障害年金をもらうために気をつけておきたい事

 

障害年金をもらうには、最初の診断書が必要ですが、カルテの保存期間が5年なので、それを超えていると…という話を聞きました。

年数回通院していれば、5年以上でも保存されてたり、医療機関によって対応が違うらしいですが。

認定日請求の遡及年金

障害認定日時点には何らかの理由で請求せずに、1年以上経過してから、認定日に遡って請求することを言います。

この場合は、認定日以後3ヵ月以内の診断書と、請求時点の診断書が必要です。なお、年金は5年前の分までは、遡って支給されます。

事後重症の年金

初診日から1年6ヵ月経った障害認定日に障害の状態に該当しないこともあります。若いうちに発症したけれども仕事ができたりして障害等級には該当しなかったのですが、だんだん悪化してきて該当するようになったケースなどです。

認定日に該当しないから障害年金が一生もらえないことはありません。以前に請求した時は却下されても、その後悪化したら請求して下さい。事後重症の年金は請求した翌月から支給されます。

請求して初めて年金がもらえるので、該当しているのに請求しないと不利益をこうむることになりますので気をつけて下さい。

障害年金を請求できるのは、65歳になる前日までです。65歳になると老齢年金になるためです。

20歳前に初診日がある場合(無拠出の年金)

初診日から1年6ヵ月経った時点の認定日が20歳前か後かで、年金の支給開始時期が異なります。

20歳前に認定日が来た場合、20歳になった時点で障害認定をします。20歳後が認定日の場合、該当していれば翌月から支給されます。

ただし、ここで障害認定されなくても、後に悪化したのであれば事後重症ということで年金を請求できます。

障害年金の仕組みと申請の仕方

http://www15.big.or.jp/~frenz/nakaura09.html

初診日の証明は、病気が長期にわたって進行する場合は、カルテの保存がされてなく困難


障害年金で「障害年金というヒント」の著者が、残念に思うことの一つとして、初診日を証明できない結果障害年金を受給できずに、泣いた人が多くいると言っています。

たとえば、幼少のころにてんかん発作を起こし、家庭の事情や本人の都合で転院を繰り返し、治療は継続して行ってきたにもかかわらず、だんだんと重症になっていった。

最近になって日常生活にも支障をきたし、働き続けることが出来なくなってきたので、障害年金を受け取ることを考えるようになったが、初診日の証明は、30年前にさかのばなければならず、簡単にはできない。

また、糖尿病の場合、初めはなんら体のどこも異常はないので、ほおっておく方が多いのですが、透析しなければならなくなって、いざ障害年金を受給することを考えたときに、糖尿病での初診日を証明しなければならず、何十年前もさかのばなければなりません。

カルテの保存期間は、医師法により5年です。5年を過ぎれば廃棄されても法的には問題ありません。

最後に受診してから5年ですので、ずっとその病院にかかっていれば、初めの受診からその病院に保存され続けますので問題はないのですが、一生もの間、同じ病院にかかるという人は、そう多くはないでしょう。

その人の会社の転勤がありますし、子供の頃ですと親の会社の都合で、引っ越すこともあります。転勤でなく、いろいろなことで実家にもどなければならないこともあるでしょう。そんな家庭の事情等で転院をしなければならないことになってきます。

そうなるとカルテが残されてなく、初診日の証明ができなくなります。最初の例に挙げたてんかん発作のカルテについても、最初にかかった病院でのカルテの保存はなかったとのこと、そこで今まで通院した病院すべてにあたった結果、20年前、20歳を過ぎて通院していて、そのカルテには「○歳の時に発作を起こし、継続的に通院治療を行っている」と書かれていました。しかしこれだけでは初診日の証明にはなりません。

そこで、現在厚労省で認めている「初診日に対する第三者の申立書」という書類について、学校の先生、友人などに何歳の何月ごろに発作を起こした旨を記憶のある限り、記入していただいたとのこと。

しかし、結果は「初診日が確認できないため不支給」であり、さらに審査請求しても棄却文には「初診年月日、医療機関名、医療機関所在地、診療担当科名などを明らかにする書類としては困難」というものであったといいます。

その場でけがをした時の後遺症であれば、申請はすぐにするでしょうから問題にならないでしょうが、徐々に進行する病気にあっては、いつが初診日であったかの証明ができずに、障害年金の受給が出来なかった例が多くあげられています。

著者が訴えるのは、カルテの法的保存期間の長期化です。今の医師法では5年になっていますが、もっと長くならないのかということです。

しかし、病院によっては不法行為によって訴えられたときのことを考え、その時効の20年を保存期間とするところもあると聞いておりますので、長期保存は不可能ではないと思われます。

一般的には現在のところ、カルテの電算化もなされてきたので、近い将来、長期保存は不可能ではないと思われます。

障害年金の初診日の証明とカルテの保存の長期化について

やはり、5年以上前の初診日の認定は困難な場合が多いようです。

現在厚労省で認めている「初診日に対する第三者の申立書」という書類でも「初診年月日、医療機関名、医療機関所在地、診療担当科名などを明らかにする書類」として、認められなければ、請求しても棄却されるようです。

カルテ以外に認められる書類・証明方法あれば、よいのですが・・・。障害認定に繋がるような病名の時は、初診日の証明書を事前に貰っておくとか、お薬手帳のように、初診日手帳を作るとか、マイナンバーになれば、遡れるとか、解決法が見つかると良いのですが。

障害年金とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。