネットでこと足りる等の事情により廃刊に追い込まれている国もあります。

星の数はどういった意味が?

misyu1
ミシュランガイドの星の数には意味合いがあってそれは次のようなものです。

星一つ・・・その分野で特に美味しいとされる料理を提供するレストラン
星二つ・・・極めて美味で、あえて遠回りをしても訪れて食べる価値のある料理を提供するレストラン
星三つ・・・その料理を味わう為にその地方へ旅行する価値のあるものを提供できるレストラン

このような意味合いがあります。ミシュランガイド東京2016では三ツ星の店が13店舗掲載されています。ミシュランガイドで掲載されている店には定期的に査察と称して抜き打ち調査が入るようになっておりその品質を維持しています。

新たな試みビブグルマンについて

misyu2
近年特にレストランを選ぶ際にぐるなびや食べログと言ったもので選ぶことが増えてきました。特にミシュランガイドと言うと高級店が多かったのですが、新しい試みとして昨年版よりビブグルマンという新たな星を与えるということが起こっています。

この意味は約5000円程度あればそのコストを上回る料理が食べられるというものです。これによりラーメンや餃子といった大衆的なお店が星を獲得するという現象が起こっています。

実は外国人観光客の増加によってミシュランガイドはよりその重要性を増しているというのが現在の状況です。

ミシュランの星に選ばれる店はなるほどと言う名店揃いです。今では簡単にサイトからでも検索できます。皆さんの旅行の目安にされてはいかがでしょうか?それこそがミシュランガイドの本来の目的です。

日本版では京都や大阪、福岡などもありますので是非旅のお供にどうですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。